*

島珈琲のコーヒー豆はなぜ香りがいいのか

公開日: : 焙煎アーティスト

この時期のマスクはつらいですよね。
1日が終わり、なんでこんなに疲れているんやろ?と思ったら、そうかマスクしているからかなんてありますよね。

 

去年はもう夏にマスクなんかしたくないと思ってましたが、いたしかたございません。
マスクつけて接客ってありへんわ、なんて以前は思ってましたが、これがスタンダードになるのかも、なんて考えたり。

 

いい面もあって、例えば金曜日はカミさんがお休みで僕一人の高槻店はワンオペとなります。
ご飯の途中でお客さんが来られても、マスクを装着したらいつも通りの接客ができますからね。

 

歯に青のりついてたらどうしよーとか、ノープロブレム。
それまでは、お店がある日は餃子を食べるのを控えていましたが、今ではマスクしているのでこれもノープロブレムですよ。笑

 

1日付けてたら耳が痛くなるのが、かなんのですが、いい面もあるのでそっちに目を向けて乗り越えていこうと考えてます。

 

さて、今回は島珈琲のコーヒー豆の香りの良さは何から来ているのか、について。

 

 

原料の良さもありますが

 

焙煎する前の原料であるコーヒー生豆、このポテンシャルももちろん香りの強さを左右しますが、それを引き出す焙煎機のポテンシャルも香りの強さを左右させます。

 

例えば中華料理。
お店で食べる料理は、火がちゃんと通っていてシャッキとしていて、家庭ではちょっとできない味わいになっていますよね。
その一つの理由がバーナー、火ですね。

 

家庭用よりもグーンと火力が強いバーナーを使って鍋を振っているから、あの味わいができるのです。
焙煎機も同じで、火力が強いとコーヒーの香りを強く引き出すことができます。

 

しかしただ強ければいいというわけではなく、強すぎるとコーヒー豆は焙煎の過程で焦げてしまい、不快な苦みを口に残すことになります。
火力が強いと、表面だけが強く焼け、中にまで火が通ってない生焼けという現象を起こすこともあります。

 

そうならないために、島珈琲高槻店の焙煎機は、通常の焙煎機のものより火力は2.2倍強くなっていますが、バーナーのタイプを通常よりも背の低いものとし、釜とバーナーの距離を取ることでコーヒー豆を焦げないようにし、しかし香りを引き出せるよう工夫がされています。

 

コーヒー豆の香りポテンシャル、それを引き出す焙煎機、そして操る焙煎士、この3つがコーヒーの香りのポイントなっているのですね。
その3拍子を取り揃えているのが、島珈琲ということです。笑

 

豆を挽くとき、カップから立ち上がるとき

 

お客さんからのオーダーでのコーヒー豆を計る時、運よくビンの豆が切れて豆のストックケースから取り出しその蓋を開けるとき、ものすごいいい香りがふわっと蓋を開けた瞬間に広がるのですが、その時だいたい皆さん「いい香り~」言って、香りに酔ってくださいます。

 

僕自身もストックケースの蓋を開ける時は、いつも楽しみにして開けています。

 

豆を粉に挽いたとき、お湯を注いだとき、そしてカップから立ち上がるとき、コーヒーの香りはいろんなところで楽しめますよね。
コロナの影響でいろいろご不自由があるかと思います、このいくつもシーンでのコーヒーの香りでリラックスしてもらい、少しでも心穏やかな時間を過ごせてもらえば嬉しいです。

 

さぁ週末も香るコーヒー豆、愛情込めて焙煎しますね。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

記事を読む

どうして僕がグァテマラコーヒーにこだわるのか?

プロローグ 島珈琲のメニューなどに「僕が最もこだわるコーヒー」とグァテマラのコメント欄に書いており

記事を読む

焙煎中は味見できない どんなイメージを持って焙煎するのか

僕はこう見えて、コンピュータ関係にはかなり弱いです。 よくわかりません、だから分かる人に聞いていま

記事を読む

コーヒー豆にも表作・裏作があるの?

表作、裏作というのは同じ畑などで、1年通じて二毛作したときの先の時期の収穫、後の時期の収穫のことを指

記事を読む

強運になるコツを考えた

さて本日はお休みですが、午前中は障がい者支援施設とコラボカフェ、cafeBeでミーティング。 その後

記事を読む

島珈琲の美味しさは、焙煎機にも隠されている

美味しさとはトータルのモノで、たとえすごい原料を使って、すごい技術で美味しく出来たとしても、食べる環

記事を読む

そして挑戦

コロナウィルス影響で、高槻店の喫茶コーナーは4月上旬あたりから休止しておりました。 いろいろ考えた結

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

コーヒーに流行りはあるの?

昨日はお休みでした。 日曜日は岡町本店で、他の日は高槻店に居てますーと言うと、あらお休みなくて大変

記事を読む

ソーシャルネットワークの力って すごいね

朝が早く 夜も帰るのが最近 遅くなっています ですから 起きてる娘に会えてません! 寂しー 悲し

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーメーカーではペーパーフィルターを使い分けてます

今日から7月、ですが7月とは思えぬ暑さとなっております。 いろんな方の

為替の行方

お店の掃除を終え、レジ締めなど一通りの閉店作業が済んだら、バイクで帰路

小学生からの友

6月でこの暑さは有り得ないですよね。 近畿でもまさかの梅雨明け宣言が昨

帰ってきたグラインダー

今朝、税理士さんが振込用紙を持ってきてくださいました。 そうです、決算

作る人に熱い思いがある

昨晩、岡町本店の業務終了後、ニューマシンを設置してきました。 とにかく

→もっと見る

PAGE TOP ↑