*

水が変わればコーヒーの味わいも変わる

公開日: : coffee

普段はこの時期、コーヒーシロップの動きは皆無となるのですが、今年は違うようで問い合わせが何件もあります。

 

僕の今まで常識でいうと、冬の間のコーヒーシロップは動きがなく、だいたい3月くらいからボチボチと動き出す、というのが通年のパターンでした。

 

しかし、常識なんていつひっくり返ってもおかしくないこのご時世。
これを真摯に受け止めて、いつも晩秋にコーヒーシロップ無糖が売り切れたら、2月くらいまで販売を休止していますが、冬の間もちょっと早目に製造するように調整したいと考えてます。

 

ということで、コーヒーシロップ無糖は2月6日から再販。
コーヒーシロップ加糖は2月13日より再販となります。

 

お待たせいたしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

今回はコーヒーと水について、先日興味深いことがありました。

 

 

場所で水は変わる

 

当然と言えば当然のことで、島珈琲は大阪の北摂地域に2つのお店があって、豊中の岡町本店、高槻市街地の高槻店、この2つでもやっぱり水が違うなぁって感じております。

 

ほぼ同じ条件で、コーヒーを淹れた時、高槻店ではシュッとしている感じがしますが、岡町本店ではシュッというよりも丸い感じがするのですね。

 

同じ大阪でも、水の硬度が違うのでしょうか。
面白いなぁと思います。

 

で、実は島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているお店さんが、高槻から滋賀県の高島の方へ移転されたのですね。

 

それで移転先で、いつものようにコーヒーを淹れると味わいが違ったとのこと。
結果、原因は「水が違う」というところに行きつき、調べて欲しいとのご連絡でした。

 

抽出されたコーヒーは99%が水

 

となると、水質というのが否応なし味わいに左右してくるわけで、コーヒーの味わいを語る時、水を抜きにしては語れません。

 

僕の場合、岡町本店に週1日、高槻店に週5日いるのですが、この数字から見て高槻にいる時間が長く、そうなると高槻の水で自分のコーヒーの味つくりが形成されていることになります。

 

だから、滋賀県は高島での水では、自分の理想としている味わいとは別になっているわけです、水質が違うから。

 

あんまり考えすぎると、これは通販の発送ができなくなるなぁと思ったり。笑
全国各地で水が微妙に違うわけですからね。

 

いい宿題を頂きました。
移転されたオーナー様から、滋賀県高島のお水を持ってきて頂けることになり、その水でどうしたらバッチリになるか、検証しようといろいろ考えてます。

 

コーヒーって、奥深いなぁ。

 

またご報告しますね。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

焙煎したその日が一番美味しいの?

昨日からスタートしたあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修のコーヒー TANPANCOFFEE

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆のラインナップはどのクラスか

前回のブログでは、TANPAN COFFEEのスペックをお伝えしました。 高品質コーヒーでも選ばれ

記事を読む

コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせでした。  

記事を読む

今期のマンデリンとコロンビアはごっつええで

コロンビアの銘柄が変わりました。 やっといつものコロンビア・ナリーニョに。   今回は新し

記事を読む

たくさん たくさん ありがとう!

 日記もブログも長いことお休みをしておりました 22日から通常通りになったカフェBeも お

記事を読む

焙煎度合いに対して挽き方を変えるべきか

昨日はお休み。 午後、学校から帰ってきた娘と公園で少し遊び、カミさんのお母さんがスシローで御馳走して

記事を読む

全国一律送料290円のコーヒーのセットを考えています!

プロローグ 先月9月1日より、島珈琲の通販にかかる送料の改定を行いました。 以前はまではコーヒー

記事を読む

産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景が一面に、というようなことを書

記事を読む

昨夜の「アイスコーヒー塾」大盛況でした!そこで得たヒントから新たなメニューを増やそう!

プロローグ 昨晩は今年2回目のアイスコーヒー塾っを開催しました。アイスコーヒー教室と言った方が伝わ

記事を読む

カウンターに漂う緊張感

 鮨屋のカウンター 大将がひょいとネタケースをまたいで にぎりを下駄に置いてくれる瞬間 鮨

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
忘れてしまいたいことや

忘れてしまいたいことや、どうしようもない悲しさに、包まれた時に男は酒を

言葉は変化する

このブログは毎日更新してます。 ブログのネタは書く前に考えるか、前日の

テイクアウトコーヒーのカップの蓋は必要か?

次の月曜日の休みには、普段の営業時間内ではできない、というか手をつける

ブレンド花の配合をちょっと変えました

昨日は高槻店、祝日の営業でした。 高槻店はご存知の通り、日曜日と月曜日

いつからあった?もう9年ですね。知らんかったー!なんて当たり前です。

高槻店はおかげ様で、この11月で9周年に。 ほんとに早いものですね、感

→もっと見る

PAGE TOP ↑