*

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

公開日: : coffee ,

コーヒー豆を入れる豆袋。
これを今、新しいものに変更するため、デザインをお願いしてます。

 

しかし、デザインはほとんど変わらず、裏面に記載される事項の変更と、ちょっとデザインに手を加えるくらいでマイナーチェンジって感じでですね。

 

250gまでは白のパッケージ、300gから500gまでは黒のパッケージ。
容量によってカラーが違います。

 

島珈琲では、ブレンドの価格(税込み)は、100g、200g、300g、400g、500gとあり、300gまでは530円/100g ×容量となりますが、400g 、500gからはリーズナブルな価格になり、400gですと1920円で480円/100gとなり、500gですと2160円で432円/100gとなり、500gパックが一番リーズナブルとなります。

 

ご家庭でたくさんコーヒーを飲まれる方には、500gパックをオススメしていますが、こんな場合はおすすめしません、という今回のお話です。

 

 

500gパックを粉で購入し飲み切るまでに1~2ヶ月以上を要するとき

 

先日、お客さんとお話していたのですね。
島珈琲では、500gパックが一番リーズナブルな価格になるのです、と。
(更にリーズナブルな1キロパック、桜ふぶきという商品も別にございます)

 

ただどれくらいの飲むペースか、によってはオススメ出来ない時もありますと。
確かに経済的には500gで購入してもらうことの方がいいのですが、粉にしてお渡しする場合は冷凍保存して頂いていても、香りが少しずつ弱くなるので、できれば1~2ヶ月で消費できるくらいのお買い求めにしておく方が良いです、と。

 

やっぱりコーヒーは香りのものですもんね。
味わいは粉でも3ヶ月くらいは冷凍保存して頂ければ大丈夫ですが、香りは少しずつ弱くなります。

 

ですので、リーズナブルと香りだったら、香りを取って頂いた方が良いのでは、とご説明しました。

 

豆ですとまた違うのですけどね。

 

お客さんにあった説明を

 

そうです、お客さんにあった説明をするのが島珈琲です。
お客さんはどっちに得を感じるか、リーズナブルか香りか、お話していて香りかなぁと思ったので、話はそちらを。

 

昔からある言葉で、人を見て法を説け、ということだと思うのです、お商売も。

 

その方にあった説明をする、決まったことをそのままお伝えするのだけではなく、そのお客さんのコーヒーライフを想像して説明する。
そんなことを大事にしている島珈琲です。

 

カミさんと「伝わる接客」を心がけています。

 

人間なので心身の状態で上手くいかない時もありますが、にこやかに笑顔を、そしてお客さんに親切に、を胸に持って接客したいといつも考えてます。

 

ということでした。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆の大小は美味しさの違いなの?

島珈琲高槻店は2012年にオープン。 古材をふんだんに取り入れて、古民家のような、仕上がりになってい

記事を読む

寝かすと味わいが変化するコーヒー生豆

今日は発送の準備を終えてから、すぐにブレンド花の味見を行いました。   現在は中焙煎のブラ

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大きくなったら、お店手伝う-!」と

記事を読む

食べ物と合わせて飲むと本領を発揮するドリンクがある

僕はビールが好きです。 お酒のみとあまり見られない節があるのですが、お酒飲みです。   毎

記事を読む

コーヒーを美味しくする、誰でもできるたった一つのこと

プロローグ 早い方は昨日からGWが始まり、にわかにお商売の流れのスピードが上がってきました。今日も

記事を読む

ブレンドとシングルと

昨日、先日行った献血の血液検査の結果が届きまして、その結果は良好でございました。 どれも危なげなく正

記事を読む

産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景が一面に、というようなことを書

記事を読む

夏場は暑いから沢山動くの?アイスコーヒーの豆の行方

プロローグ 夏、暑さたけなわになっておりますね。 今年も休みの日は娘とプールの日々を送っておりま

記事を読む

体調の変化で味わいが変わるのは中煎りの方が大きい

昨日は朝の営業時間が始まる前に、店先のコンセント増設工事をしてもらいました。 そしてじゃじゃじゃじゃ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

移り変わるミルの値段から

昨晩、この金曜日にアップロードするYouTube自家焙煎島珈琲chの動

→もっと見る

PAGE TOP ↑