*

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

公開日: : coffee ,

コーヒー豆を入れる豆袋。
これを今、新しいものに変更するため、デザインをお願いしてます。

 

しかし、デザインはほとんど変わらず、裏面に記載される事項の変更と、ちょっとデザインに手を加えるくらいでマイナーチェンジって感じでですね。

 

250gまでは白のパッケージ、300gから500gまでは黒のパッケージ。
容量によってカラーが違います。

 

島珈琲では、ブレンドの価格(税込み)は、100g、200g、300g、400g、500gとあり、300gまでは530円/100g ×容量となりますが、400g 、500gからはリーズナブルな価格になり、400gですと1920円で480円/100gとなり、500gですと2160円で432円/100gとなり、500gパックが一番リーズナブルとなります。

 

ご家庭でたくさんコーヒーを飲まれる方には、500gパックをオススメしていますが、こんな場合はおすすめしません、という今回のお話です。

 

 

500gパックを粉で購入し飲み切るまでに1~2ヶ月以上を要するとき

 

先日、お客さんとお話していたのですね。
島珈琲では、500gパックが一番リーズナブルな価格になるのです、と。
(更にリーズナブルな1キロパック、桜ふぶきという商品も別にございます)

 

ただどれくらいの飲むペースか、によってはオススメ出来ない時もありますと。
確かに経済的には500gで購入してもらうことの方がいいのですが、粉にしてお渡しする場合は冷凍保存して頂いていても、香りが少しずつ弱くなるので、できれば1~2ヶ月で消費できるくらいのお買い求めにしておく方が良いです、と。

 

やっぱりコーヒーは香りのものですもんね。
味わいは粉でも3ヶ月くらいは冷凍保存して頂ければ大丈夫ですが、香りは少しずつ弱くなります。

 

ですので、リーズナブルと香りだったら、香りを取って頂いた方が良いのでは、とご説明しました。

 

豆ですとまた違うのですけどね。

 

お客さんにあった説明を

 

そうです、お客さんにあった説明をするのが島珈琲です。
お客さんはどっちに得を感じるか、リーズナブルか香りか、お話していて香りかなぁと思ったので、話はそちらを。

 

昔からある言葉で、人を見て法を説け、ということだと思うのです、お商売も。

 

その方にあった説明をする、決まったことをそのままお伝えするのだけではなく、そのお客さんのコーヒーライフを想像して説明する。
そんなことを大事にしている島珈琲です。

 

カミさんと「伝わる接客」を心がけています。

 

人間なので心身の状態で上手くいかない時もありますが、にこやかに笑顔を、そしてお客さんに親切に、を胸に持って接客したいといつも考えてます。

 

ということでした。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

進化するカップコーヒー

昨日は久しぶりの休日。 朝はゆっくりめに起きて、それから娘と公園へ。   幼稚園のお友達も

記事を読む

検証!!とっての無いカップ(器)で飲むと美味しくなるってほんと?

昨日 日本知的障害者福祉協会さまから  毎月発行されて全国に配布されている月刊誌に  原稿の依頼があ

記事を読む

コーヒーの「美味しい」には 何が隠されているのか

ありがとうございます。 19日から21日まで僕の両親と家族、合わせて5人で南紀白浜アドベンチャーワ

記事を読む

麻袋の使い方だよ!コーヒー生豆の袋の使い道

プロローグ 麻袋と書いて、僕たちは「マタイ」と呼んでいます。 僕は普通と思っていましたが、マタイ

記事を読む

プロでもびっくりするようなお客様がいるんです

朝6時頃 店に向かうため自転車のペダルをこぎながら 街には醤油を焦がしたような甘いにおいが漂う そう

記事を読む

コーヒーの味わいの「フルーティ」を考える

コーヒーの味わいでフルーティと言われるとどう思う? 先日、ご近所のチーズ専門店のフロマジュリー&a

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

夏のコーヒー豆・粉保存方法

プロローグ お客さまからのご質問で一番多いのが、コーヒー豆・粉の保存方法。保存方法においては定期的

記事を読む

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

さぁ116キロの焙煎です!これが今回のTANPAN COFFEEの美味しさです!

さて皆さん、お待たせいたしました。   短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。 &nb

コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザイン

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑