*

中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

公開日: : coffee ,

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べています。

 

なぜ一般的な表現とは違う表現にしているのか、と言うと、若かりし頃、他のお店とちょっとでも何か違いをつけたいから、という目立ちたいわけではないのだけども、ありますやん、他とはちょっとちゃうんやで、みたいなね。

 

すみません、そんな感じなんです、くだらない理由でしょ。笑
ただこの中焙煎・深焙煎の表現でここまで来ているので、もうそれで突っ走ろうと思ってます。

 

意味としては一緒です、中煎り=中焙煎、深煎り=深焙煎です。

 

さて、中煎りはどちらかというと酸味を感じて、爽やかな味わいになる焙煎度合い。
深煎りは逆に、苦みやコクを感じ、しっかりとした味わいの焙煎度合い。

 

もちろん銘柄によって味わいは違いますが、大きく、そのような特徴を持ってます。

 

 

中煎りに向く豆、深煎りに向く豆、両方いけるオールラウンドプレーヤー

 

例えば、カリブ海系のコーヒー豆は、どちらかというと深煎りは不向き。
深煎りにすると、ちょっと味わいの個性が見えなくなる。

 

逆にインドネシアスマトラ島のマンデリンは、中煎りにすると個性が強すぎるので、僕は中煎りには向いていないと。

 

ブラジルなんかはオールラウンドプレーヤーで、中煎り深煎り、どの焙煎度合いでもそれなりに力を発揮してくれる豆。

 

もちろん、ブラジルでも取れた土地、農園で違いがあるので、必ずしもそれが当てはまるわけではないですが、こんなふうにどちらかに向いている、どの焙煎度合いでも力を発揮する、それぞれのコーヒー豆があります。

 

一般的にマイルドと言われる味わいは中煎りに、ビターと言われる味わいは深煎りのコーヒーに多いです。

 

どっちが多い?

 

中煎り派と深煎り派、どっちが多いかというと、どちらだと思います?
あくまでも島珈琲でのお話ですが、6対4で6が深煎り、4が中煎り、そんな感じですね。

 

好みなので、多いからいいというわけではありません。
好きな味わいを楽しむのが一番です。

 

ただ、コンビニのコーヒーマシンのホッパー(コーヒー豆を待機させているところ)を、見てみると、大抵深煎りの方が多いです、というか関西ではほとんど深煎りです。

 

お好みの傾向として、ちょっとビターでコクのある方が人気がある、もしくは一般的な好みである、と言えそうです。

 

僕はというと、テイスティングなどを意識せず、単に「コーヒー飲みたいなぁ」だけで手に取る時は、中煎りのコーヒーを選ぶ方が多いです。
いずれも好みですからね。

 

一般的な好みは深煎りの方が多いのでは、と島珈琲のデータによる結果のお話でした。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーシロップの仕込みだ!

 どちらかというと 夏の方がメインと言えるこの商品 島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 夏

記事を読む

あの芸能人のTANPAN COFFEE の品質はほんまにすごいぞ!

    あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんから、「TA

記事を読む

時々、クッション材に麻袋を使わせてもらってます!

本日、娘は小学2年生になって初めての登校日でした。   金曜日はカミさんがお休みなので、一

記事を読む

no image

ナックルボールを風に

 山際淳司のそのタイトルの本を 今日読んだ 代表作は「江夏の21球」 実況中継を見ている気

記事を読む

点滴ドリップとは何か?

プロローグ 朝は早いめに仕事を開始して、夜は出来るだけ早く家に帰り、4歳の娘と遊ぶ時間と家族で晩ご

記事を読む

目指すのは、甘いコーヒー

昨日は祝日ですが、月曜日なのできっちりとお休みを頂きまして、心身ともに回復してまいりました。 &nb

記事を読む

粉は冷凍保存でどれだけ「日持ち」するのか

岡町本店のお客さんが増えています。 こちらはコーヒー豆(粉)の販売だけのお店。 特に何て宣伝もしてな

記事を読む

毎日飲める あきない味つくりを目指して

本日は11月4日月曜日は祝日ですが、高槻店、岡町本店、cafeBe店、ともに定休日です。 どうぞお間

記事を読む

今年出版する僕のコーヒー本

去年から動き出しました、僕のコーヒー本。   まえがき、第1章から第5章まで現

記事を読む

夏場のコーヒー豆屋の流れはこんなんだ!~夏場の島珈琲の流れ~

今日はブログのネタが思いつかず、いいえ、ネタあるのですが、技術的・お役立ち系なコーヒーに関するネタが

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
気分よく帰ってもらえばいい

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来て焙煎そして営業してお

ブレンド花 ~味わいの構成~

高槻店での焙煎はいつも早朝に行っています。 朝、お店に来るとまず焙煎機

次のお休みには今年最後になるであろう、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です

さて今日は金曜日。 金曜日は僕が楽しみにしているYouTubeの配信が

何回もしつこいですが・・このコーヒーメーカーは非常にいい

通りを見ていると、男性も日傘を利用されている方が増えたように思います。

7月、8月の島珈琲は通常営業です!

昨日、今日は発送が沢山でした。 おかげ様です、感謝です。  

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑