*

デザインを考える

公開日: : 営業企画部

僕は家呑み派です。
毎晩呑みます。

 

ビールが好きで、第3のビールですがこの「麦とホップ」が大好きで、これが発売されてからずっとこれを飲んでいます。

 

観察していると、このビールのラベルデザインは、僕の記憶が正しければ都合3回くらい変わってます。

わりと早いスパンで、さすが大手ですね。

 

現在のモノはクラシカルなふうに感じています、購入してもらいたい世代に対してのアピール、でもあると思うのですね。

 

ビールだけでなく、様々なラベルデザインを見て、島珈琲のコーヒー袋のデザインとか今度こんなふうにするのもいいなぁと、アイディアを貯めています。

 

 

印刷には版があり、版は保管期限がある

 

一般的に印刷物は「版」があって、最初に作る時「版代」というのがかかります。
版は版に何色あるかで価格が違い、島珈琲のオリジナル豆袋は、3色使っているのですが、版代だけで七万五千円くらいしたはずです。

 

ですので大手の例えばこの缶の印刷の版は、かなりの色を使っているので、一体、版代にいくらかかるんだろう、なんて感心するのです。
しかも、ある年数が経てば、飽きられないようにデザインを刷新するんだから、大手はすごいわ、と思うわけです。

 

それで作られたその版は、印刷会社でだいたい2年くらいしか保管してもらえないので、2年の間にまた袋を作らないと、再び版から起こさないといけなくなるという。

 

オリジナルのコーヒー豆袋は、僕がお願いしている会社さんですと、1ロット一万六千枚なのです。
僕みたいな個人事業は2年間で、この数を使い切るのは難しく、版を保管してくれる期限ぎりぎりにまた印刷をお願いして、ストックするのが限界になるまで、続けてそれで次に版をまた新たに起こしています。

 

気を付けていること

 

例えば地図。
コーヒー豆袋にも島珈琲高槻店と岡町本店の地図を入れていますが、地図に入れているお店以外に目につきやすいものを、例えば交番だとか、地図に入れるのですが、変わりにくいものをいれること。

 

島珈琲高槻店の斜め前は、以前までは西武百貨店でしたが、この秋に高槻阪急となりました。
当時まさか西武が変わるとは思ってなかったので、地図に挿入しました。

 

こうして版を作ったがいいが、周りが変わってしまうことなどもあるので、オリジナルのものを作る場合、先を見て、そして慎重に、というのが僕の得た教訓です。

 

今回は、誰に向って、何の徳になるのか、ちょっとわからない話となりましたが、ビールの印刷を見て、思ったことを今回は書きました。笑

 

それでは、良い週末を!

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

15年ぶりの野外イベント出店へ GO島珈琲!

昨日はお休み。 娘が春休みですので、娘が喜ぶテーマパークへ。   そうです京都太秦映画村へ

記事を読む

no image

野球は失敗のスポーツ

というくだりが好きで これはきっと打者目線の言葉なのでしょう僕は野球少年ではなかったですが 野球は大

記事を読む

1つの重要なヒントを得るために

長野県白馬から、車で休憩をはさみながら6時間ほどかけて昨日、帰阪しました。 とっても楽しかった短パン

記事を読む

(予告)そばかりんとう販売します

以前、姉妹店であるcafeBe店で在中していた時、「ありがとう祭り」というイベントを2度ほど開催しま

記事を読む

no image

行ってきます!

明日は茨木にある ヘアーサロンさんにお邪魔しましてヘアーサロンさまにこられたお客様に素晴らしいビュー

記事を読む

出版する本とか、ギフトの島珈琲カンとか、取材とか、島珈琲の近況報告

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。   さて、このブログを書いている今

記事を読む

伝わるチラシを考える

昨日はお休みでした。 午前中はカフェBeで、月イチのミーティング。   今回も実のある話が

記事を読む

日曜日だけのお店って、どうなん?

日曜日は日曜日だけが営業のお店、岡町本店へ出向き、1日お店に立っています。 火曜日から土曜日までは高

記事を読む

PayPayを2か月使ってみて思っていること

島珈琲 高槻店・岡町本店ともにお店のBGMには流しておりません。 高槻店は喫茶コーナーがありますが、

記事を読む

父の日ギフトの発送 まだ間に合います!

お客さんからお電話でお問い合わせがあったので、こちらからもご連絡させて頂きます。 ホームページからの

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

コンビニコーヒーを飲み比べて感じること

先日のお休みに、コンビニコーヒーを買いに行ってきました。 ローソンが新

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑