*

僕の考えるプロフェッショナルとは

公開日: : 焙煎アーティスト

昨日は休みでしたが半日は仕事、午後からは娘とカミさんとで買い物へ。
昨日は小学校がはやく終わる日で、学校から帰ってきた娘はすぐに宿題に取り組み、そして買い物一緒にして楽しみました。

 

12月は何かと気忙しいですね。
あれもこれもやることがいっぱいに。

 

繁忙期というのもあって、なおさらです。
同じく皆さんも一緒だと思います、どうぞお怪我などしないようにお気をつけてくださいね。

 

あと忘れ物、落とし物とかね。
バタバタしている年末って多いと思うのです、かく言う僕もなので、自戒をこめて、です。

 

今回はプロフェッショナルという言葉について、思うことを。

 

 

どんな時も外さない

 

僕はコーヒーのプロです。
もう少し突っ込むなら、コーヒー焙煎のプロです。

 

毎日、毎日焙煎をしております。
多い時は20キロ近くの焙煎を、更に多い時は60キロ近い焙煎を1日に。

 

プロというのは、外さない人ですね。
多くの回数をこなす時でも、常に同じ出来上がりになるように、ブレない技を持つ。

 

高い集中力を持ちながら、息を抜いていい場所は抜いて、力配分をコントロールし、疲れていても必ずストライクゾーンに入れる。

 

いつもど真ん中のストライクではなく、ストライクゾーンに入れるという考えが大事なのです。
ど真ん中からボール1個分外れている、外角いっぱいだとしても、ストライクはストライク。

 

自分のストライクゾーンを持ち、いつもどんな時もその中に入るように外さない、これが僕の考えるプロフェッショナルです。

 

ストレートだけではなく時には変化球も

 

一直線のやり方だけでストライクを狙うのではなく、時には違う軌道でストライクを取りに行くのも、またプロ。

 

どんなプロだってミスはあります。
ただそのミスをした時に、すぐに軌道修正して、変化球に切り替えてストライクを取りにいくのもまたプロの技と言えるかと。

 

ストライクを取りに行く、それは自分の中で決めたストライクゾーンの中で外さない、時にはストレートに進まず、ミスする時もある、けども焦らず軌道修正して変化球となったとしても、ストライクに入れる腕を持つ。

イメージとしてはこんな感じですね、僕のプロフェッショナルというのは。

 

何回もこなす中で、全てストライクゾーンに入れる腕前。
これからも、もっともっと磨きをかけて、皆さんに安定した美味しいをお届けしますね。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」を丁寧に記事にしました! コーヒー豆の保存方

記事を読む

2月恒例!コーヒーシロップ無糖の仕込みがはじまるよ!

コーヒーシロップとは。 コーヒーシロップ1に対し4倍くらいの牛乳でわると美味しいミルクコーヒーがで

記事を読む

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

その生き方を人のせいにしゃちゃダメだ

エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾の上位コースも無事に終わり、新幹線でこのブログを書

記事を読む

心なりけり

おもしろき こともなき世をおもしろく 住みなすものは心なりけり とは、幕末の高杉晋作の辞世の句。 &

記事を読む

コーヒーのプロが教える「コーヒー種類」3つのヒント

「コーヒー種類」はいろいろありすぎてわからない!「コーヒー種類」によって味わいはどうちがうの?そんな

記事を読む

ご存じですか?コーヒーには偽物の苦味があることを

昨晩は、障がいのある方の働く場所を増やそうプロジェクトの個人的なミーティングでした。 &nbs

記事を読む

出版すれば本は売れるのか

最近よく聞かれます。 島さん、本はどうでしたか?と。   ふふふ、そうなんで

記事を読む

小さいお商売を営むものその姿勢

去年の秋ごろから糸井重里さんが毎日書くコラム「今日のダーリン」を読み、それを毎日音読しています。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
クレジットカード決済できることはちゃんと知らせよう!

本日、2月24日月曜日は祝日ですが、高槻店は定休日。 岡町本店は日曜日

自分の美学を追究する それが人生

昨晩、家族でドラえもんの歌の話になり、昔のドラえもんの歌ってこんなんや

あのコーヒーが帰ってくる TAPANCOFFEEが

本日、高品質高級コーヒー豆が届きました。 あのコーヒーが帰ってくるので

2/25,26 高槻天神祭りは中止になりました

昨日、天神祭り実行委員会の方が残念そうなお顔をして、写真にある用紙を持

コーヒーへの思い

あるお願い事を頂きまして、この「コーヒーへの思い」を考えています。 考

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑