*

生産国の地域による味わいの違い

公開日: : coffee

こう暑いとビールが進んでしまう僕です。
実はお酒が大好きです。

 

晩酌はビール、そしてお風呂上がりに焼酎のロックを。
ビールは麦とホップを、焼酎は黒霧島を愛飲しております。

 

ついつい暑いとビールが進んでしまい、暑さからの疲れをアルコールでごまかそうとしてしまうのですが、身体は正直で次の日、やっぱり疲れを背負っていることを確認させられます。

 

最近はちょっと飲みすぎているので、今日からちょっとセーブしようと思いまして、ここに書いて自分にプレッシャーを与えております。

 

やっぱりね、飲む量を減らしたら身体の調子がいいのです。
ちなみに昨日から減らしております、暑さと疲れの誘惑に負けず続けるぞー。

 

さて、今回はコーヒーの味わいにおける「地域での違い」について。

 

 

ざっくり大きく分けます

 

コーヒーの栽培地は、赤道を中心に北回帰線と南回帰線のこのゾーンが、コーヒーベルトと呼ばれており、コーヒー豆を栽培できる地域とされています。

 

島珈琲で使用しているコーヒー豆を、そのゾーンで大きく分けて、説明していきますね。
まず中南米ゾーン、アフリカゾーン、そして東南アジアゾーン。

 

この3つのエリアのコーヒー豆を使用していて、この味わいの違いをざっくりと説明したいと思います。

 

中南米ゾーンは、どちらかというと深焙煎でも中焙煎でも後味にフルーティな感じが残るものが多いです。
但し、ブラジルだけはちょっと別で、ブラジルは他の中南米ゾーン系の豆よりかは、コーヒーらしい風味を持っている感じです。

 

アフリカゾーンの味わいは、全体的に力強さを感じます。
但しこれも別格があって、エチオピアだけがちょっと違う感じです。

 

エチオピアは力強さよりも、独特なフルーティな感じを持っているものが多いです。

 

東南アジアゾーンでは、島珈琲のアイテムではマンデリンですね。
インドネシア・スマトラ島のコーヒー豆です。

 

東南アジアゾーンは、これも独特の味わいを持ち、スマトラマンデリン以外でも、特徴として、地力のある味わいでスパイシーな味わいを感じるものが多いです。

 

一言では片付けられないのですが

 

地域によって気候風土が違い、その違いが味わいに変化を与えているのですが、例えばブラジルにはブラジルらしい、共通した風味というのがあるのですが、それを全く感じさせないブラジルコーヒーもあります。

 

初めて飲んだ時は、ビックリしましたね。
もちろんブラジルだけではありません、他の国でもあります。

 

味わいの表現を一言で片付けることはできないのですが、目安がないとわかりませんよね。

 

なので、今回はあえて書いてみました。
ブラジルにはブラジルらしさ、コロンビアにはコロンビアらしさ、更には大きく中米エリア、南米エリアと、長くそして意識して飲んでいると、その生産国やゾーンに共通した風味というのを感じることができます。

 

少し時間がかかるかもしれませんが、そうした共通の風味を知るのも、またコーヒーの楽しみも深くするのでは、なんて思ったりもしてます。

 

これは飲み比べが一番わかりやすいのですね。
そうした機会を作るのもいいかなぁなんて考えてます。

 

それでは、今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

またやりましょう!

 迷いに迷って行って来ました 見山の郷 ついたのは15時で少しくらいは野菜が残っているだろ

記事を読む

スーパーサブを目指して

どちらかというと目立つのが嫌いな僕です。   と言うと、あまり信じてもらえませ

記事を読む

コーヒー豆 粉 の保存方法

寒くなってきましたねお客様の心が暖かくなるように お店のBGMをハワイアンにしてみましたゆるり流れる

記事を読む

アイスとホットに兼用できるコーヒー豆の種類は?

この質問が多い時季が来るとそろそろ夏なんだなぁ、と意識してしまいます。   コ

記事を読む

僕は珈琲のプロですが、最近家でプロペラミルを使って粉にしています

って、タイトルを書くといかにも僕がしているような感じですが、奥さんです。 毎晩、晩ご飯の後、奥さん

記事を読む

コーヒーの粉に入っている「皮」の正体

皆さんは「正体」という字を見て、とっさに思い出すものは何ですか?   今、僕は

記事を読む

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。     おはようございます。

記事を読む

冷めた時にも「美味しい」と感じるコーヒーは正解!

前号では短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE のことを書きました。

記事を読む

同じブラジルでも、焙煎度合いで味わいは変わるよというお話

プロローグ ブラジルというコーヒー豆は大変使いやすい豆で、コーヒー屋さんから愛されている豆です。

記事を読む

二重シリンダー

お正月休みも今日が最終日のかたも多いと思いますが 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年一発目の仕込

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブレンド風でもアイスコーヒーを作れます!

昨日はお休み。 娘が小学校から帰ってくると、玄関で「父ちゃんただいまー

めんどくさいことに楽しむ工夫を

本日は高槻店は定休日、岡町本店は日曜日だけのお店なので日曜日以外は定休

ブレンドとシングル どっちがいいの?

本日、日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店へ来て営業しております。 日曜

恥をかく

島珈琲ではオリジナルのコーヒー豆袋を使用してます。 包材屋さんで売られ

そぎ落としてシンプルに辿り着く

コーヒーの焙煎が好きで、好きが高じてコーヒー屋、焙煎屋を始めました。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑