*

好きの底ヂカラ

公開日: : 感謝!!

本日より島珈琲は18年目に入りました。
昨日3月29日で、なんとかかんとか17周年を迎えることができました。
島珈琲を応援してくださる皆さんのおかげです。

 

決して一人の力では辿り着けないところ。
ほんとうにありがとうございます。

 

17周年を迎えたところで何のイベントも行わい、なんとも僕らしいなぁと思ってますが、毎日その感謝をお客さんに伝えたい、伝え続けたいそう思ってます。

 

先日、娘とカミさんとでプリキュアの映画を観たのですが、あるシーンでこんなことを言ってました。
思いというのは自分のためではなく誰かのためにある、と。

 

誰かのために、そう島珈琲のコーヒーを愛し、応援してくださる島珈琲ファンの皆さんのために、思いを持ってまずは20周年を目指し頑張りたいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

好きの底ヂカラ

 

島珈琲のロゴマークと一緒にある「2002」の数字は開業した年。
2002年3月29日に両親からお金を借りて、コーヒー豆専門店 コーヒー豆の販売のみのお店 現在の岡町本店を開業しました。

 

お店を始めだして痛感したことは、続けることの難しさ。
極端な話ですが、お店を始めるのはお金さえあればできるのです。

 

続けるために何をするのか、どう考えるのか。
僕の場合は、コーヒーという飲み物が好き、それ以上にコーヒーの焙煎が好き、なので、その大好きなことを仕事として続けていくためにどうしたらいいのか、本を読み、勉強し、沢山のことを考えました。

 

僕の場合、これがお金を稼ぐためだけの目的なら、きっとはやい段階で挫折していたと思ってます。
もちろんお金じゃないと言えば嘘になります。
だって生活もあるし、家族のこともあるし。

 

だけどそれ以上に「コーヒーの焙煎が好き」それをずっとしていたい、その気持ちと、それを仕事として続けお客さんに喜んでもらいたい、その気持ちが強かったのです。

 

やっぱりバネになったのが、好きの底ヂカラです。
逆境だらけの17年でしたが、そこを乗り越えていく力だったのは、僕のコーヒーを喜んでくださるお客さんの声と、コーヒー焙煎が好きだという思い。

 

好きの力は偉大だ

 

僕はたまたま運よく、こうして好きなことを仕事にして、現在も居られています。
そんなみんながみんな無理だよ、と思われるかもしれません。

 

だけど、どこかに好きなこと組み込むことによって、それが格段に楽しくなるかもしれません。
好きなことだからこそ、工夫して続けていこうと思うことも「好き」の力です。

だから、どんな物事にもどこかに「好き」なことをねじ込めないか、を考えることかなと。
そうすると、それが仕事でも楽しくなる、と感じてます。

 

17年、島珈琲をしていて、現在思っていることは、好きと思う力は強い。
だからこそ、好きを生かしていくことを更に考えて、好きを発展していきたいそう思ってます。

 

その好きで誰かが喜んでくれる、そしてそれがパワーとなり、思いとなる。
島珈琲のコーヒーを好きだと思ってくださる方に、美味しいコーヒーを届けてもっと笑顔になって欲しいという思い。

 

それが、愛へと育つものなのかと思ってます。

 

思いは自分のためにあるのではなく、誰かのためにある。
自分の好きなことの思いを誰かのために生かす、そして誰かを笑顔にする。
僕自身も楽しみながら、皆さんに貢献できることをこれからも続けて行こう、そんなこと昨晩思っておりました。

 

これからも、よろしくお願いいたします。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

今日もエクスマセミナーがんばります!

今朝は加賀温泉 宝生亭で目を覚ましました そうです 合宿セミナーに来ているのです SNSを活用して関

記事を読む

76.5 FMやつしろ ラジオデビュー

 昨日 熊本八代のありさスーパーさんの 農産物直売「よっていきなっせ」のグランドオープンに

記事を読む

no image

お世話になりました

 今日で平日勤めていた運送会社のアルバイトを退職した そもそも前職マツモトコーヒーを辞め 

記事を読む

タイガーアイ ホークスアイ

  今までこうしたものの力をあんまり気にしていなかった パワーストーン 嫁さんからクリスマ

記事を読む

男は背中で語るもの

 というか どちらかというと背中というよりも  後ろ姿の話かもしれない 島珈琲高槻店の隣の

記事を読む

no image

さぁさぁ

 明日はコンサートです お客様も 演奏する方も  ゲスト出来てくださる美味しいパンやのリシ

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

1500回目のマウンド

そもそも僕はテレビはあまり見ない人ですが 見ないなりに 最近 一番よく見るテレビ番組なんだ

記事を読む

完売御礼!!

本年度 最後のサンデー島珈琲 毎年 年末のこの日が島珈琲の最も忙しい日 ほんとに一粒残らず完売しまし

記事を読む

コーヒーギフトのパック詰めは、出荷当日行います!!

プロローグ 僕にしたら当たり前のことなんですけど、ひょっとしたらあまりご存じないかもしれないと思っ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

成功は失敗のもと

ブログのリニューアルを進めています。 このブログもSSL化いわゆるht

→もっと見る

PAGE TOP ↑