*

オールド・コナの起源

オールド・コナと聞いて、一体どれ位の人が反応するかなぁ、と思いつつキーを打っております。

 

皆さん、ご存じですか?オールド・コナ。
昔々、非常に価値の高いコーヒーとして重宝されたというコーヒー豆です。

 

ハワイ島のコーヒー豆で、コナ地区で採れたものをハワイコナと呼ばれており、今はどちらかというと入手困難なコーヒー豆になっていますね。

 

先日、ハワイ島でコーヒー農園のボランティアでお世話になった、その農園主から連絡がありまして、近く再会するお約束をしております。

 

2001年にお世話になったので、もうどれくらいぶりでしょうか。
楽しみでなりません。

 

さて、その農園主からオールドハワイを送って頂きました。
5年前のものとおしゃっていたはず、真空パックで冷蔵保存されていて、豆艶もよく、それはとても美味しいそうに輝いています。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

オールド・コナとは

 

ハワイ島コナ地区で採れたコーヒー豆は、ハワイコナと呼ばれ市場に出ています。
オールド・コナとは、そのハワイコナをパーチメントコーヒーで数年寝かしたものを言います。

 

パーチメントコーヒーとは、脱穀する前のコーヒー生豆で、お米と同じ様にコーヒー豆も脱穀するのですね。

 

輸入する際は脱穀されたものが輸入されるのですが、船積みする直前にパーチメントコーヒーは脱穀されます。
脱穀して保管するよりも、一枚皮をまとったパーチメントコーヒーの方が、風味を損なわず保管できるからです。

 

ほんとうは、輸入するときもパーチメントコーヒーのままで輸入して、日本で脱穀した方が味わいだけでいうと良いのですが、かさばって輸入のコスト増になったり、そもそも検疫でダメなハズなので、それはできないのですね。

 

それでオールド・コナというは、そのパーチメントコーヒーで寝かしたものということですが、寝かしたことには理由があったのです。

 

コーヒーには相場がある

 

コーヒーにも相場がありまして、日々取引価格が変動しております。
当時ハワイ島の大きいファーマーは、コーヒーとマカデミアナッツを栽培しているところが多く、相場によってどっちかにウェイトを置いて栽培をしていたのですね。

 

つまりコーヒーの相場良いときはコーヒーを、マカデミアナッツの相場が良いときはマカデミアナッツを、という塩梅に。

 

それでオールド・コナが現れたのは、コーヒーの相場が暴落したの時だったのです。
売っても赤字になるのなら売らずに、パーチメントコーヒーのまま寝かして置こう、そして相場が回復するまでの数年寝かして置く作戦にでたのです。

 

それは偶然の産物だったのですね。
寝かしたそれをバイヤーさんが見つけて飲んだのか、農園主の方が飲んで「旨い!」と思ってピーアールしたのかは、僕は存じ上げませんが、それが起源だよ、とハワイ島でお世話になった農園主さんに教えてもらいました。

 

さて、ここに5年もののオールド・ハワイがあるのですが(コナ地区のモノではありませんのでオールドハワイです)、ほんとうに少量なのでいったいどうしようかと迷っているのはナイショのお話です、ふふふ。

 

 

それでは。

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒー農園の風景 ~ちょっとした豆知識~

昨晩は帰宅するのが遅くなり、娘がもうすぐ瞼が落ちるようなタイミングに家へ到着。 瞼をこすりながら、

記事を読む

僕が見たコーヒー農園からのハワイの風景 vol.2

プロローグ vol.1   お待たせしすぎました!vol.1を書いてから続き

記事を読む

僕が働いたハワイのコーヒー農園でつかんだこと

僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアへ行ったのは、もうかれこれ16年前のこと。 ホームページで

記事を読む

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、2001年。  

記事を読む

どこ産地のコーヒー農園で働いたのですか?

パンフレットやコーヒー豆のパッケージ袋に「産地の農園で働いた男の店 自家焙煎 島珈琲」と書いてあり、

記事を読む

コーヒー豆はコーヒーの実のタネ 果肉はどうしているの?

やっとです。 何がやっとなのかというと、ちゃんとした味覚が戻りました。  

記事を読む

僕が見たコーヒー農園からのハワイの風景 vol.1

プロローグ 僕がハワイ島のコーヒー農園へボランティアで働きに行ったのは、2001年のことでした。

記事を読む

ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社会貢献部の話です。 「高槻店

記事を読む

コーヒー農園で働いたことが、今の僕にどんな影響を与えているのか

先日、朝日新聞の取材を受けました。 大阪地域版のちょっとした自分物紹介をリレーしているコラムのよう

記事を読む

ハワイ島でのコーヒー栽培体験、コーヒーの実の収穫は大変なんだよの巻

スマホのアルバムを開き、写真を見ていました。 コーヒー生豆を卸してくれている、商社さんからもらった

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

コーヒーの酸味について考える

酸味と聞いて何が思い浮かびますか?コーヒー以外に。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑