*

産地によって違う味わいをどう表現するか

公開日: : coffee , ,

来週の3月5日月曜日、高槻市五領公民館でコーヒー教室を開催します。

 

その中で産地によって違う味わいを知りたい、というご要望がありまして、それについて何を話そうか迷ってます。
ですので、ここで一旦まとめてみようという、一粒で二度美味しいことを僕は今しております。(笑)

 

産地によって違う味わい、皆さんはどんな風にその味わいを感じているでしょうか。
僕にとって非常に説明しにくいなぁと思っているところですが、プロとしてかみ砕いて説明していきたいと思います。

 

それではスタートです。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

産地によって違う味わいを言葉にする

 

ブラジルとコロンビア この2つの国の味わいの違いは何か、という例を持って話を進めて行くと、ブラジルはブラジルらしい味わいがあって、コロンビアにはコロンビアらしい味わいがある、のですが、それでは説明になりません。

 

ブラジルはなめらかなで独特の味わいがありますが、焙煎度合いによっても味わいは変わります。
しかもブラジルにも生産地区が沢山あり、その生産される地方によっても微妙に味わいに差があります。

 

しかも中には、僕から言わすと全然ブラジルらしくない味わいを持つ、生産地区もあります。
同じくコロンビアもです。

 

これを総じてどう表現するか、実に悩ましいのですね。
一言で産地と括りきれない、のです。

 

お米でいうと、まず日本のお米の説明があって、次に福井県産のお米と滋賀県産のお米の違いを説明するような、そんな感じなのですね。

 

そこをシンプルに考えるとどうなるのか

 

そうです、複雑なものほどシンプルに考えてみるのです。

 

実は皆さんは、そんな深いところまで知りたいと思ってないのかも知れない、わかりやすく、なんとなく知りたいだけなのかも知れない。

 

シンプルにです、シンプルに。

 

そうすると、ブラジル=なめらかな感じ、コロンビア=甘みがあるコーヒー、タンザニア=コクがあってワイルド感がある、グァテマラ=上品な感じ、マンデリン=エキゾチックな感じ、コスタリカ=品がある感じ、エチオピア・モカ=個性が豊かでかつ上品な感じ、島珈琲のラインナップでいうとこんな感じです。

 

それぞれの違いを知るには、違う銘柄、例えばブラジルとコロンビアのコーヒーを右と左で飲み比べる、これが一番手っ取り早いです。

 

おうちではそんな機会がなかなかないと思いますので、コーヒー専門店に行く時、誰かと一緒に行って違う銘柄をそれぞれオーダーして、そして飲み比べる、これが良いかもしれません。

 

答えになってないような気がしますが、シンプルに考えた結果、今回はこんな出来上がりになりました。
ということで、コーヒー教室ではこの項目は、こういう事を端的にまとめて話したいと思います。

 

それでは、引き続き今日も高槻天神祭に精を出します!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

作る時の気持ちって大事

美味しく作る、最強のコツはそのことを楽しむこと。 美味しくなれ、と愛情を込めること。 &nb

記事を読む

フルーティーが お好きでしょ?

 僕が使用している焙煎機は岡町本店 高槻店ともに5キロタイプのものです単純に1回に焙煎でき

記事を読む

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳しく測ったことがないので、2倍

記事を読む

季節の節目に旨いコーヒーがある

プロローグ 今日はほんとに穏やかな天気で、春らしい1日になりそうです。 暖かい季節、なんだか心が

記事を読む

ラッキーで、美味しいブラジルが入荷しました

普段の関係性って、いざって時に表に出ると思うのですね。   いざという時、友達

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深煎りのコーヒー豆なのか?

プロローグ 先日、こんなツィートをしました、僕の中では皆さんからとっても反応があったツィートです。

記事を読む

便利です!その道具は「メジャーカップ」

昨日、家に帰ると2階にいる娘がダダダッと玄関に降りてきて、おかえりー!と抱きついてきました。

記事を読む

焙煎アーティスト流 フレンチプレスの美味しい使い方

プロローグ たまに自分のコーヒーを淹れるのに、ハンドドリップするのが面倒くさいなぁと思う僕です。笑

記事を読む

ジャストミート!

 コーヒー屋なので たまにはコーヒーの話を 島珈琲では 扱っているコーヒーはだいたい決まっ

記事を読む

コーヒーポットの選び方

今日の大阪は曇り 朝の風は涼しく 日の光がないぶん暑さは少しマシな気がしますが 今年は湿度が高いよう

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑