*

物事の効率を上げるには?

僕が高校卒業して就職したのは、中国料理店だったことはこのブログで何度となく書きました。
主にホール、ウェイターですね、として勤務してましたが、実は初めはコックをとして入社したのです。

 

中国料理の鍋をふる姿、炎を使う姿に憧れたわけですが、新入社員で打たれ弱かった僕は、調理場の仕事量の多さにすぐにケツをわってしまい、ホールに配属してもらったというわけなんですね。

 

もしこの時、僕がめっちゃメンタルの強いやつだったら、今はコーヒー屋さんではなく「島中華」なんてお店をやっていたかもしれないですね。

 

へい、チャーハンお待ち!
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

副料理長から沢山のことを教えてもらった

 

厨房で働いていた、短い期間でのこと。

 

その当時の副料理長がめっちゃ怖かったのです。
言葉が少なく、厨房の中ってバーナーの音がゴーゴー響いているので、その言葉少ない副料理長の指示が聞き取りにくいのです。

 

しかも指示も短いから、聞き逃すことはできないのですが、聞いていてもまだよくわかっていない僕には理解できないこともいっぱいでした。

 

そんな副料理長ですが、鍋場が離れるといろいろアドバイスをしてくれました。

 

こわもてで、声も低く、五分刈りで、目が鋭くキッとにらまれると、ひぃっっと、なりそうなんですが、そんな副料理長のアドバイスは今でも脳裏にこびりついていますし、いまだに感謝しております。

 

1日1個でいいから何か覚えろ、1ヶ月でどれだけになる?3ヶ月で?1年で?ひとつ覚える意識があったらどんどん伸びる。
1年2年3年の差なんてすぐ埋まるからな。

 

仕事の効率の教え

 

いいか島、仕事ってな、その物事はある程度繰り返したら、だいたいみんな同じスピードになる。
ある程度に来たら仕事のスピードは一緒や、だけど遅い早いがあるのはなんでや?
早いヤツはな、その次に移るスピードが速いんや、これよく覚えてとけ。

 

その当時は解釈の仕方がちょっと違っていたけど、年数を重ね、そのたびその言葉を思い出し噛みしめるたびに、その言葉に感動したり、また違う意味を見つけたりするのですね。

 

段取りのことが大事ということを教えてくれてたり、先を見ろということを教えてくれてたり。
次に行くために、今の時点から考えておけ、ということを教えてくれてたり。

 

仕事の効率を上げる事とは、その作業をいかに楽にこなすか、楽しくするか、だと思うのです。
楽にこなすと言えば誤解があるかもしれませんが、楽にこなせるようになれるからこそ、次の高い段階を臨めるのですよね。

 

その上で、副料理長の言葉が今も僕の中で生きています。

 

効率を上げる、その物事を楽しむ、楽しめるように工夫する、ことかなと、副料理長に教えてもらったことや、今までの経験から今のところはその答えになっております。

 

さて喪中の葉書がよく届く時期となりました。
人生は限りあるモノと知らせられるわけで、そうするとやっぱり楽しんでナンボと思うわけです。

 

効率を上げるためにも、楽しむことをもっと考えてたいなぁ、そんなことをぼんやりと考えておりました。
それでは。

 

なんかチャーハン食べたくなってきたなぁ。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

ドナー

 ある晴れた昼下がり それはドナドナであって 僕が言うのはドナー 臓器移植の方だ 小中学か

記事を読む

最高のアイディア

  最高のアイディアは常に現場から生まれる 20世紀最高の経営者と言われた ジャック・ウェ

記事を読む

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ 先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーあり

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

思い入れ

 たいしたことじゃないかもしれない 今度立ち上げる福祉施設のカフェ お店の配置は 障害を持

記事を読む

no image

あったまろ

最近どーも忙しさにかまけて いろんなことをおざなりにしていた 自分のことで精一杯で 周りが見えなくな

記事を読む

ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん回る方も好きです)  

記事を読む

島珈琲の野望2017

親父は公務員でした。 コンピュータが好きで、まだあまり一般家庭にはない時にも僕の家には新しいパソコ

記事を読む

ストライクゾーンにストライクを投げるために毎日練習する

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今朝のツィートはこんなの

記事を読む

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻店で道具や荷物を積み、それから

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲株式会社になって1年 思ふこと

先日、実家に行った時に娘と一緒にテレビを見ていたんです。 アマゾンプラ

つき抜ける香り

昨日は、高槻店のご近所にあるカレー屋さん、ヴァスコダガマさんへカミさん

開業相談 過去の失敗からお話できることをお伝えして

昨日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店での営業でした。 岡町本店は日

影で力を発揮しているヤツがいる

実は近畿の梅雨入りがまだなのです。 四国、中国、九州の北部、そして近畿

店頭でコーヒーミルを展示、販売してない理由

終わりました。 父の日ギフトの発送。   間違えないように、

→もっと見る

PAGE TOP ↑