*

タ~イム

公開日: : 感謝!!

 タ~イム ピッチャー交代
ならぬ コーヒー豆 インドネシア スマトラ島産
マンデリン ブルーリントン選手からビルセレクシ選手に交代します
どちらもほんとにいいコーヒー豆で いつもどちらにしようか迷いながら
ブルーリントン選手を起用してきましたが 人気選手のために問い屋さんの
在庫がなくなり ビルセレクシ選手に交代です
問いやさん(以前僕が勤めていました マツモトコーヒーさま です)
がこうしていいコーヒー豆を輸入してくれるからこそ 僕らの商売があるというもの
ほんとうに感謝です
朝市してからというもの 生産者のかたの熱い思いがその原料や野菜や果物をみると
なんかオーラを発しているような気がします 大事にしなきゃ
こんないい原料を扱っていることが ものすごく幸せに感じる今日この頃
そんないいモノをもっといいモノにして 最後の最後 お客様にお届けできるように
しまこーひー まだまだ進化しなければなりません 頑張ります
お客様が喜ぶ顔笑顔 それが僕の原動力です ゴーゴー!
カフェBeの土曜の朝市は明日です!
ベジタブルマーケット の詳細はこちら
http://www.shima-coffee.com/arigatou/

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

朝日新聞 週刊まちぶら

 ということで 本日 朝日新聞朝刊 週刊まちぶらに プロ焙煎士 島規之の これでもか! と

記事を読む

はやいもので・・・

 入籍してからもうすぐ1年が経とうとしています この1年ですっかりいろんなことが変わりまし

記事を読む

人と一緒!コーヒー豆の脂の出る量の違いはなぜ?

プロローグ 先日、常連様からこんなご質問を頂きました。 「いつも種類を変えてコーヒー豆を買ってい

記事を読む

no image

ありがとうのわ

  今日は ご近所 土室にあるパティシエ コータローさんの オーナシェフ 清水幸太郎さんに

記事を読む

日曜日だけで もうかんの?

 12年前の僕は 今何をしていたのだろう? たぶん 開店の準備でテンヤワンヤしていたはず

記事を読む

12月30日高槻店は最終営業美

僕のパソコンで「営業日」と変換したいのに、いつもえいぎょうびと打つと、営業美と日が美と違って出てきま

記事を読む

凱旋!島珈琲のコーヒーセミナーは、こんな感じでした!

プロローグ 昨日は高槻・上牧にある二十四節記さんの中にあるイタリアンレストラン リストランテ・コン

記事を読む

不器用で、いいじゃあないか

プロローグ 僕の長所は不器用なところじゃないのか 時々そんなことを考えます。 こんにちは 焙煎ア

記事を読む

no image

あったまろ

最近どーも忙しさにかまけて いろんなことをおざなりにしていた 自分のことで精一杯で 周りが見えなくな

記事を読む

no image

今日こそは

 今日こそは 今日こそは 休肝日にしようと 心に堅く誓うのだが ランニングの後 流れる汗 

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎中にイメージしているのはこんなこと

僕の中ではコーヒーの焙煎って、皆さんに分かりやすく例えると野球のボール

コーヒー豆・粉を保存する時に注意すること

昨晩は友達と忘年会。 実は僕、牡蠣が食べられないのです、が、今回は牡蠣

まずはウェブから!価格を内税表示にします

最近、娘が将棋にハマっています。 昨晩も一局指しました。  

教えるとは教えられること

昨日は高槻芥川町にある食のセレクトショップ&カフェ テマヒマさんで、ワ

やっぱり質問が多いのはコーヒー豆、粉の保存方法

店頭で販売する楽しさは、お客さんと会話すること。 だいたい天気や気候の

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑