*

時を経てもなお、何度も僕に教えてくれる言葉

公開日: : 日々他愛のないこと, 日記

昨日は休日。
奥さんとバイクで2人乗りをして、茨木市立キリシタン資料館へ行ってきました。

戦国時代 北摂・三島地区は、実は熱心なキリシタンが多い土地であったことを初めて知りました。

 

キリスト教の布教が禁止された時、人々は信仰を捨てるか、隠れて信仰するかを強いられ、そのキリシタン資料館のある茨木下音羽近辺で、こっそりと隠れながらキリスト教を信仰をしていた、そんな事が近年わかったそうです。

 

隠れキリシタンの郷だったのですね。
長崎の平戸とかではそんな話を来たことがありましたが、42年も北摂で暮らしていて全然知りませんでした。
そしてその後、ファーマーズキッチンというオシャレなお店でランチを。

 

そこのアイスコーヒーがめちゃんこ美味しかった。
ちょっとジェラシーですよ。

 

久々に島珈琲も美味しいコーヒーをもっと追求しよう、と心駆られたアイスコーヒーでした。
おしりに火がつきましたね、ボーボーと(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

今回はコーヒーの事じゃなくて、雑談です

ブログを書くこと、とはアウトプットしていることで、アウトプットするにはインプットが必要です。
ですので、僕は夜、娘が寝た後、読書をしています。

 

昨晩はこの本をチョイス。
ウィニングボールを君に 山際淳司

 

 

 

プロ野球やボクシングなど、スポーツを中心に短編ノンフィクションがおさめられています。

 

この本は何度も何度も読み直しています、長い時間をあけて。
そしていつもあるページをめくると、ある言葉に感動し、そして教えられています。

 

時は福岡ダイエーホークスの監督が王監督よりひとつ前、黄金時代になる前には必ずこの人がいる、そう根本監督。
西武の黄金時代の基礎をつくった人としても有名ですよね。

 

その人の言葉がいつも心に刺さるのです。

 

その言葉は

 

「若い人は確かに経験が少ない。しかしそれは素晴らしいことなんだ。なぜならば過去の経験に縛られることがないから。われわれのように経験の豊富な人間は、どうしても過去から学ぼうとする。すると、どういうことになるか。あれをするとこうなる、こうすればああなるとわかった気になるからどうしても無難な答えを出してしまう。それがわれわれの欠点なんだ。だからわれわれは常に過去を清算していかなければならない。過去を清算できない人間が若い選手に向かってこれをしろ、あれをしろと昔のやり方を押しつけるんだ。私にしたってそうだよ。過去を清算しながらまだ前向きにできそうだと思うからユニフォームを着られるんでね、そうでなければ監督を引き受けない」ウイニング・ボールを君に 山際淳司 82ページより抜粋

 

根本監督 当時67歳でのこの言葉。

 

そう、過去を清算しながら、を読むたびに、そうだその通りだと考えさせられる。
そしてその読んだ時の年齢によって、また感じることも変わってくるね。

 

無難な答えで生きず、エキサイティングに生きていくならば、過去を良い意味で清算しながら生きていくことだね、と毎回学びがあります。

 

今回はそんな学びがあったことを書いたブログでした。
プロ野球やスポーツが好きな方には是非読んでもらいたい1冊です。

 

表現も綺麗で、言葉使いも巧み。
「書く」を学ぶにも良い本だと思っています。

 

梅雨時季の長雨とコーヒーのおともにどうでしょうか。
結局オススメの1冊みたいな記事になっちゃったね(笑)

 

それでは、また。
いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

下弦の月

 この言葉を見た時に 「月の船」のような形だろうか? と思った 22日23日あたりの月 満

記事を読む

no image

いこかもどろか

 聞かれれば  呑むために生きるのか 生きるために呑むのか 甲乙つけがたい 僕はビール党

記事を読む

ふたたび

 さてふたたび アイフォンからがんばって 日記を書いております なんとなく こうなんですか

記事を読む

夏場のコーヒー豆屋の流れはこんなんだ!~夏場の島珈琲の流れ~

今日はブログのネタが思いつかず、いいえ、ネタあるのですが、技術的・お役立ち系なコーヒーに関するネタが

記事を読む

no image

オーマイガっ

 一所懸命 書いた日記 昨日の書いた日記に対して反省したいことがあったので いろいろ書いて

記事を読む

温顔無敵

 高槻店を出店するにあたり 本店の機能を高槻店に移動させます しかし 岡町店は我が島珈琲の

記事を読む

あぶないじゃないか!

 今日は仕事の最中 単車で荷物を届けないといけなかったのですが 路上に単車を止め 荷物をド

記事を読む

ないよね 信用はお金で買えるのか?

今日はめまぐるしく、通販の発送、ご近所さんの配達、それから業務用卸のコーヒーとてんやわんやで、有難い

記事を読む

no image

祈り

 ビッグイシュー日本版135号のスティングのスペシャルインタビューの中に 興味深い一文があ

記事を読む

あまちゃん

 まだまだ あまちゃんです きれいなリーフになりません 練習がまったくたりてません 思い込

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑