*

時を経てもなお、何度も僕に教えてくれる言葉

公開日: : 日々他愛のないこと, 日記

昨日は休日。
奥さんとバイクで2人乗りをして、茨木市立キリシタン資料館へ行ってきました。

戦国時代 北摂・三島地区は、実は熱心なキリシタンが多い土地であったことを初めて知りました。

 

キリスト教の布教が禁止された時、人々は信仰を捨てるか、隠れて信仰するかを強いられ、そのキリシタン資料館のある茨木下音羽近辺で、こっそりと隠れながらキリスト教を信仰をしていた、そんな事が近年わかったそうです。

 

隠れキリシタンの郷だったのですね。
長崎の平戸とかではそんな話を来たことがありましたが、42年も北摂で暮らしていて全然知りませんでした。
そしてその後、ファーマーズキッチンというオシャレなお店でランチを。

 

そこのアイスコーヒーがめちゃんこ美味しかった。
ちょっとジェラシーですよ。

 

久々に島珈琲も美味しいコーヒーをもっと追求しよう、と心駆られたアイスコーヒーでした。
おしりに火がつきましたね、ボーボーと(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

今回はコーヒーの事じゃなくて、雑談です

ブログを書くこと、とはアウトプットしていることで、アウトプットするにはインプットが必要です。
ですので、僕は夜、娘が寝た後、読書をしています。

 

昨晩はこの本をチョイス。
ウィニングボールを君に 山際淳司

 

 

 

プロ野球やボクシングなど、スポーツを中心に短編ノンフィクションがおさめられています。

 

この本は何度も何度も読み直しています、長い時間をあけて。
そしていつもあるページをめくると、ある言葉に感動し、そして教えられています。

 

時は福岡ダイエーホークスの監督が王監督よりひとつ前、黄金時代になる前には必ずこの人がいる、そう根本監督。
西武の黄金時代の基礎をつくった人としても有名ですよね。

 

その人の言葉がいつも心に刺さるのです。

 

その言葉は

 

「若い人は確かに経験が少ない。しかしそれは素晴らしいことなんだ。なぜならば過去の経験に縛られることがないから。われわれのように経験の豊富な人間は、どうしても過去から学ぼうとする。すると、どういうことになるか。あれをするとこうなる、こうすればああなるとわかった気になるからどうしても無難な答えを出してしまう。それがわれわれの欠点なんだ。だからわれわれは常に過去を清算していかなければならない。過去を清算できない人間が若い選手に向かってこれをしろ、あれをしろと昔のやり方を押しつけるんだ。私にしたってそうだよ。過去を清算しながらまだ前向きにできそうだと思うからユニフォームを着られるんでね、そうでなければ監督を引き受けない」ウイニング・ボールを君に 山際淳司 82ページより抜粋

 

根本監督 当時67歳でのこの言葉。

 

そう、過去を清算しながら、を読むたびに、そうだその通りだと考えさせられる。
そしてその読んだ時の年齢によって、また感じることも変わってくるね。

 

無難な答えで生きず、エキサイティングに生きていくならば、過去を良い意味で清算しながら生きていくことだね、と毎回学びがあります。

 

今回はそんな学びがあったことを書いたブログでした。
プロ野球やスポーツが好きな方には是非読んでもらいたい1冊です。

 

表現も綺麗で、言葉使いも巧み。
「書く」を学ぶにも良い本だと思っています。

 

梅雨時季の長雨とコーヒーのおともにどうでしょうか。
結局オススメの1冊みたいな記事になっちゃったね(笑)

 

それでは、また。
いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

三菱ミニキャブ!

 今日もクレーム処理の仕事でどやされた~♪ どうしてなんだいハニー?おいらが何をしたってん

記事を読む

no image

今日こそは

 今日こそはコーヒー屋らしく コーヒーのことを日記に書こうとおもった けども 先月あったの

記事を読む

試運転

 明日は焙煎機とエスプレッソの試運転をして 数日かけて微調整をしたいと思います 頭の中では

記事を読む

no image

サタデー カフェ

 カフェBe は ぷれいすBeという障害者支援施設のレストランホール(食堂)と 兼用してい

記事を読む

no image

昨晩 仕事を終え 家に帰り 僕はご飯をたべ そして娘と遊びながら 嫁さんが 歌番組を見ていたので ち

記事を読む

no image

I WANT YOU

  あ ウォンチュー おれ~の肩を抱きしめてくれ~♪ 南佳孝のあの唄の冒頭のウォンチュの話

記事を読む

タイム イズ

 時は金なり 日本人はどうして時間にきっちりしているのか それは農耕民族だからだという 田

記事を読む

no image

やる気

月曜日は高槻郡家本町にある障がい者支援施設にあるカフェBeの現場に入ることが多いのですがかれこれ4年

記事を読む

わさび菜  からし菜

週木曜日のカフェBeでは 高槻地場産 朝とれたて野菜を販売しております お野菜をいつも持ってくださる

記事を読む

no image

今夜すこし

 昨日は飲んだ たくさん笑い しゃべり 心ゆくまで 前職でお世話になった方と一緒に  いい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

→もっと見る

PAGE TOP ↑