*

どんどん読書

公開日: : 日々他愛のないこと

高槻店がオープンして半年以上になる
コーヒー屋にとって毎度おなじみの
厳しい夏がやってきた

知名度のない1年目は 
かなりしんどい思いをするんです
精神的に

岡町店 カフェBe店 で 高槻店とオープンさせるのは
今回で3回目なので経験上 心にはゆとりを持っているはずだが
やはりどうすれば集客また認知してもらえるのか
焦りからか こういう時期になると思いっきり考える

だから勉強する 手当たり次第に

本を読み どんな些細なことでもいい
ヒントになるものがないかと

それが結果 そのつど僕を成長させてきたんだと思う

きっと よくない状況こそが 頭脳をよくするんだと思う

ということで 読書して考える 読書して考える
そして考えたことを 即行動だ!いくぞー おー!

焙煎はアートだ!
焙煎アーティスト 島 規之

中村の 月イチ コーヒー教室入門編
7月は25日 木曜日 午前10時より に開催です
定員は6名様 お一人様2000円 おみやげ付き

詳しくはコチラ
http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1351

島珈琲 フェイスブックページはこちら

http://www.facebook.com/shimacoffee2002

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

こつこつと

新規出店に向かって やるべきこと 準備しておくこと 考え出したらきりがない とにかく ひとつひとつ問

記事を読む

申し訳ありません 価格交渉からの業務用卸しの相談は応じません!

違うんです、まぁちょっと聞いて下さい。   電話がかかって来て、「島珈琲さんは

記事を読む

かまえて!

 そうです 何事もどんなときにでも いつでもキャッチできるように かまえていなければなりま

記事を読む

島珈琲も売れないときがありました、そんな時こうしてました

家に帰りお風呂に入っていると突如、明日のブログのネタが浮かぶときがあるんです。  

記事を読む

思い入れの1曲 影響を受けたアーティストは誰ですか?

今回はコーヒーのことや経営ことなどからは、たまには全く関係ないことを。   家

記事を読む

たこやき ビール 昼寝 

家族がなかったころ たまにとれる休みの日は 午前中は掃除やら身の回りのこと 昼からは買い物に行ったり

記事を読む

no image

ほんまにむずかしい

 cafe Beを運営している施設 「ぷれいすBe」では 毎月 「Beどうし」という冊子を

記事を読む

よびすてか

 今日も ぷれいすBeの利用者のK君が 実習を13時から15時まで はいってもらいました

記事を読む

no image

続 困ったときの・・・

 このあいだ成人式を迎えたと思ったら、もう10年という月日は夜空を舞う流星のように、振り返

記事を読む

no image

レ点

 なぜ レ点なのか? どうしてチェックはレ点になったんだろうか? 他愛のないことが気になっ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑