*

だめな男ですよ まったく

公開日: : 日々他愛のないこと

最近バタバタしていましたが 
昨日は仕事もいつも通りに終わり 家へ帰りました
休みが少ないぶん できるだけ早く家へ帰れるときは
早く帰り 1歳半の娘と遊ぶようにしています

昨晩は なぜか娘の寝付きが悪く
眠たいクセに電気を消しても
こちょこちょ遊んでいて 何度も「もう寝なさい」
と嫁さんが言うのを聞かず 遊んでいました

滅多にない僕も ぷちん ときてしまいまして
嫁さんもびっくりするほど 叱ってしまいました
(念のため  手はあげてませんからね)

たぶん娘もびっくりしたのでしょう
さらに眠れなくなったようでした

しつけは大事やけども加減しなあかんこと
わかっていたのに 少しやりすぎてしまいました

僕は ためてためていきなり噴火するから
もうちょっと小出しにして と
この件だけに関わらず以前から
嫁さんに言われ続けておりました

ということで 今日は反省の日です

たぶん世の中の子育てしているお母さんは 
こんな自己嫌悪に陥ることはしょっちゅうなんだろうな
と思いました 母ちゃんはえらい!

写真は島珈琲高槻店の近くにある
上宮天満宮 天神さん 桜がきれいに咲いていました
毎月1回 お参りに来て手をあわせにきています

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

足音

 足音をたてて 近づいてくる そうです セミナーが迫ってきました ほんとにうまいこと話せる

記事を読む

no image

レ点

 なぜ レ点なのか? どうしてチェックはレ点になったんだろうか? 他愛のないことが気になっ

記事を読む

夏の思い出

子供ころ 夏休みは虫とりアミとかごを持って近くの公園で走り回っていた子供の頃は何も考えず ただただ疲

記事を読む

no image

ジャネーの法則

 今日の毎日新聞の「余録」に僕にとって興味深い文があった 以下拝借 ----------

記事を読む

no image

経営とは

むずかしいなぁ と思うけど 好きなコーヒーの仕事を続けていくには この経営という言葉を避けて通ること

記事を読む

お商売は水物 でも心は水物にしないために

プロローグ 「水」は「勝負は水物だ」と言われるような、運次第で大きな利益を得たり、逆に損失をこうむ

記事を読む

長浜へ

 月曜日の祝日 近江 長浜へ行ってきました とっても情緒があり 古き良き時代にタイムスリッ

記事を読む

不器用だなー

自分の事 不器用だなぁ~と思うシーンが いっぱいある いや 僕の人生なんて振り返れば不器用の連続だ

記事を読む

パパの歌

 やるなら決めろ 決めたら迷うな 手帳の1ページ目 否が応でも目につくところにそれを書き

記事を読む

no image

みんな好きだよ カレーライス

 こんな歌詞の歌があったんだけど 誰の歌だか思い出せない 明日のカフェBeのランチは カレ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
なぜドリップする時、端にお湯をかけてはならないのか

昨晩、余震がありました。 ドーンという音を立てた後、わりと大きな揺れ

4年ぶり 6月25日(月)はカフェBeで島が接客します!

昨日、自宅のガスが復旧しました。   お風呂を入

普通のコーヒーがレベルアップしている現状に思うこと

18日の朝に高槻で地震がありました。   その日

島珈琲は元気です!

高槻で地震がありました。   朝、歯磨きをしてい

6/19(火) 6/20(水) 高槻店は臨時休業します!

いつもありがとうございます。 表題の通り、6月19日火曜日と6月20

→もっと見る

PAGE TOP ↑