*

島珈琲の未来

公開日: : 日々他愛のないこと, 日記

先日、おじいちゃんおばあちゃんの家で家族と一緒にご飯を食べている時、なんの話してたんかな、忘れてしまいましたが、娘が大きなったらコーヒー屋さんで働く、父ちゃんと一緒に島珈琲で働く!と言いました。

 

いやいや、好きなことしたらいいんやで、と僕が言ったのですが、今のところ「一緒に働く!」と意志が強いようで(笑)・・・まぁ、その場はそれで終わりました。

 

でも内心むちゃむちゃ嬉しかった僕です、こんにちは。

 

今回は島珈琲の未来のビジョン、こんなふうに考えてます、という今回も日記のような内容です。

 

 

僕の代で終わっていい

 

こう言うとお客さんには申し訳ないのですが、基本、島珈琲は僕の代で終わっていいと思ってやっております。

 

自分の両親が好き勝手やらせてくれたように、僕も娘には自分の思う好きな道を歩いて欲しいと。

 

やりたい、と思うことを親として出来る限りの応援をしたい、それも僕が仕事を頑張る理由の一つ。
娘が大人になった時に島珈琲の仕事をやりたい思えば、それはそれで嬉しいけども、娘がやりたいことがあるならば、無理に島珈琲を選ぶ道を選択しなくていい、と思ってます。

 

自由に好きなことを思いっきり楽しんで欲しい、自分の人生を自分で作り出していけばいい、と僕は娘に対して思っています。

 

今の計画では

 

うちは子供は娘が一人なので、娘が後を継がないという前提で僕は考えているのですが、未来はそうですね、65歳くらいまでお店で仕事できたらなぁと考えてます。

 

その後は、島珈琲株式会社を廃業し、コーヒー技術と焙煎機を持って、福祉施設で雇ってもらえないかなぁなんて妄想してます。

 

こんなこと考えるのは早いけど、晩年は福祉施設でコーヒーで経験した積み上げたそのノウハウを伝授して、施設で仕事できたらなぁなんて思ってます。

 

でも、まだ20年あるので、そんなこと言っていても、状況が変わるかもしれませんし、何が起こるかわからないのが人生。

 

あまり先のことを考えるのは、どうかとも思いますが、そんな風な道を歩いて行けたらなぁと漠然と考えています。

 

しかし、娘が島珈琲をしたい、もしくは娘はやらないけど、生きのいい若い子が焙煎を教えてください、なんて弟子入り(笑)してきたら、その時はまた道は違ってくるし。

 

いったい、どんな未来が待っているのかな。
その人生の流れに逆らわず、その時その時に柔軟に考えながら、楽しんで進もうと思ってます。

 

ということで、今のところの、島珈琲の未来をちょっと語ってみました。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

お客さんに損させない営業をするために

昨日はまる1日お休みを頂きました。   年末年始の繁忙期で頑張った心身へのクー

記事を読む

no image

フライ麺

 昨日 晩ご飯がフライ麺 堅焼きそば? だった 僕のうしろで 娘はすやすや眠り 嫁さんは台

記事を読む

あいたい人は もういない

チーフと出会ったのは 僕が高校を卒業して就職した中国料理店でした 僕は最初コックとして就職しました

記事を読む

コーヒーは心を豊かにする飲み物

最近 僕のテーマは「心を豊かにする」です こんにちは焙煎アーティスト 島規之です &n

記事を読む

今一度

 神は自分に背負えるだけの荷物しかお与えにならない と なにかに書いてあった 難しいなぁ~

記事を読む

けっしょう!

 今日は完全なオフ日にしようと心に決めて 朝は千里川の堤防を1時間ほどジョギングして 買い

記事を読む

no image

ギャラクシーエキスプレス

 ギャラクシーエキスプレス999 仕事を終え ほっと一息 ゴダイゴの歌を聴いた ほんとにこ

記事を読む

no image

いつものスタンド

 いつも行くガソリンスタンドがあるのですが そこは特にガソリンが安いわけでもないのだが と

記事を読む

no image

いこかもどろか

 聞かれれば  呑むために生きるのか 生きるために呑むのか 甲乙つけがたい 僕はビール党

記事を読む

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
悩むマンデリン (4939)

昨日は高槻店の焙煎機のメンテナンスを完了させました。   思

特にカーブは汚れが溜まりやすい (4938)

今日は7時に起きて家族で朝食を取ってから、すぐに高槻店へ。  

選択のマンデリン (4937)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に朝は7時過ぎに到着し

グァテマラが新しい銘柄になります (4936)

昨晩は高槻店の業務終了後に、煙突掃除をしました。   ワイヤ

3Dセキュアを導入します! (4935)

昨日も沢山の発送がありました。   感謝感謝です。 &nbs

→もっと見る

PAGE TOP ↑