*

嫌われる看板

人間は動くものに目を取られる、と言います。
あちこちのお店で見られる「のぼり」、旗ですね、を掲げているのは、揺れて動いて人の目につくからなんです。

 

電車の電光掲示板もそうですよね、動くと目に付くでしょ。
ですから、動かない看板よりも、動いている方が人の目に付く、ということです。

 

実際にぼーーっと、外を眺めていると、動くものが目に付くかと思います。
だからお店などの看板は動く方が有利、ということになりますよね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

回転灯ってどうなの?

 

いつも思うのですが、看板にある回転灯。
パトカーの上についているクルクル回るやつね。

 

街を車で走っていると、わりとあるものです。
お店の看板の上に、黄色や青色の回転灯がクルクル回っているのが。

 

それはそれで目立って良いとは思うのですが、ある交差点で信号待ちしていると、その回転灯の光がまぶしくて、邪魔で仕方ない場所があるのですね。

 

いつも、いつも。
そのうちのその看板に、嫌悪感を抱いてしまうほどです。
そしてその矛先はお店の方へ・・・になるかもですよね。

 

それって、どうなのかなぁっていつも考えさせられるのです。

 

嫌われる看板

 

広告って、人に知ってもらい、興味を持ってもらためのもの。
嫌悪感を持ってもらうものでは?そうです、ないですよね。

 

でも、知らず知らずそうなっているものもあるんだ、と考えさせられるわけです。
これは気を付けないと、と。

 

ネットを見ていても、宣伝がやたら多いページとか、時々うんざりすることもあると思うのです。
目立って、目に付くようにしていても、それが返って逆効果を生んでいる、そんなこともある。
これを認識しておかないといけないなぁ、と思った次第です。

 

万人に好かれる、というのはありえないですが、嫌悪感を持たれるようなことはないように、気を付けたいものですね。
と、回転灯付きの看板を見ていて、思ったことでした。

 

回転灯の高さとか位置を変れば、問題ないんだけどなぁ 笑

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーのことを迷わない1つのすすめ

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である ←島規之の名言 迷言?笑 野に咲く花のように~♪

記事を読む

落ち葉のじゅうたん あざやかに

僕が高槻店の場所をここに決めたのはいくつかの理由がある高槻駅近で払えていけるだろう 家賃だったこと(

記事を読む

スタートライン

 いよいよスタートラインにたった そんな感じです 今日は味見のコーヒーを飲みすぎて胸がいっ

記事を読む

no image

サタデー カフェ

 カフェBe は ぷれいすBeという障害者支援施設のレストランホール(食堂)と 兼用してい

記事を読む

リニューアルであーる

高槻店を出店しまして 島珈琲の機動力もアップしております 以前は発送は日曜日だけしかできませんでした

記事を読む

インプット♪ アウトプット♪

昔 所ジョージさんが インプット アウトプット と 歌っていた何かの宣伝があったのですが 何だったか

記事を読む

くも

書くネタはたくさんあるんだけどもなんかこう 冷房負けしちゃってるのかして身体と頭の中がふわりふわり 

記事を読む

おそうじ

  古くからお付き合いしていただいている 小学校の先生をされている 原田先生 原田先生のブ

記事を読む

テレビゲームが教えてくれたこと

今日は祝日ですが、高槻店はお休みです。 以前は祝日の月曜日は営業していた時もあったのですが、お客さん

記事を読む

温顔無敵

 高槻店を出店するにあたり 本店の機能を高槻店に移動させます しかし 岡町店は我が島珈琲の

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。 &nb

コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザイン

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑