*

障がいのある方の働く場所を増やそうプロジェクト ゆっくりと動きだして

公開日: : 社会貢献部

特に何という事情はないのですが、最近、頭の中に突然、レベッカの「真夏の雨」が流れてくるのです。
あの何とも言えないメロディと歌詞。

 

レベッカと言えば、フレンズとか、ムーンとかラズベリードリームなどが代表曲だと思うのですが、なぜかちょっとメジャーじゃないこの曲が頭の中を支配することがあるのですね。

 

それが何と言うこともないのですが、ただここに書きたかっただけです。

 

えーでは、本題へ。
昨日は、障がいのある方の働く場所を増やそうプロジェクトのミーティングでした。

 

急遽開催になり(僕が聞きたいことがあったので)、メンバーの皆様は土曜の夜で忙しいから、集まれないであろうと予測していましたが、ほぼ全員が集まるという嬉しい結果でした。

 

メンバーは高槻センター街のフレンチレストラン、四季菜フレンチソレイユ オーナーシェフ 矢田さん
高槻北園町にあるパティスリーアンシャンテ オーナーシェフ 山添さん
高槻富田町にある、はる遊食堂 オーナーシェフ 於勢さん

 

そして僕 島珈琲 島規之 このメンバーで動き始めております。

 

 

 

 

島珈琲部隊を作ろう

 

今回はこの組織の基盤を作るにあたって、聞きたいことがいくつかありました。

 

それで集まることになったのですが、今後まず何から始めていくかという話し合いもして、おぼろげながら皆が向かう第一段階の目標のところの設定をしました。

 

それと集まりが2回目だったので、お互いの想いだとか、まつわる話だとかをしてより協調を高めるための時間となりました。

 

さてそんな中で、僕も組織のためにやることもありますが、個人としてこの組織のためになることを行動したいと思っているので、こんなお話を提案しました。

 

コーヒー部隊を作りたい。

何のことかというと、出張コーヒーサービスなんですね。

 

障がいのある方に、ハンドドリップの淹れ方を訓練をしてできるようになってもらい、良いタイミングになれば、まず僕が休みの月曜日に、淹れ方をマスターしたその部隊のメンバーと僕が一緒に、どこかの施設やお店などへ行き、1杯ずつコーヒーを淹れ販売したり提供するサービスをやりたいのです。

 

ということをお伝えしました。

 

コーヒーの道具とあと電気が通っている場所であれば、現場でのセットは簡単にできるので、スポットでの受け入れ先様があれば、すぐに出来るのでは、と考えています。

 

おもしろそうでしょ。

 

目的は?

 

ドリップしたての香り豊かなコーヒーを飲んでもらい、喜んでもらいたいというのがまず。
あとはですね、コーヒーの香りって島珈琲のお店なんかですと常時コーヒーの香りがしているので、そこにしばらく居て時間が経つと鼻がマヒしてくるのですね、これを嗅覚疲労と言います。

 

で、普段コーヒーの香りがあまりしないところで、コーヒーを挽いたりドリップしたりすると、コーヒーの香りはひときわ香り、そして飲んでいる人をさりげなく感動させるのですね。

 

これは僕の経験からですが、そんなシーンでは感謝の言葉を沢山もらえるみたいなんです。
良い香りねー美味しかったーありがとう、って。

 

それをね、障がいのある方に感謝される体験してもらって(もちろん自然で、求めたりしません)、労働による喜びを一緒に味わって、そして更なる働くことの意欲に結びついたらなぁ、と意図しております。
もちろんそこにメンバーの賃金を派生するようにしてです。

 

ねっ、おもしろそうでしょ。

コーヒーってほんとに仕合わせの循環機能を持っていますよね。

 

可能ではないだろうか、そう思っております。

 

このコーヒー部隊の活動を開始するにおいて、そんなに時間を有することではないと思ってますので、まずはドリップの訓練をするというところからスタートできたらなぁと考えてます。

 

そしてこのプロジェクトのメンバーと、共に活動すること内容も平行して進めていきますね。
あー楽しみがいっぱいや!

 

ということで(どういうことやー 笑)、明日3月26日月曜日は定休日、3月27日火曜日は高槻店臨時休業を頂きます。
両親と家族で一泊温泉旅行です。(近場ですが)

 

美味しいコーヒーで喜んでもらえるように、英気を養ってきますね。

 

それでは、次号のブログは28日水曜日に!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

タルタルえびドッグ(仮称)

 昨晩は社会貢献部の部会でした こちらはえびバーガー今朝も社会貢献部 こちらは郵便局ではに

記事を読む

講師として いよいよ

 さて来週木曜日は 「接客」というお題頂きまして障がいを持った方が作る商品 こちらを授産品

記事を読む

コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせでした。  

記事を読む

40近いおっちゃんが「若手」なんておこがましいですが

昨日 高槻店をクローズさせた後 放課後活動で 北摂若手福祉従事者 まぁ簡単に言うと 福祉業界で 仕事

記事を読む

カフェBe実習生の施設外就労の受け入れを検討します!

昨日は定休日。 朝は障がい者支援施設とコラボしている、カフェBeで月イチのミーティング。  

記事を読む

ソース会議

 日本人がポリフェノールを含む飲料を一番飲んでいるのは何かご存じでしょうか?ポリフェノール

記事を読む

えびバーガー 試作の巻

昨日おうかがいさせて頂きましたHair Potential NOAH  ヘアーポテンシャル

記事を読む

温顔無敵 ~休日は大好きな読書して~

プロローグ 月曜日は休日を頂きまして、歯医者に行き、娘と川で遊び、夕方は障がい者支援施設とコーヒー

記事を読む

障がいのある方の働く場所を増やそうプロジェクトの行方

昨日は高槻店の業務終了後、高槻センター街と呼ばれる阪急高槻市駅近くのアーケードのついた商店街、そちら

記事を読む

来年は社会貢献部をより活発に!

さて、本日12月29日土曜日は、高槻店の年内最終営業日。 明日明後日は、岡町本店での年内最終営業をし

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん

結果をすぐに求めすぎない

なんとなくですが、やっと近辺が落ち着いたというか、いろんなことがそれな

カフェBeにおかわりメニューを増やそう大作戦

まずカフェBeとは。 2009年、社会福祉法人 北摂杉の子会が運営する

コーヒーは新豆の時期が一番美味しいの?

急に春のような気候になった高槻です。 昨日までお店には暖房を入れていた

ぺーパードリップとフレンチプレス どっちがいいの?

昨日はお休みでした。 家族で娘が観たいという、プリキュアの映画を観に行

→もっと見る

PAGE TOP ↑