*

ハンドドリップの時のお湯の温度は計る必要はあるの?

このドリップするときのお湯の温度、のこともお客さんからよく聞かれる質問の一つです。
皆さんはどうされていますか。

 

今回は、最低限これを気をつけたらいいのではないでしょうか、というところに重点を置き、書いていきたいと思います。

 

卒業式そして入学式と続くシーズンですね。
5歳の娘もこの春から幼稚園です。

 

入園式がたまたま定休日の月曜日にあり、一緒に行こうと思っています。
うるうるして泣いちゃったらどうしようか、と最近、涙腺がすごくゆるゆるな僕、焙煎アーティスト 島規之です こんにちは。

 

ハンドドリップのお湯の温度と味わいの関係

お湯の温度に正解はありません。
好みによってかわりますので、まずお湯の温度によってどんな味わいの変化があるのか、ざっくりと説明しますね。

 

まず高温の場合、お湯の温度が90℃以上の場合。
高温の場合、コーヒーを抽出するにあたって良い成分も悪い成分も出やすいです。
淹れ方によっては良くない味わいが勝ってしまうこともあります。
良い成分もでるけどもリスクも大きいという感じでしょうか。

 

お湯の温度が80℃あたりの場合は、良い味わいも悪い味わいもでにくいです。
ですので、高温抽出くらべて、僕は優しい味わいに感じています。

 

ただこの温度で抽出した場合、出来上がりのコーヒーの温度がややぬるいですので、温かいコーヒーが欲しい場合には、再加熱を必要とします。
再加熱の時にうっかり沸騰させるとコーヒーは美味しくなくなります。

 

ですので、この再加熱する、というところが中低温抽出(というのかな?)のリスクになります。

 

これをおさえておけばいい

というのは僕の視点です。

お湯の温度は94℃か95℃くらいをめざし、沸騰したお湯をコーヒードリップポットに移すとそれくらいに温度が落ちるので、その程度のアバウトな感じで行きましょう。

 

はい。

それだけです。

 

というのも、おうちでドリップするのにお湯の温度を温度計で計ってまでする必要はないと思っています。
もちろん、それが楽しみでされている方は、どんどんしてください。

 

ただ淹れるのにそこまではしない、という方もお店でお話を聞いていたら結構いておられますので、このアバウトな感じでもお湯の温度はオッケーなので、これでやってみてください。

 

但しコーヒー用のドリップポットがすごく冷たい場所に保管されていた場合は、94℃くらいにはならずにもっとお湯の温度が低下するので気をつけてください。

 

一応、お湯を沸かすのは別のヤカンをつかい、ドリップはドリップ用のポットを使うやり方をオススメしています。

 

 

 

そのままヤカンやポットをコンロにかけて、ドリップも行う場合は、お湯が沸騰したら火を止めたあと、しばらくフタを開けて2、3分くらいでしょうか(気温やお湯の量にもよりますが)、落ち着かせてからドリップするのがよいかと思います。

 

ティファールの場合も同じですね。

 

コーヒー屋さんによってお湯の温度についての話はまちまちなので、どれを信じて良いのかわからない、と思っている方も多いかと思いますが、とりあえずやってみて、ダメならかえてみる、そんな繰り返しでご自身に合うやり方を探して下さいね。

 

楽しいコーヒーライフをおくってくださいね。

 

いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

今年のコーヒーシロップはショートしないようにします!

本日は日曜日ですので、早朝に高槻店で軽ワゴンに荷物を積み、そして岡町本店へ移動。 日曜日はいつも道路

記事を読む

コーヒーだってサクッサクッの方がいい

先日 お客様からあることで喜んで頂きました 「家でコーヒー豆を手挽きのミルで粉にしてい

記事を読む

今期も安定した味わいをお届けします

在庫表を見てました。 それは商社さんで取り置きしてもらっている、焙煎する前のコーヒー生豆の在庫状況で

記事を読む

コーヒー豆をプレゼントしたい!でも先様の好みがわからない!そんな時のこの話

プロローグ コーヒー屋をはじめまして、この間の3月に15年目に入りました。 こうして続けていける

記事を読む

高槻店には以前、喫茶コーナーがありました

高槻店では以前まで喫茶コーナーがありました。 カウンター6席からスタートして、4席に減席、そして20

記事を読む

カプチーノのふわふわミルクの仕組み

プロローグ ご存じですか?元日と元旦の違いを。 のっけから何の話やねん!ですが、ニュースを読んで

記事を読む

コーヒーミルの価格 高い、安いは差はなんだろう?

プロローグ コーヒーの味わいって、コーヒーミルの性能もかなり左右するのは事実です。 &nbs

記事を読む

コーヒー計量スプーンは各メーカー違いがあるのでご注意を

この土日、大阪は4週間ぶりに晴れの予報。 日曜日がずっと雨でしたからね。   今朝は今日と

記事を読む

飽きない味つくりを目指して

本日は月曜日で僕自身のお休みですが、岡町本店の焙煎機のベアリング交換をするのでバイクで岡町本店へ来ま

記事を読む

高級コーヒーの魅力とは?~短パンコーヒーの魅力に迫る~

今日はこんなツィートをしました。     マグカップは、通常の

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

移り変わるミルの値段から

昨晩、この金曜日にアップロードするYouTube自家焙煎島珈琲chの動

→もっと見る

PAGE TOP ↑