*

おもえば遠くにきたもんだ

プロローグ

来月3月29日が来れば 島珈琲 13周年を迎えます
長いような短いような 楽しいけれど つらいこと苦しいこともあり 笑いあり涙あり 浪花節だよ人生は!と紆余曲折してきましたが やっぱりここまで続けてこれたのは お客様の支えがあったからこそです

 

毎年2月に来ると岡町本店をオープンする前 あんなことしていたな 何もわかっていなかったなぁ でも未来に対してワクワクしていたなぁ なんてことを思いだします
今日はほんの少し振り返ってみようと思います

 

何か自分でやってみろ

shasin

その言葉が僕の背中を押すことになりました 2001年ハワイ島でコーヒー栽培に行っていたときの同僚(先輩)に お酒を飲みながらコンコンと説教的なことを言われ よし日本に帰ったら独立しよう! 極めて単純なきっかけだけで 少ない資本を元手にコーヒー豆専門店 コーヒー豆の量り売りのみのお店をオープンしました (写真はハワイ島のコーヒー農園で働く当時の僕)

 

以前にも書きましたが 当時僕は26歳 いまも社会のこと分かってはいませんが この当時は更に分かっていませんでした
美味しいコーヒー豆なら絶対に売れる という根拠のない自信だけでのオープンでした
そして何より僕が分かっていなかった最大の過ちは 「お客様の気持ちを理解していない」という事でした

 

だから売れかった

自分の都合しか考えてないんだもん 売れるわけがない 誰のために商品があるのか?「この美味しいコーヒーどやさ?」と突きつけられても自己満足の延長線なのでそんなの売れるわけなかった
そこからいっぱい考えたけど 鳴かず飛ばずでオープンしてからの3年後の2005年 お店をたたもうと思いました

 

でも やめれなかった
こんな僕にもお客様がついていてくれたから
それで今のカタチを取りました 日曜日だけの営業というスタイル
この判断がよかったのか 結果 島珈琲はうまくまわりはじめました

その後2009年にカフェBeがオープンするにあたり 委託の依頼が入り
2012年高槻店をオープンすることに至りました
月並みな言葉ですが「めげない 逃げない あきらめない」の気持ちが いわゆる「継続は力」にカタチを変えていくんだと思っています
 

今でも自問します 「お客様の気持ちをしっかりキャッチできているか?」と
2月になるとあの頃を思いだし 原点回帰するように自分の心を改めるようにしています
おごりはないか?お客様の目線と一緒か?そして現状に満足せず新しい何かを試みようとしているか? と

 

エピローグ

成功って人の価値観によって違うけど 僕は僕の一生が終わるとき もう1回自分に生まれたい と思えるかどうかかなって思ってます
そして僕にはまだまだ足りてない部分がたくさんあるので 家族との時間も大切にしながら お客様との関係性をより深くできるように たくさん勉強しようと思います 学びは一生かけてするものですもんね

 

ではまた明日

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

気持ちを贈りたい

 ということで ギフトのご注文を頂きましたありがとうございます今回はコーヒーシロップ加糖 

記事を読む

お疲れさんの一杯

 うすはりのグラスで飲んでます いいグラスで飲むと 疲れもまた癒されます ありがとうです

記事を読む

no image

縁は異なもの味なもの

 フレンチレストランのオーナーシェフがよくカフェBeに来てくださる 開店当初からご夫妻で来

記事を読む

帰って来たマレーシアマン

 小学校からの友達が転勤でマレーシアに行ってた その友達はまだマレーシアにいるもんだと思っ

記事を読む

no image

なにげない一日

 なにげない1日 なんてない 振り返れば1日1日にはきちんと意味がある  けど 何気なく過

記事を読む

島珈琲のやぼー

  野暮ではなく 野望である 今回 アイデムさんに募集広告をのせ  ほんとにたくさんのご応

記事を読む

朝日新聞 週刊まちぶら

 ということで 本日 朝日新聞朝刊 週刊まちぶらに プロ焙煎士 島規之の これでもか! と

記事を読む

今も残る高校卒業したときの担任の言葉

先日、高槻・川添にある、障がい者支援サービス よつば放課後デイサービスさんでのコーヒー教室を開催した

記事を読む

満員御礼!

ありがとうございます スタッフ中村のコーヒー教室 おかげさまで定員に達しました よかったね と中村に

記事を読む

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑