*

時間を忘れる空間をつくるには?

プロローグ

昨晩は新規オープンする喫茶店にコーヒーのレクチャーに行ってきました。
家庭用のコーヒー豆、俗に言われる「小売り」とお店されている方のための「業務用卸し」の2つ業務形態でコーヒー豆の販売をしています。

 

お店でコーヒーのことお困り事があれば、まずはお気軽にご相談くださいね。
電話は 072-669-8284 10時~19時 火曜から土曜日の間で受付しております。
メールは info@shimacoffee.com です。

 

IMG_4234

 

昨晩はコーヒーのドリップの仕方、それから接客で大事なこと、ちょっとした「お気遣い」が大事ということなどを1時間半ほどお話してきました。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

喫茶・カフェはオーバーストア気味だと思う

大型チェーン店も含め、カフェもしくは喫茶という形態のお店は見渡す限り、ほんとうにたくさんあると思ってます。そんな中でどうやってお客様から支持され、長く愛し愛されるお店になるか。
情報も多く、時代の流れが速く、流行りの転換も早く、状況はなかなかに難しく思います。

 

僕の見てきたこと、経験したこと、失敗してきたこと、そこから得た成功したと思えること、そんなことを話してきました。お客様とお店が相思相愛、長く愛し愛されるお店になってもらうことを、心から願うばかりです。

 

時間を忘れる空間をつくるには?

お話をしながらふと気づいたことがありました。賛否両論あると思うのですが、カフェというのは空間というのも大事な要素です。空間と時間との関係は両方があって有意義なものになると思います。

 

僕が気になったのは、お店に壁掛け時計があった ということでした。

 

時計があると、どうしても見てしまうんですね。時間を忘れる、つまりそこにわずかな時間でも非日常を求めているんだと思います、お客様は。

ですから、現実に戻してしまう時計というのは、癒しの空間を作る場合、いらないのではないか?
そう思ったんです。

 

僕はそんな考えなんで高槻店には、あえてお客様が見えるところには時計は置いていません。

 

エピローグ

時計を置くことが悪いとか、そんなことを言っているじゃないですからね。
ただ、時間を忘れるくらい楽しい空間、癒しの空間には時計はいらないじゃないかなぁ、と思ったことを今日はブログの記事にしました。

 

お店だけではなく、家でも時間を忘れたい空間をつくるときには、時計を置かないというわずかことで、すんごい効果のあることではないですが、現実に戻りにくい雰囲気を維持できるはずだと思います。

 

参考になれば嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

そんなのわかんないよ!コーヒーの味を聞かれた時の対処法

プロローグ ボクシングの基本的な攻撃のひとつ、ジャブ・ジャブ・ワンツー。 右利きの人の場合ジャブ

記事を読む

はりあっぷ

急がなければなりません! いつもは高槻店の閉店作業が終われば ちゃりんこで郡家本町までダッシュして 

記事を読む

乾杯から愛を語る

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった

記事を読む

no image

わしもかんがえた

 ICEコーヒーの相場がぐんぐん上昇している これ以上はなんとも意見できないので このこと

記事を読む

no image

うらやましいね

 焙煎屋をやっていて 何度となく言われた言葉である コーヒーの香りが充満する店内で 仕事が

記事を読む

no image

電波時計

 今朝 まくらもとにある電波時計を見て 心臓が凍った そこに表示された時分を何度も何度もみ

記事を読む

テーブルの上のたたかい

昨日 仕事を終えたあと家に帰ると  娘が録画した「おかあさんといっしょ」を見ていた  その中で ぱわ

記事を読む

鉄は熱いうちに打て 先人の残した言葉は深い

先日 お知り合いになったフェイスブックのお友達が 今 100キロマラソンに挑戦しています 先ほど

記事を読む

雨上がりの夜空に

 どうしたんだい HEY HEY BABY 7年間 愛用したシーラーが壊れてしまった あと

記事を読む

高槻店を古民家風にした理由

高槻店はこの11月21日で5周年でした。   あっというまの5年。 このお店

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

→もっと見る

PAGE TOP ↑