*

同じコーヒー豆でもコーヒーミルによって味が変わるという摩訶不思議

コーヒーの醍醐味の一つ、コーヒー豆を粉にする。

 

御家庭でコーヒーを淹れる場合、豆か粉のどちらかで買うわけですが、僕が開業した当初2002年ですね、は8割ぐらいのお客さんが粉で購入されていました。

 

15年の時を経て、数えているわけではありませんが、約半数くらいのお客さんが豆で、粉と豆の割合がだいたい半分くらいの割合になっているよう感じています。

 

カフェブームやおうちカフェブームの余波があり、御家庭でもミルを購入されてご自宅で粉にして飲まれる方も増えてきました。

 

さてそんな中、コーヒーミルでも、そのミルの違いによって味わいも変わりますよーというお話が今回のテーマ。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

何故違うの?

コーヒーミルにも様々な種類があって、まず業務用・家庭用。
それから手挽きか電動か、あとミルの刃の形状の違い、電動ならモーターの強さなどなど、こうした違いがまずあります。

 

業務用と家庭用での電動式コーヒーミルなら、業務用のほうが圧倒的に力が強く、粉にする時間も早いし、メーカーによって違いはありますが、粉の粒子の大きさもより均一に近くなります。

 

家庭用ですと、価格によってピンキリですが、モーターの力は業務用よりかはダウンし、粉にする時間もかかり、粉の粒子も業務用に比べるとやや大小のバラツキが見られます。

 

こうしたコーヒーミルの性能や特徴から、粉にする挽き具合がじゃっかん変わりまして、それが味わいの変化を引き起こすことになるのですね。

 

飲み比べすると面白い?

家庭では飲み比べはあまりしないと思うので、ちょっと例えを。
高槻店には2台のコーヒーミル(コーヒーグラインダーとも呼ばれます)があります。

 

1台は、10年くらい前にコツコツ貯めたお金で購入したスイス製ディッティング社のもの。

 

 

 

もう1台は、8年前に借金して買ったドイツ製のマールクニック社のもの。
こちらは電気は動力です、なのでめっちゃ高速で豆を粉にします。
コーヒー豆専門店ではぜひ持っていたい、コーヒーグラインダーなんですね。

 

 

 

 

この2台でそれぞれ同じコーヒー豆の銘柄を、同じ条件で(量・ドリップ・挽き目など)淹れて飲み比べしてみますね。

するとどうでしょう。

 

黒色のスイス製のディッティング社は、同じコーヒーでも味わいは濃厚になります。
銅色のマールクニック社は、どちらかというと明るく軽やかな味わいになります。

 

その味の差に、僕の奥さんもめちゃくちゃびっくりしたぐらいです。

 

コーヒーの味わいってほんと、深いでしょ。

 

同じコーヒー豆でもいろんなことで味わいの変わっていくコーヒー。
これがコーヒーの面白いところでもあります。

 

だから毎日が楽しいのですね。

 

僕が「美味しい!」と思うコーヒーの味わいをお気に入りの道具達で作っていきますね。

 

それでは、同じコーヒー豆でもコーヒーミルによって味が変わるという摩訶不思議のお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

日曜日だけのお店 岡町本店は当日全部焙煎しているわけではありません

日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店へ行きます。 高槻店から、荷物を積んで岡町本店へ。  

記事を読む

奥が深い

 どんなことでもそれ自体は単純な作業だが  突き詰めれば奥が深く ひとつひとつに深い意味あ

記事を読む

コーヒーだってサクッサクッの方がいい

先日 お客様からあることで喜んで頂きました 「家でコーヒー豆を手挽きのミルで粉にしてい

記事を読む

ハンバーグ

  鮮度のいいコーヒーは 蒸らしの時 ハンバーグみたいにふくらみます 美味しいそー 島珈琲

記事を読む

コーヒーを抽出したあとのカス、二次利用はどんなのがいい?

プロローグ 今までブログを書いていて分かったこと、コーヒーの事で知りたい事の上位入る記事は、ドリッ

記事を読む

店頭でコーヒーミルを展示、販売してない理由

終わりました。 父の日ギフトの発送。   間違えないように、そして丁寧に。 ラッピングは神

記事を読む

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳しく測ったことがないので、2倍

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆のラインナップはどのクラスか

前回のブログでは、TANPAN COFFEEのスペックをお伝えしました。 高品質コーヒーでも選ばれ

記事を読む

島珈琲の一番人気の銘柄は?

本日、日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店にて店頭に立ちコーヒー豆の焙煎、そして販売をしております。

記事を読む

手回しミルはじめたい方必見!手挽きミルのすすめ

プロローグ お客様に相談されてお話した事なんですが、もう一度きちんと説明したくて記事にしました。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
忘れてしまいたいことや

忘れてしまいたいことや、どうしようもない悲しさに、包まれた時に男は酒を

言葉は変化する

このブログは毎日更新してます。 ブログのネタは書く前に考えるか、前日の

テイクアウトコーヒーのカップの蓋は必要か?

次の月曜日の休みには、普段の営業時間内ではできない、というか手をつける

ブレンド花の配合をちょっと変えました

昨日は高槻店、祝日の営業でした。 高槻店はご存知の通り、日曜日と月曜日

いつからあった?もう9年ですね。知らんかったー!なんて当たり前です。

高槻店はおかげ様で、この11月で9周年に。 ほんとに早いものですね、感

→もっと見る

PAGE TOP ↑