*

戦国大名 おたく

公開日: : 日々他愛のないこと

 先日 ブックオフで文庫本を買ってきました
1冊100円 
本を書いている作家さんには申し訳ないなぁと思いつつ

図書館で借りても期限に間に合わないことが多いので
かといって新庫本を買うと こづかいが足りなくなるので
中古本を買いました

僕の読書の時間は 主に晩お風呂から上がり
寝る前の娘との遊ぶ時間
娘と遊びながら読書し 読書しながら娘と遊ぶ

しまいには娘に本を取り上げられ
遊ぶことを催促されるので なかなか進みません

しかし 戦国大名おたくの僕は
娘に取り上げられても めげずにまた読みます
娘との攻防は毎日続きます

今読んでいるのは 真田幸隆
武田信玄に仕える名軍師 山本勘助に
勝るとも劣らないもう一人の武田の軍師 真田幸隆

真田幸村の祖父にあたる人で 知将として有名
甲斐の虎と恐れられた武田信玄にたいし
幸隆は信濃の虎と呼ばれておりました

今ブログを書いていたら
続きが読みたくて読みたくて
うずうずしてきました 笑

将来は鎧甲冑をきたウエイターがサービスする
戦国武将カフェなんぞ経営しようと思ってます(嘘)

では 明日は岡町本店でお会いしましょう!

12月23日祝日の月曜日 高槻店営業します!

写真は今回ブックオフで買ってきた武将たち

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

かまえて!

 そうです 何事もどんなときにでも いつでもキャッチできるように かまえていなければなりま

記事を読む

no image

まいど!

 あいさつで まいど1号! と叫んでも ほとんど反応がないくらい知名度の低い 人工衛星だっ

記事を読む

お金で買える信用

世の中で 信用を得るには お金で買えないものの方が多いと信じたいしかしお金で買える信用もある島珈琲オ

記事を読む

最初から良いものを使うと 後でちょっと苦労した

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は2009年から3年半の間 障

記事を読む

なくなって困るモノはなんですか?

今日の大阪は風に少し湿り気があって 先日のからっとした気候から湿度の高い暑さに変わりました こんな中

記事を読む

no image

いかんいかん

 政治家がよく言う 「まこと遺憾であります」のいかんでなく ここの いかんは いけないの 

記事を読む

僕がどうしてブログを書き続けるのか、考えた

10月なのに雨の多い大阪です。 お客さんとお話することは、雨の多さことが多いかなぁ。 &nb

記事を読む

セナは言った

 アイルトン・セナは言った 「極限からの努力しかない。人間は極限までの努力は誰にでもできる

記事を読む

考えたら でた

昨日の日記では 考えたことを書いた そして時間があるとまた考える 自分の特技はなんだ 長所はなんだ

記事を読む

毎日書いているブログのネタはどこから生まれてくるのか?

プロローグ Aさん「島さん、毎日ブログ更新してまめやね~」 僕「はい、豆屋ですから」って、しょー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑