*

深夜と早朝の境目

公開日: : 日々他愛のないこと

 高槻店をオープンさせてから あまり熟睡ができていない
寝るとき以外 いや寝ているときも仕事のことを考えてしまう

でもこれは自分で経営者の道を選んだのだから
それを後悔したり 嫌だとは思っていない

夜中にふと目が覚めて 明日のしなければならない
重要な仕事のことが頭によぎると
もうそこから眠れない
あーするべきか こーするべきか
考えればいよいよ眠れない

深夜と早朝の境目 僕は新聞配達の単車のあの音
カブの音を聞くと いよいよ朝がくるのか
と思ってしまう

あと少しで起きなければ と思う
起床1時間前からものすごく眠くなるのは
なんでなんだろう

僕がもらったクリスマスプレゼントは
娘の寝顔

布団の中で仕事のことを考えていても
娘の寝ている顔を見ると
安心し勇気をもらえる
さぁ 今日もゆこう! と

1日はやいハッピーメリークリスマス
よいクリスマスを

焙煎アーティスト 島 規之

12月29日30日月曜日は岡町本店営業します
12月31日高槻店営業します

写真は娘へのクリスマスプレゼント
最近 テレビを見て少しダンスをするようになりました 笑


The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

おはぎ

  慌ただしくて 頭の中がわやくちゃな島です こんばんは 近所にある 有名なおはぎやさん 

記事を読む

no image

もうちょい

 もうちょいちょいです 平日は高槻のカフェBeの運営を 日曜日は岡町で島珈琲の営業を 今の

記事を読む

チェンジ!

 ということで チェンジしました 車が故障してしまい しかも他の箇所をなおしたトタンの故障

記事を読む

良い習慣は人生を豊かにする

今朝 高槻店で荷物を積んで岡町本店に来るときは 寒いくらいでしたが 日中は暑く ここは外国か?と

記事を読む

no image

レ点

 なぜ レ点なのか? どうしてチェックはレ点になったんだろうか? 他愛のないことが気になっ

記事を読む

no image

ようめき

最近 娘の夜鳴きならぬ 夜うめきが活発だ娘はもうすぐ1歳になります娘が暑がりなのか それとも赤ちゃん

記事を読む

no image

さて明日は

明日は祭日の月曜日   島珈琲 ならびにカフェBe店も全店 休業となります 僕にとっても久々のお休み

記事を読む

no image

さくせん会議

 昨日 深夜にいたるまでさくせん会議をしていました 9月11日にまたカフェBeでコンサート

記事を読む

しまこーひー合宿へ行く!の巻

この歳で 合宿というものに参加できるとは 思っていませんでした 自分の中では しかし ずっと前から 

記事を読む

楽しい気持ちは伝播して、良い結果を生み出す

プロローグ 僕はおかげ様でコーヒーのことという、好きなことを仕事にさせて頂き、趣味なのか仕事なのか

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑