*

この袋は幸せを詰めるためにある

プロローグ

それは携帯のメモにあった言葉。どんな事を思ってメモしたのか、きっとふと思いついたキャッチコピーだったのでは?と記憶をたどっていますがうまく思い出せません。

 

昨日、ブログのネタが浮かんだのでその言葉をメモしていたら、何気なくタイトルの言葉が目につきました。
そして今日もその言葉が目についたので、なんだかこのことをブログ記事にしたくなりました。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

この袋に香りと幸せを詰めることが僕の仕事

コーヒーがコーヒー焙煎が大好きで、そしてそれをありがとうと言って感謝されることが僕の生き甲斐で、とても楽しい毎日を過ごさせてもらっているのは、お客さまがいるからこそと毎日感謝しております。

 

モノが溢れている今の日本、コーヒー豆を買おうと思えばどこでだって買えるわけです。インターネットでもスーパーでも、コンビニでも。でも、そんな中わざわざ島珈琲を選び、お店に足を運んで頂いたり、わざわざメールやネットでご注文を頂いております。

 

何度かブログに書いたことのあることなんですが、昔、あるお客さまとお話をしていました。僕がお店の売上げを少しでも上げたいという下心から、「紅茶とかお菓子とかそいうのも販売しようかなーって思っているんです。」と。

 

その時の言葉が大事にする言葉のひとつになりました

「島さん、あのね。島さんがコーヒー豆だけを一所懸命やってはるから買いにくるねんで。紅茶とかそんなん置かんといてほしいわ。」

この時「そうか、お客さまはプライドを持って島珈琲に足を運ばれているんだ。」

 

お客さまのプライドに応えるのが僕の仕事なんだと。
最近、いろんな仕事のご依頼を受けるようになりました。その時に思うこと、「この仕事を受けることによって、うちのお客さんが喜んでくれるだろうか?」それをひとつの物差しにしています。

 

ご依頼の仕事で誰かの笑顔が見えた時、僕は「よし、やろう。」と思います。
逆におぼろげで僕の心に誰かの笑顔が見えないときは、丁寧にお断りするようにしています。

 

先日のセミナーで学んだ僕にどんぴしゃな言葉がありました。
お客さまに「いかに売るか」ではなく「いかに役立つか」 これが僕のひとつの指針です。

 

エピローグ

そんなプライドを持って島珈琲に来てくださるお客さまに僕がお返しできることは、そう、
このコーヒーの豆袋に愛情と幸せを詰めること だと。

 

気障で月並みな言葉だけど、大好きなコーヒーを通じて僕しかできない愛情をここに詰めることが僕の仕事だと思ってます。

 

IMG_6514

 

携帯のメモを見て思ったことでした。
今日のブログはお客さまへのお礼だね。いつも感謝しています。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

凱旋!島珈琲のコーヒーセミナーは、こんな感じでした!

プロローグ 昨日は高槻・上牧にある二十四節記さんの中にあるイタリアンレストラン リストランテ・コン

記事を読む

ダンパー

 僕の使う焙煎機にはダンパー すなわち排気風量を調節し 釜の中の熱をコントロールし 温度上

記事を読む

no image

相棒の復活

 施設利用者で カフェで実習というか お手伝いをしてくれている 田中くんが 今日 復活した

記事を読む

no image

父の日

父の日ギフトもたくさん御用意させて頂きまして ご注文頂きましたお客様 ほんとうにありがとうございま

記事を読む

ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん回る方も好きです)  

記事を読む

no image

な~んでか?

 このタイトルから 堺すすむさんの「なんでかフラメンコ」を思い出す人は 何人いるだろう?

記事を読む

今日から20周年に向かって

この季節は別れの季節でもありますよね。 転勤などで長年通ってくださったお客さんとの別れ、昨日はありま

記事を読む

ある失敗をしてから心に決めました 売り込みはしないと

プロローグ 先日、島珈琲をお使い頂いている茨木市松ヶ本町にある美容室ヘアーポテンシャルNOAHさま

記事を読む

類は友を呼ぶ

 今日は見山の郷さんに出向き 原田店長とお会いしてきました 4月に行われるイベント 「第2

記事を読む

でた!

 でた! というよりも出来た 昨日 「cafe Be」の看板 これで目立つはずだ! 今日 

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑