*

おおきに ありがとう

公開日: : 感謝!!

 先日 お客様に 
「島さんのご出身は京都ですか?」と聞かれた
はて?と思い 「バリバリの大阪です!」と答え 
「なんでですか?」と問い返すと
「おおきにの発音が京都っぽいんです」と
そう言われればそうかもしれない
幼い時から千林商店街の商売人さんの「おおきに」を
聞いて育ってきているので
あきらかに大阪的 おおきに のイントネーションではない
ではなぜなのか?
それは 自分でもわからない オーマイゴット!
ただ ひとつ 僕の感謝のおもいとして
お帰りの際 お客様の背中に向かい
「おおきに ありがとうございます」と言いおじきをしている
言葉は違うが 両方とも感謝の言葉で
お客様に1回で2回分の感謝を言い表すことができる
この一連の言葉のイントネーションがたぶん
京都っぽい おおきに の発音が自分にとって言いやすかった
からだと思う
今日も おおきに ありがとうございます!
今日はとなりの花屋の花LIVEさんにお花を頂きました
島珈琲 大人気商品
コーヒーシロップ&カフェラテ小町の発送 承ります!
くわしくはこちら!
http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1031
  

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

連休明けは九州上陸!

 ということ 以前にここで書きました 島珈琲九州熊本進出 決定しました ありがたい話です

記事を読む

no image

ただほど怖いものは・・・

 メガネのあれ なんちゅーの? レンズとレンズをつなぐブリッジについてある 鼻へのあてがい

記事を読む

お客様の声

  先日購入した無糖のコーヒーシロップ、 糖尿病でかなり食事制限のある母が、 とても喜んで

記事を読む

先程 帰阪しました

 とりあえず無事帰阪しました とってもいろいろ収穫のあった熊本出張でした ありさスーパーの

記事を読む

no image

成長の軌跡

 ブログのアクセス数見ていると やはりセンセーショナルなタイトルの方が アクセス数は伸びる

記事を読む

no image

時間が解決していくもの

 時間しか解決できないものが この世にはたくさんあると思う 日記では あまり障がい持った方

記事を読む

商は笑なり

明けましておめでとうございます 本年もよろしく御願い致します 皆様がこの一年 健康でハッピーであり

記事を読む

母親の様な気持ち

 母親の様な気持ちで嬉しくてたまりません。 お互い優しい心を忘れずに助け合って長く長く暮ら

記事を読む

それいけ!島珈琲カン!

先日からお伝えしている島珈琲カンの流れのお話。   島珈琲カンとは、大阪製缶さ

記事を読む

あの芸能人は深い「愛」を持った方だった

今日は急ぎの案件があって、昨日のあの芸能人と行く東京コーヒーツアーの詳細を書きたかったのですが、改め

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑