*

障がい者支援施設

公開日: : 日々他愛のないこと

 

で カフェを経営しているのだから
普通のカフェでは経験できないことを
僕はしたり見たりしていると思う
最初は正直ここでお商売になるのだろうか?
不安との闘いでした
障がい者支援施設のレストランホールの一部を使い
カフェを運営しているカフェBe
福祉を知らなかった僕は戸惑いの連続であった
今日お客さまとお話しをしていて
施設のことを問われ
「僕は福祉のことをまるで知らない人間なんです」
と言い
そして
「福祉については勉強しようかと思いましたがやめました
専門の方はすぐそばにいるので その方がたに頼ればいいわけで
僕は僕という一人の人間として彼らに接することに決めました」

正しくはないかもしれないが 間違いでもないと思っている
今日 短期入所の利用者さんと晩ご飯を一緒に食べていたら
利用者さんの一人がキャベツを最後まで食べれずに
突然パニックを起こした
僕は頭突きを数発くらってしまった(全然痛くなかったですので大丈夫です)
止める職員さんは大変だ
その職員さんも頭突きを数発くらっていた
それがどうのこうのいうのでなく 
なんて大変な職業なんだろうと 
この職業をしている人が偉くおもえた
以上 
利用者さんとは仲良くやってます 時に励ましてももらっています
ただ 自分の中でなんとなく今日あったことを書き留めておきたかったんです

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

喫茶のオーダーストップが17時なこと

高槻店の喫茶部 オーダーストップは17時です17時以降19時までは豆販売 物販販売のみになっておりま

記事を読む

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

がんこガンコ頑固

 最近 ブログのネタを 経営者の言葉というアプリから頂いている こまったときの・・・だ と

記事を読む

no image

にっか

 しばらく前から カフェBeがある施設からパソコンを貸してもらえるようになったので 時間が

記事を読む

なんでやねん!

 と 自分に突っ込みをいれたくなるくらい 写真を撮る というクセがない 昨日はお昼頃に有馬

記事を読む

たちあげるよ

こんにちは 梅雨に入ったものの 梅雨らしくない6月 皆様はいかがお過ごしでしょうか? さて 今週もい

記事を読む

実はこんなに ちっちゃいの

 何を隠そう バカ正直なので何も隠せないけど こう見えて小心者です 人差し指と親指をあわせ

記事を読む

来週は加賀温泉駅へゴーゴー

最近 岡町本店へ 岡山や舞鶴など遠方からわざわざ お越し頂くお客様が多く とっても感無量でうれしい島

記事を読む

アップルミント

 を お店の前の花壇で育てている とてもいい香りだ 僕の夢の最後は田舎で 畑をしながらコー

記事を読む

真正直

  ど真ん中な人間というか 真正直な人間というか 嘘をつくことが苦手で なんでも本当のこと

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑