*

クレームと慣れ

公開日: : 日々他愛のないこと

 平日のお仕事はクレーム処理をしていると何度か書いた
現場にいてものを見たわけではないが そのクレーム品が
どのような状態でどんな経過を経てそうなったのか
ネタを聞いて整理しある程度勝手に想像してから
電話をかけ先方様に謝る
クレーム処理について 大事なことは
スピード その問題にたいし すぐに電話をかけること 待たせない
相手の話を聞き とにかく素直になり 謝る
あとは誠意 でしょうか?
クレーム処理の仕事が入ってくるとやっぱりため息がでてしまう
またか?と
一人一人があと少しだけ気をつけていればいい話なんだけど
簡単に見えて簡単な話じゃあない
ところが慣れというのは怖いもんで クレームに対して動じなくなってきた
もちろんクレームはあってはならないことだけど 慣れはおそろしいなぁ
と感じたり
自分でも時々何をしゃべってるのか 受話器を持ちながら
わからなくなるときもあるのですが なんとなく話がまとまって
仕事上がりの時間にはたいてい片づくようになってきた
クレームの処理を残して帰るのは しかたないとはいえ
のど元に骨がささったような感じがして すっきりしないからね
こんな体験から自分はクレームのない仕事を心がけようと思っています
日々 確認 にんにん  じゃあねピース

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

高い次元をめざせ!

 トータルパーソンを目指してトータルパーソンとはあるべき人間像として知性と精神性を高い次元

記事を読む

お店の看板だって繋がりの時代になった

プロ野球が好きな方は、投手が分業制になっているのはご存じのことですね。 先発・中継ぎ・セットアッパ

記事を読む

深夜と早朝の境目

 高槻店をオープンさせてから あまり熟睡ができていない寝るとき以外 いや寝ているときも仕事

記事を読む

ブログ

このブログを続けて 1200と六十数回の記事になりました 最初のころは20件くらいのアクセス数しかあ

記事を読む

今一度

 神は自分に背負えるだけの荷物しかお与えにならない と なにかに書いてあった 難しいなぁ~

記事を読む

no image

夏のおとずれ

 蒸し暑い一日 耳を澄ませば 蝉が鳴いていた 今年はじめて聞いた鳴き声 今年も夏が来たと

記事を読む

no image

ランランラン・・・

 長渕剛の歌に「run」というのがあった ランランラン・・ ということで 何が 「というこ

記事を読む

こつこつと学ぶ 相手を理解すること 

今朝は起きると少し蒸し暑く 涼しかった朝の空気が 夏に1歩後退し 秋を少し遠ざけるような 気温で

記事を読む

自分らしく生きるって何?

プロローグ 昨晩、お風呂の中でまた考えてしまった。 「自分らしく生きるってなんだろ?」これは禅問

記事を読む

メガネ派

 メガネ派である どーもコンタクトが怖くてできない で 行きつけのメガネ屋さんがある 今日

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑