*

俺が死ぬときはコーヒーに溺れて沈むときだ!

公開日: : 感謝!!, 焙煎アーティスト

プロローグ

コーヒーが好きです。
掘り下げるなら、コーヒーの焙煎が大好きです。
機械とにらめっこしているだけに近いですが、コーヒー豆がシャカシャカと焙煎機のドラムの中で音をたて、水分が徐々に抜けていくとその音はだんだんと堅い音から柔らかい音に変化していく。

 

やがて1番目の爆ぜが来て、パンパンとはじけていく。

 

頃合いが来るとテストスプーンで焙煎中の豆を取り出して、目と香りでコーヒー豆の状況をみる。
100回に1回くらい、いや1000回に1回くらいかな、この取り出したコーヒーの香りが予期せぬくらい抜群な時がある。焙煎士の冥利に尽きる時。幸せです。この幸せを皆さんにも届けたい、焙煎しながらそなことを思っています。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_4794

 

できれば

自分の死を迎えるときは焙煎の作業を終了して、バタッと倒れて救急車に運ばれてジエンド そんな終わり方ができたら最高だなぁ~なんて嫁に話しています ほんとにコーヒー馬鹿だよね 自分でも思います。笑

 

僕は独立することが夢だったんです。独立するならなんだろ、そこが始まりだった。そうだ喫茶店だ!と思ってから、そうこうしているとコーヒーの焙煎に出会い、ドボドボとはまっていった。

 

美味しいコーヒーを作ることに夢中になった。美味しいコーヒーをどうしたら焙煎できるのかいろいろ勉強した。そして気づいたらお店をだしていた。

 

お店を出したことが大いなる勉強の始まりだった

なんせ経営とかよくわからない。美味しいモノを販売していたら、自動的に成功すると思ってたけど、そうは問屋が卸すわけがない。

ここからが本当の勉強のはじまりだった。
技術的なこともそう、お店の経営のこともそう、とにかくお金がないのでお金がないなりにできる限りのことをしてみた。

 

そしておぼろげながら分かってきたこと、お店というのは商品や丹精込めて創られたもので
「人の幸せに貢献すること」

 

これが簡単なようで難しい。
美味しいモノをつくる これだけでは作り手の自己満足だと思うんです。その美味しいモノを手にした方が暮らしの中でどんな幸せを手に入れることができるか、それを愛を込め伝えることがお商売の真骨頂ではないのか。
現時点ではそう思ってます。

 

エピローグ

ほんとに死ぬまで勉強ですよね、勉強に終わりはない。僕のコーヒーで島珈琲ファンの皆様へ 暮らしの中でどんなささやな幸せをご提供できるか これは永遠のテーマであり、永遠に突き詰めてくところなのです。

 

ありがとうございます 島珈琲は明日 開業13周年を迎えることができます。

たくさんの方々へ  心から おかげ様です。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

1周年

 毎日毎日僕らはてっぱんの~ まいにちまいにち お酒をの量を減らさなければ・・・ と思いな

記事を読む

no image

1ヶ月

 オープンしてから1ヶ月とちょいちょいが過ぎました 御陰様でだいぶペースをつかめてきました

記事を読む

no image

今日は満点

 いやぁ 今日はなんかいい一日だった 朝一番から清水養鶏場の清水さんとお会いし  とっても

記事を読む

エスプレッソへの心構え

 先日 エスプレッソセミナーに出席してから エスプレッソへの心構えに少し変化を生じている

記事を読む

ROUTE271の船井さん

 日曜日は早朝に高槻店で車にコーヒー関係の荷物を積み カフェBe店によって事務処理の仕事を

記事を読む

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~

記事を読む

どんなふうにできるの?コーヒーシロップ180リッター分、仕込みの流れとは!

プロローグ 今朝はコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎でした。 仕込み焙煎=コーヒー豆を工場で加

記事を読む

no image

ちゃんと・・・

 お客様に「ちゃんとやすんでくださいよ」 と声をかけていただきます 嬉しくて涙がでそうです

記事を読む

ハンドボールじゃないよ ハンドピックだよ

プロローグ コーヒーはコーヒーノキの種子で、つまり農産物です。当然収穫の時には、未成熟の豆や、異物

記事を読む

どうして僕がグァテマラコーヒーにこだわるのか?

プロローグ 島珈琲のメニューなどに「僕が最もこだわるコーヒー」とグァテマラのコメント欄に書いており

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑