*

38キロ付近

公開日: : 感謝!!

 みんなどうかは別にして マラソンしていると35キロ地点から
急激にしんどくなる
たぶん ゴールはそこだ という安堵感からくるものかもしれない
ありがとう祭りまであとわずか
マラソンで例えるなら38キロ付近だと思う
明日 午後はコーヒー教室をおこないます 参加者は10名様
10名様なので実技のほうはあまりできなさそうなので
トークメインになりそうです
トークは苦手なんです が 喜ぶ顔がみたいから 明日は頑張ります
実は午前もコーヒー教室 というよりも レッスンです
四季菜フレンチさん  http://saison-soleil.jp/
のホールマネージャーのKさんが デザインカプチーノを教えてほしいと
僕はまだまだひよっこの腕前ですが マネージャーの熱意
お客様に喜んでもらいたい そんな想いひしひしと伝わってきましたので
ハードなスケジュールですが 快く引き受けることにしました
やっぱり人を動かすのは 熱意だ!大切なのは熱意だ!
ありがとう祭りの段取りや発注などで アップアップしていますが
ここからラストスパートします!
火事場のくそ力じゃー!うぉりゃー!
(明日 教室をしている時間は優秀なカフェBeのスタッフ達がお店を営業してくれていますので
耳をダンボにしながらでもかまいませんので いつも通りゆっくりおくつろぎくださいね♪ )
ありがとう祭りは 今週土曜日 23日です みんな来てね♪

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

お客様のプライド

 島珈琲が コーヒー豆専門店 で生きていこうと決定づけたことが10年前にあったあるたった一

記事を読む

世界チャンピオンが夢だった

プロローグ 12月に入る前から一気に助走を付け、繁忙期がやってきた島珈琲です。 今までなら、努力

記事を読む

まころ企画の牧田さん

  まころ企画 代表の牧田さん そうです ご存じの方もおられますが 島珈琲のホームページを

記事を読む

歳を重ねて笑顔の大事さを知る

プロローグ ゴールデンウィークも今日が最終日の方も多いでしょうか。今週は月曜日の休みを返上してお仕

記事を読む

作る時の気持ちって大事

美味しく作る、最強のコツはそのことを楽しむこと。 美味しくなれ、と愛情を込めること。 &nb

記事を読む

no image

ごめんなちゃいな

 そんなふざけた謝り方はしませんが 先日 お客様に深々と頭をさげ謝りました 7月の後半 僕

記事を読む

雨上がりの夜空に

 どうしたんだい HEY HEY BABY 7年間 愛用したシーラーが壊れてしまった あと

記事を読む

たくさん言えば幸せになるかも

 今日もたくさんの ありがとうございます が言えました うれしい限りです 幸福感でいっぱい

記事を読む

とんですのまた

 いってまいりました 墨俣へ 岐阜は墨俣 サンタの創庫さんがはじめられた 産直 めっさ の

記事を読む

高槻店 1周年でした

 昨日 11月21日は 高槻店の1周年でした感謝と言う言葉しか表現しようがありませんおかげ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の炭酸ガスとは何ぞや

コーヒーの粉をドリッパーにセットし、お湯を落とす、ドリップをする。

「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業す

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

→もっと見る

PAGE TOP ↑