*

カフェBeで月替わりのオリジナルブレンド 始まりました!

公開日: : cafeBeのこと

変わるということ。
出来れば、変わらず今のままで日々が流れて行けば、今まで通りでラクチンですよね。

 

しかし、日々は変わって行き、季節は巡り、スマホはアップデートしていくわけで、どんどん変化をしていくわけです。

 

ダーウィンは進化論でこんなことを言っていたはずです。
強いものが生き残るのではなく、変化に対応できたものが生き残れると。

 

ネアンデルタール人とホモサピエンス、ネアンデルタール人は話すことはできなかったが肉体的には強靭であった、しかし生き残ることができなかった。
一方、ホモサピエンスは話すことを選択し、リスクを取り、伝えることが発達して、生き残ることができた。

 

ホモサピエンスは人の先祖だね。
変化を厭わない、人も成長そして深化するためには変化を受け入れることが大事、と思っております。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

カフェBeも変化していきます!

 

先日、スタッフミーティングでカフェBeでも、月替わりのブレンドを提供したい、という意見がスタッフからでました。
嬉しいですね、ではすぐにやりましょうということで4月から始まりました。

 

4月のカフェBeオリジナルブレンドは「Avril」アヴリル。
アヴリルとはフランス語の4月という意味です。
ネーミングはスタッフにお任せしましたので、来月は何か名前に思いがあるのか、聞いておきますね 笑

 

ブレンドの内容と、ポップの紹介文は僕が構成。
ブレンドは春らしいさっぱりとした中焙煎=中煎りの優しくあったかい酸味と甘みがあるブレンド。
飲みやすく、軽めの味わい。

 

僕のイメージでは、なんとなく、菜の花畑のような感じです。(余計わからんわ! 笑)

 

カフェBeも島珈琲もどんどん挑戦します

 

変化することは、大変エネルギーが必要です。
そのエネルギー必要だからこそ、変わることが億劫になってしまいますが、生き残ろうと思えば変化を受け入れること。

 

応援してくださる、お客さんのためにお店を続けていくことが、お店の使命。
お客さんのために変化をしていく。

 

変化するところは柔軟に変化し、変わらないところは変えない、その分別と心のバックボーンを持って、お店として存在していきたい、そう思ってます。

 

カフェBeはこの5月12日で10周年を迎えます。
オープン当初、一体どうなるのだろう、と不安を持ちながらホールに立っていましたが、おかげ様でその日を迎えることができそうです。

 

支えてくれている応援してくれている人に感謝、そしてこれからも変化に柔軟に。
ということで、今日は高槻店は臨時休業です。
今から入学式に行ってきます!アディオスアミーゴ!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

記事はありませんでした

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

成功は失敗のもと

ブログのリニューアルを進めています。 このブログもSSL化いわゆるht

→もっと見る

PAGE TOP ↑