*

島珈琲は今日で開業16周年です ありがとうございます

公開日: : 感謝!!

2002年3月29日に島珈琲を開業しました。
もうあれから16年の月日が流れました。

 

島珈琲のスタートは岡町本店から。
現在は日曜日だけの営業になっていますが、開業当時は月曜日を定休日にして、週6日の営業でした。

 

当時から来てくださるお客さんのお子さんが、初めはベビーカーに乗ってお店に来てたのに、今や高校生や大学生になって時の流れの速さにびっくりしています。

 

自分も同じだけの時を過ごしているはずなのですが、目に見えた成長を見ると、時間の経過を急速なまでに感じてしまいますよね。

 

ありがとうございます。
おかげ様です、本日16周年を迎えました。

 

今は20周年を目指して、野球のバッターで例えるならホームランを狙いにいくのではなく、バットを短く持ってボールを確実にミートし塁にでる、僕の今までのスタイルを変えることなく、そこへ向かって行きたいと思っております。

 

 

 

批判はされるもの

 

お店をしていると必ず評価と向き合わないといけません。
特に「味わい」を表現しているお店、飲食店では美味しさや接客サービスなど、いろんなことで評価されています、自分の知らないところででも。

 

インターネットやSNSが普及して、その評価も可視化できるようになり、口コミというのが時代とともに変化してきています。

 

良いことを書いてくれていることもあれば、逆に目を閉じたくなる評価もあります。
特に飲食の場合は、人それぞれに好みや嗜好があるので、その人の美味しいの基準で判断されます。

 

なので僕が最高に美味しいと思っていても、それが口に合わない人だっているわけです。

 

中にはそうした嗜好に合わないことを、書いている方もおられます。
ネットなどで書かれていると見ることが出来るので、当然、見ると気分は良くありません。

 

これはどんなに精神的に強そうに見える人にでも言える事ですが、人の内面というのはどんな人も傷つきやすくデリケートものだと僕は考えています。

精神的に強くはありませんが、僕も人の子なので、そんな事書かれていたらへこんだりしております。

 

でも大事なのは、美味しいと評価してくれる人は何人いるかということ

 

もし、その良くない評価を書いた人がいたら、とします。
お店をやっている人なら気を悪くしますし、傷つきますよね、真剣にやっていれば。

 

人間ってたった一つの悪口に、足を取られてしまうものなんです。

 

でもね、今回はここからのことが言いたくてこの話を書いてます。

 

あなたを良い評価してくれている人は周りにどれだけいますか?ということなんです。

 

悪いように言う、書いているのは、たった一人?もしくは数人?

 

僕の周りを見渡せば、美味しいと、いろいろな良い評価してくれる人はそれ以上、もっともっといます。
あなたの周りはどうでしょうか?

 

わずか数人の良くない感想に足を引っ張られ、気持ちはそちらに傾いてしまい勝ちですが、そんな時は自分を評価してくれる人がどれだけいるか、その人の顔を思い浮かべてみること、そして悪い評価に注力するのではなく、大事にしてくれる人に注力すること、これが大事だなぁなんて思ってます。

 

これはお店のことだけではなく、人生においても大事なことだと思ってます。
大事な人を思い浮かべながらお店をする。
16年やってきて今そんなことを思っています。

 

大切にするから大切にされる、大切にされるから大切にする、この輪を少しずつでも広げていけるように、これからも愛情込めて焙煎しますね。

 

ということで、1年1年が大事、島珈琲はいつも「ふるい」にかけられていると思いながら、いつも危機感を忘れずに物事にトライし、島珈琲ファンの笑顔や喜ぶ顔を見るために努力したいと思ってます!

 

いつもほんとうにありがとうございます!

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ミノルタ

 実ほど 頭(こうべ)をたれる 稲穂かな 昨日 船井総研の白川さんと打ち合わせしているとき

記事を読む

聞くちから

 昨日 なぜかふとアルベルトのことを想い出した12年前 僕がハワイ島にコーヒー栽培のお仕事

記事を読む

明日という日

明日は明るい日 そうです 明日で 島は36才になってしまいます うっかりしてたら こんな歳になってし

記事を読む

コーヒーのようなブログでありたい

昨日は完全休養を頂きまして 夕方には家族で公園に行き 娘を思いきり遊ばせてきました 阪急電車が芥川

記事を読む

no image

ニワトリカ?タマゴカ?イヤ オレイガサキダ!

 明日のカフェBeの開店時間は 午前10時からとさせて頂きます 明日はイベントで販売するの

記事を読む

連日のK点越え

 ブログのアクセス数が多いモノをピックアップしてアクセス数が多い記事がでれば島珈琲のホーム

記事を読む

no image

バーテンダーが夢だった

 一時期 本気でバーテンダーになろうと思ったことがあった コーヒーを捨てるのでなく 将来二

記事を読む

no image

サンキュー!サンクス!ありがとう!

さて 昨日は卒業した小学校が廃校になるということで その小学校で12期生の同窓会があり出席してきまし

記事を読む

no image

忙しい

 休みの少ない毎日を過ごし 「忙しい」を理由になかなか友人に会えないけども 今日は時間差で

記事を読む

弱者の戦略

 きた 今日はたくさんのお客様においで頂きました ありがとうございます 今日はコーヒー教室

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑