*

コーヒーの味わいにおける「フルーティ」とは、なんぞや

昨晩は業務終了後、高槻センター街にあるフレンチレストラン、四季菜フレンチ・ソレイユさんへ用事がありお伺いしました。

 

四季菜フレンチ・ソレイユの矢田オーナーシェフとは、もう8年くらいのお付き合いで、カフェBeに在駐している時からになります。

 

障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクトのメンバーでもあり、今後の活動について少しアドバイスを頂きました。

 

こうした活動からも学びを得るチャンスが沢山あり、動いて良かったなぁと思っております。
まだまだこれからですけどね。

 

このプロジェクトチームが広域にも動いていけるように、年内に一つのカタチができたらなぁと思ってます。
頑張ります。

 

今晩も業務終了後、高槻北園町にある同じくこのプロジェクトのメンバーである、パティスリーアンシャンテさんに行き、少しお話をしてきますね。

 

四季菜フレンチ・ソレイユさんのHPはこちら
https://shikisaifrenchsoleil.owst.jp/

 

パティスリーアンシャンテさんのHPはこちら
http://www.patisserie-enchante.com/

 

では、いつもながらの寄り道のお話が終わって、本題にまいりますね。

 

コーヒーの味わいにおける「フルーティ」とは、なんぞや

 

コーヒーの味わいを表現する言葉のひとつに「フルーティ」という言葉があります。
コーヒーがフルーティと聞いてどう思われますか?

 

今の若い方はあまり違和感はないと思いますが、僕と同世代(僕は今年43歳です)、もしくは上の世代の方はコーヒーがフルーティとは、ちょっと理解し難い言葉かもしれません。

 

コーヒーの中にフルーティが存在していることが、ちょっとイメージ沸きにくいかもしれませんね。

 

ではこれはいかがでしょうか。
日本酒の大吟醸や地酒のもの。

 

とっても透明感ある味わいに、フルーティさを感じるモノもありますよね。
その味わいには甘さがあったり、そして辛さもあったり。

 

でも日本酒ってお米からですよね。
ビールだって時々フルーティな味わいを感じるモノがありますが、ビールの原材料は麦芽からですよね。

 

この二つには、フルーティの源であるフルーツは基本、関わっていないですよね。

 

なのになぜフルーティなのか。
僕はそれは発酵が関係していて、発酵の段階でフルーティさの味わいが出てくるのだと思ってます

 

 

 

コーヒーはそもそも果実のタネ

 

なので、フルーティな要素をもっておかしくはないのですね、コーヒーは。

 

ですが、更にフルーティな要素をもったコーヒーが現在、増えています。
産地ではいろんな精製法があるのですが、特に現在、発酵のさせ方は昔よりも技術が進歩しています。

 

それにより、よりフルーティな味わいのコーヒーが多くなったように感じております。

フルーティを感じるには、コーヒーの中にあるフルーティな味わいを意識してみることからが、まずスタートになります。

 

もちろんあまり感じないものもあるわけで、できれば誰かと一緒に飲みながら、これどんな味わいがするかなぁと、味わいの例えあいをするのもの面白いかも知れません。

 

ハナからないと思えば感じないですし、あるかも知れないと思えばキャッチできるかもしれません。

 

とりあえず感じてみるために、「フルーティ」を意識をしてみてください。
そうして感じることができればコーヒーの世界も、楽しさも増えるのかと思っています。

 

あなたのコーヒーライフ、更に楽しんでくださいね。
それでは、このへんで。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆を粉にして購入した時、開封しなくても冷凍庫に保存すること!

プロローグ 僕はツイッターをしておりまして、日に4回くらいツィートをしています。 決めないと出来

記事を読む

再販開始です!スコットブレンド・ドリップバッグ2グラム増えました

明日10月18日水曜日は、高槻店臨時休業します。   そうです、あの芸能人こと

記事を読む

コーヒーの美味しい飲み方講座

さぁ今日はここで美味しいコーヒーの飲み方講座を 行いましょう! 美味しいコーヒーの飲み方のコツ それ

記事を読む

島珈琲の味わいをスポーツで例えるとこうなる

プロローグ コーヒーの味わいをつくる。 これは本当に伝えにくいのですが、家庭の料理ならガスコンロ

記事を読む

コーヒーメーカーを長持ちさせるために 守って欲しい大事なこと

プロローグ 先日 お客様に「島さんはほんとにコーヒーが大好きなんですね」 と言われました 好きな

記事を読む

コーヒーの種類、どれを選べばいいの?世界旅行を楽しむ気分で選ぶのはどうでしょうか

プロローグ コーヒーの生産国、いろんな産地のコーヒーがありますが、あなたはどの国のコーヒーがお好き

記事を読む

容量の分からないカップに、適量のコーヒーの粉を知る方法

昨日は高槻店終了後、10月1日に高槻芥川町にオープンする、セレクトショップ&カフェ テマヒマ

記事を読む

カフェにおけるコーヒーマシンとハンドドリップの抽出、どっちが美味しいの?

最近、ありがたいことにカフェやレストランで使うコーヒーを島珈琲のコーヒー豆で、と言って下さるシェフや

記事を読む

これを知っていれば安心 初めてのコーヒー専門店でコーヒー豆を買うとき応用できる3つのこと

プロローグ コーヒー豆専門店を13年させてもらっていますが どうしても敷居が高く感じられているよう

記事を読む

エスプレッソの超細挽きの粉でドリップした結果

プロローグ エスプレッソは超細挽きのコーヒーの粉を使い、マシンですと30秒くらいで60CCの濃いコ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑