*

突如 スランプに見舞われたらどう対応するのか

公開日: : 日々他愛のないこと, 日記

僕の場合はブログを毎日更新しているわけではなく、月曜日、自身のお休みの日と共に、ブログもお休みの日とさせてもらってます。
(月曜日は過去ブログ記事をSNSで投稿しております。)

 

ですので「ほぼ」と付け加えて、毎日更新してますとお伝えしてます。

 

こうしてブログを書き続けてどれくらい書いたのか。
これ以前にも他のところでブログを書いてたり、ブログだけではなくHTMLのプログラムで昔は作ってアップしたので、正直、通算の書いた記事の総数はよく分かりません。

 

こうして10年以上書き続けても、突如、ブログが書く気がなんかのらない、という1日単位のものではなく、しばらく続く、時には最長で1ヶ月くらいの長い期間に起こることがあります。

 

そう、それはスランプ。

 

アメリカ大統領は?それはトランプ。

 

スランプに見舞われることは1年の中で1度くらいあります。

 

そんな時、どうしているのか。
を今回はつらつらと。

 

そう今まさに、その1年に1度のスランプに入った様子なのです。(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

1,惰性で続ける

 

スランプに入ると、まず書く内容を探すのに時間がかかるようになります。
スランプでない時は、ブログを書く寸前でも書くことがパッとでてくるのですが、スランプの時はだらだらとなかなか書く記事、内容が思いつきません。

 

やっと書き始めても、なんかこう自分の中では文がパッとしないのですね。

 

やめたらいいじゃないか、休んだらいいじゃないか、という声も聞こえてきますが、いいえ、自分がやると決めたことですから続けます。

 

惰性でも良いからとりあえず書く、でも書くときは手抜きはしない、そんな感じです。

 

そんな時、自分に言い聞かせるのは、プロ野球のバッターでも10打数に2本か3本かしかヒットがでないじゃないか。
仮に自分の中でそのブログ内容がヒットでなくとも、せめてヒット性の当たりを狙うが如くの文を書く、そんな心構えでおります。

 

いずれ晴れる

 

そうしてそんな意識で書き続けていると、ある日、突然 霧が晴れ、スランプは嘘だったのか、と思うくらいまたすらすら書ける日が来るのです。
ネタもどんどん浮かんで、書きたいこともどんどん浮かんでくる。

 

ブログだけではなく、どんな物事も好不調はつきものです。

 

不調の時に休むのもいい。
ただ止まると、次は同じ様に出発できないのでは、という僕には恐怖心もあるので、その手を止めないようにしています。

 

ランナーズハイというか、ランニング中毒に似たようなものかもしれません。
もう一つ例えると禁煙できたのに、うっかり一本吸って元の木阿弥に戻る怖さ、それに似たような恐怖心、かな。
 

恐怖心と継続するという決意を心の中でうまく棲み分けをさせ、バランスを取りながら、だから継続できている、そんな感じかも知れません。

 

見てくれている人には大変申し訳ないことを書いているのかもしれません、惰性で書いているときもあるって、ね。

 

でも継続は誰しも、時に惰性と一緒に住ごしながら、だと思うのです。
ずっと全力じゃフルマラソンは走りきれないでしょ。

 

不必要にもがくことをせず、霧が晴れるその日を待ちながら、出来る限りでその物事に打ち込む、それでいいじゃないかなぁと思うのです。

 

スランプに入ると、いずれ晴れるから、と僕は自分にいつも言い聞かせています。
やけくそになったり腐ったりするのが一番よくない、自分の中で起きた過去のスランプの中で、これを学びました。

 

そう、いずれ晴れるのです。

 

そういうことで。

 

それでは。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

娘にはどう見えたかな

 昨晩から豊中の実家に家族3人で宿泊 今朝は嫁さんと娘が散歩がてら僕にお昼のお弁当を 持っ

記事を読む

時を経てもなお、何度も僕に教えてくれる言葉

昨日は休日。 奥さんとバイクで2人乗りをして、茨木市立キリシタン資料館へ行ってきました。 戦

記事を読む

ひとり歩き

 中学の時 社会の先生がとってもくだらないことをよく言っていたひとつに 朝鮮の歴史の中で高

記事を読む

うつりかわり

 高架下をくぐると そこは幼い頃僕にとって異次元の世界だった 祖母の家に遊びに来ては 祖父

記事を読む

no image

何か書かなければ!

と思いながらこんな時間になってしまった! 自分自身をもっと進歩させ 深化させたい どうすればよいか?

記事を読む

日焼け 水着のあとのような

クリスマスが過ぎると一気にお正月準備モードですねと書いてからお店がばたばたーと忙しくなって書こうと思

記事を読む

慢心

高槻店のお客様で、もうすぐセレクトショップ&カフェを出店される方がおられます。 &nb

記事を読む

no image

僕 おこっちゃうよ

 ということで 今日はなにがし理不尽に思えたことがあったので 普段あまり怒りを表現しない僕

記事を読む

テーブルの上のたたかい

昨日 仕事を終えたあと家に帰ると  娘が録画した「おかあさんといっしょ」を見ていた  その中で ぱわ

記事を読む

良い習慣は人生を豊かにする

今朝 高槻店で荷物を積んで岡町本店に来るときは 寒いくらいでしたが 日中は暑く ここは外国か?と

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの正しいやり方  美味しく淹れる方法は?

日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業している僕です。

値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

→もっと見る

PAGE TOP ↑