*

プロでもあるの?味覚を正しくキャッチ出来ないとき

大阪は朝晩がだいぶ涼しくなり、過ごしやすくなってきました。
日中はまだ暑いですが、朝晩が涼しいので耐えられる暑さです。

 

過ごしやすく良い気候になってきました。
娘は運動会の練習を幼稚園でしているようで、かけっこが楽しいとか。

 

最近の運動会では順位を争うことはなくなっているんだそうですね。
個人的な考えですが、運動会の競争って優劣を決めるものではなく、人それぞれの適正を見るところでもあると思うのです。

 

運動の得意なことを運動会などで知ることもあると思うのですね、自分も周りも。

 

小学校の運動会で僕はかけっこが速かったから、友達が「島ちゃんは陸上部やで!」とすすめてくれたのですね。
迷っていた僕は、その言葉で中学校では陸上部に入ろう、と心を決めたのを覚えてます。

 

最近まで(ってだいぶご無沙汰ですが 笑)マラソンをしていましたので、一生といえば大げさだけど、僕にとっては人生における大きな言葉だったのですね、その友達の言葉は。

 

だから運動会での競争がなくなりつつあると聞き、少々寂しく思ってます。

 

って、そんな僕の考えなんて関係ないですね、失礼しました。
まぁとにかく娘は楽しそうに練習をやっているので何よりです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

プロでもあるの?味覚を正しくキャッチ出来ないとき

出だしで500文字も使ってしまいました、本題入ります!

 

高槻店は僕と奥さんと二人でやっています。
奥さんは、週4日、1日3時間半くらいの勤務なので、僕一人で営業している時間は結構長いです。

 

ブレンドの味わいもコーヒーの味わいチェックもほとんどが僕ですが、不安な時はやっぱり奥さんに聞きますね。
この味わいどう思う?と。

 

なぜ不安になるのか、プロだったらいつも味覚はちゃんととれないとダメじゃないか。
そうですね、その通りです。

 

ただ今のように夏から秋へとか、季節が移行するあたりでは、味覚がちょっとブレそうになることあるのですね。

えっ?それは焙煎のせいで?それともコーヒーのせい?

 

まず原因は内側から見ること

昔はこれは焙煎のせいか、と思って、あれやこれや操作方法にメスを入れて味わいを調整しました。
でもどうにもこうにもよくならない。

 

そうして調べていても、何が原因かわからなく迷ってしまい、もうほんと何しているときも焙煎のことを考えて、ノイローゼになるんちゃうかと思うときがありました。

 

でも何かのきっかけで、自分の体調が悪いことに気づいたんです。
体調が悪くて、味覚が正しくキャッチできていないことに気づいたのですね。

 

コーヒーはデリケートなので、体調が悪いと結構味わいに変化を感じるのです。
同じコーヒーで同じ様にドリップしたとしても。

 

季節の変わり目って、身体がだるかったり、イマイチシャッキとしないこともあるじゃないですか。
コーヒーの味覚はそんな体調が芳しくない状態では、味わいの変化を感じさせることがあるのですね。

 

なので、コーヒーの味覚がおかしい、と僕が思った時はまず自分の状態を調べ、心も身体もですね、静かに正常に戻るのを待ちます。

 

プロも人間ですので、味覚がブレることもあります。
ブレを感じたときは、静かに時間に任せて、時間に解決してもらうよう、僕は心がけています。

 

不必要に焦らない。

 

このことから何が言いたいかと言うと、コーヒーは健康だから美味しいと感じるものなのです。
ということで、皆さんに美味しいコーヒーライフを送ってもらいたいので、健康にも気をつけてくださいね!

 

ということをお伝えしたかったお話でした。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップするコーヒーポットを選ぶとき、あったら便利なもの

家に帰ると「とうちゃん、おかえりー!」と4歳の娘がだっこをせがみます。   な

記事を読む

ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ

ドリップコーヒーを美味しく入れたい ドリップコーヒーの味がいつも同じでない 安定しない ドリップコー

記事を読む

深焙煎に向く豆、中焙煎に向く豆、それとも二刀流?

コーヒーの焙煎度合いは一般的に、ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イ

記事を読む

コーヒーの味わいのチェックはどうしているの?

今日、舞鶴のお客さんにお電話をかけ通販のご注文の確認をしたあと、電話の先からこう言われました。

記事を読む

陶器とプラスチック、どっちのドリッパーが良いの?

昨日はお休みで、家族で高槻天神さん 上宮天満宮へお詣りに行ってきました。 上宮天満宮の本殿は小高い

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

ドリップするときのお湯の太さの違いで結果はどうなるの?

もうちょっとです。 僕のコーヒー本、まだかまだかと聞いてくださっている皆様に朗報です。 いよ

記事を読む

中 とか 深 とか そもそもなんなのか?

 そもそもコーヒーの焙煎とは何なのか?コーヒーの焙煎とは コーヒー生豆を火であぶりコーヒー

記事を読む

良いコーヒーの条件とは何?

昨日は東京、狛江にあるエクスマスタジオに行ってきました。 エクスペリエンスマーケティング塾、略して

記事を読む

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

今、25年前のコーヒーの本が教えてくれること

日曜日は高槻店は定休日。   高槻店はJR高槻駅

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。 &nb

島、ショックを受ける

強烈なカウンターパンチをもらったような、そんな気分です。 &nb

慢心

高槻店のお客様で、もうすぐセレクトショップ&カフェを出店される

→もっと見る

PAGE TOP ↑