*

ブログが書けないときは・・・

公開日: : 日々他愛のないこと, 日記 ,

プロローグ

時々、ブログが一向に進まないことがある。今回なんかはネタもちゃんと用意して、書きながら肉付けしていけば良いところまで頭の中では出来上がっているのに、どうしてもキーボードを打つ手が進まない。

 

パソコンとジッーーと、にらめっこして固まってしまう。
ブログを書いている人は「うんうん、あるある」の事ですよね。

 

今日はどうやらそんな感じなので、ちょっとコーヒーから離れた記事を書こうかと思いました。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

こんな時こそ原点を見つめてみよう

ブログを始めたきっかけはなんだったか?

 

僕がブログを始めたきっかけは、お客様が「コーヒー豆屋さんは敷居が高くて、なんだかお店に入りにくいです。」その一言からでした。
コーヒー豆を安売りしてお店に入りやすくする、というのは僕の中の選択肢にはなかったので、どうしたらいいかを考えた時、ブログを書いてみよう そう思ったのでした。

 

それが12年ほど前のことだと思います。その当時は今のようにSNSは盛んではなく、ブログもぼちぼち流行り始めた、そんな感じだったと思います。

 

岡町本店をオープンしたのは2002年、今のように日曜日だけの営業でなく、月曜日を定休日にして週6日営業していました。でもその当時の売上だけでは生活ができなかったので、朝刊の新聞配達のバイトをしていました。

 

産経新聞だったんですが、毎朝マンションのエレベーターの中でポストいれる前、いつも産経抄を楽しみに読んでいました。産経抄などコラムを読むのが好きだったんですね。

 

ブログを書こうと決めたとき、小さいながら僕のメディアが持てたんだ、だから大好きなコラムを書いてみよう。
そんな感じでスタートでしたが、最初の方の記事はほとんど日記のようなものでした。

 

原点回帰

こうして書くことに煮詰まってしまう時、考えます。
誰に何を伝えたいのか。

 

最初は敷居が高いから、僕 島規之という人柄を知ってもらうために始めました。
僕という人となりを知ってもらえば、少しは敷居がまたぎやすくなるだろうと。

 

今はどうか。島規之がコーヒーに対してどんな想いで焙煎に取り組んでいるのかを伝えたい、そんな気持ちがあります。そしてそれ以上にもうひとつ、お会いしていないお客様にもこの画面を通じて、毎日「ありがとう」を伝えたいから。

 

エピローグ

書くことに煮詰まっても、毎日「ありがとう」を伝えたいからブログを書いている、それが理由ですね。
書くことがない時は書かなきゃいいのに、って思われると思いますが、「ありがとう」を伝えないと、僕の一日は終わらないんですね。

 

ブログは僕にとって「ありがとう」と感謝を伝える習慣、だから僕は続けるのです、島珈琲が続く限り。
そんな事を胸に秘め、島規之は夕日に向かって走るのであった。この記事、完。

 

IMG_8757

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーは心を豊かにする飲み物

最近 僕のテーマは「心を豊かにする」です こんにちは焙煎アーティスト 島規之です &n

記事を読む

no image

セピア色

  僕のランニングのコースは 猪名川の堤防を走ることが多い 堤防にあるグランドには サッカ

記事を読む

no image

いざっ!

 走るから渇くのか 渇くから走るのか さぁ 今から書くぞ 年賀状! 毎年 宛名と住所と一言

記事を読む

ドライ

 蒸し暑くなってきましたね いかがお過ごしですか? 僕はいきなりクーラーにやられています

記事を読む

落ち葉のじゅうたん あざやかに

僕が高槻店の場所をここに決めたのはいくつかの理由がある高槻駅近で払えていけるだろう 家賃だったこと(

記事を読む

社会貢献部の妄想

島珈琲 社会貢献部 静かに妄想をはじめております 高槻店が立ち上がったばかりなので ほんとは高槻店に

記事を読む

アップルミント

 を お店の前の花壇で育てている とてもいい香りだ 僕の夢の最後は田舎で 畑をしながらコー

記事を読む

気愛で乗り切ります!

  明日から少し公私ごちゃまぜでハードスケジュールです 明日朝から此花区にコーヒーシロップ

記事を読む

no image

年賀状

今年は忙しくなるのが目に見えてわかっていたので 年賀状は早めに印刷して書き上げた 毎年恒例 届け先住

記事を読む

アタックno.1

 テナント物件を探すべく 最近高槻市駅界隈を自転車で走りまくってる 島です こんばんは ご

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑