*

その勝負ちょっと待ったぁ!

公開日: : 日々他愛のないこと

 果たしてこれは珈琲屋の日記なのか
書き上がってからそう思った
土曜のお昼はいつもカップ麺をすすっている
なんでか島家では 土曜のお昼はカップ麺という家風があり
いまもそれを守っている
代々次がれて行くだろうが 今のところ僕でお家断絶だ!
さてお昼の休憩の時間などないので お湯をさすタイミングは
非常に難しい
熱湯5分+食べる時間 たいてい大盛りなので5分 計10分が必要である
その間にお客様がこられると食べることは不可能なので 当然のびる
じゃあ カップ焼きそばにしたらどうか
なるほど お湯さえきってしまえば 問題ない
しかし匂いはどうなる コーヒー屋に漂うコーヒーにも及ばずも
劣らないあのソースの香り 
そのたびの叱責「しまさん ソースにおいます!」
さぁさぁカップ麺にお湯をさす 勝負だ! 

10中8くらいはなぜか
申し合わせたように お客様がこられる
10打数2安打 2割バッターだ
せめて3割ヒッターになりたいと思うこの頃
今日もダメだった キャッチャーフライだな
来週こそは・・・
でも お昼ご飯を食べ損ねるほど 忙しいということはありがたいですね
今日も感謝!

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

名前を考えよう

商品の名前は大変 重要です 楽しそうで 美味しそうで カンタンで覚えやすい サブタイトルとキャッチコ

記事を読む

アー・ユー・ハッピー?

フェイスブックを見ていたら 矢沢永吉さんの アーユーハッピー という本の中の一節をピックアップしたも

記事を読む

あたった!

 自動販売機でジュース買ったら 1本おまけがあたった 昨日 飲みに行った帰りにバッティング

記事を読む

no image

あきっぽい

 秋の秋でなく 飽きるあきっぽい そう僕は子供頃から飽きっぽい性格でした 何一つ長続きする

記事を読む

心穏やかになるために 心がけていること

プロローグ 職人に憧れてコーヒー焙煎屋を選びましたが、もちろんお商売をしているので商人でもあります

記事を読む

ダレでも超カンタンコーヒーデザートレシピ あなたにおしえちゃう♪

プロローグ 先日、たまたま余った食材を凍らしたら、どないなるんやろ? と思い、帰る前に冷凍庫に入

記事を読む

運勢とは

 今日読んでた本に書いてありました 運勢とは 勢いを運ぶと書く つまり運勢とは勢いで 運勢

記事を読む

no image

下弦の月

 この言葉を見た時に 「月の船」のような形だろうか? と思った 22日23日あたりの月 満

記事を読む

こつこつと学ぶ 相手を理解すること 

今朝は起きると少し蒸し暑く 涼しかった朝の空気が 夏に1歩後退し 秋を少し遠ざけるような 気温で

記事を読む

すいぞく ぞくぞく!

 昨日はお休みを頂きまして家族で京都水族館へ行ってきました高槻からですと京都まで車で約40

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
2/25(日)は岡町本店臨時休業です!25日26日高槻店は営業します!

今回はお知らせブログです。   明日2月25日 

焙煎アーティストとは一体なんなのか?

まず重要なお知らせから。 2月25日日曜日、26日月曜日、本来な

ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚

怪しいな、と思う電話があれば電話番号ごと検索してみるのがいい、と言うお話

電話の向こうで、あたかも関西電力を装ったように話だしたので、???と思

カフェインレスコーヒーとニンニクレス餃子

昨日は、午後まで幼稚園だった娘を迎えに行き、その後家族で実家へ行きまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑