*

去年の今頃

公開日: : 縁は異なもの 味なもの

 去年の今頃 迷っていた時期かな
 
「新しい施設を開設するにあたってカフェをオープンしようと思っています。
オープンするに当たってお話を聞いて頂けないでしょうか?」
とその社会福祉法人 北摂杉の子会で働く 
豊中の島珈琲のお客様から 留守電にメッセージを頂いた
去年の1月くらいだったかな
今の施設長やスタッフと 何度かお会いし話し合い お互いが合意し現在に至るわけだけど
僕自身も何度も吟味し いろんな人に相談した
相談した相手は皆一様に 「島さんにはいいお話ですね お受けしてみたらどうですか?」
と背中を押してくれる声ばかりだった
障害のこと 福祉のこと 全くわかなかったので 
不安はいつの日にも魔性の火のように 消しても消しても燃え続けていた
でも振り返れば自分の判断に間違えはなかったし お受けしてよかったと思っている
カフェをオープンさせ9ヶ月がたち ぷれいすBeのカフェBeから
社会福祉法人 北摂杉の子会のカフェBeに成長しつつある
次は地域のカフェBeになるように 高槻のカフェBeになるように
努力を惜しまず前進したい
少しずつでもいいから ぷれいすBeの利用者さんに仕事を増やすこと
2年目は目標がいっぱいのカフェBeです

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

一目惚れ

 今日は一日 ぼんやりする予定でしたが どーしても詰めて おきたいことがあったので やっぱ

記事を読む

「有り難う」の言葉を見て思ふに

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は漫画カメラで僕を撮った図 いろん

記事を読む

人とひと

人がいるだけいろんな問題も生じるけど人とつながっていくと楽しみが増えていく昨日は予期せぬ再会がたてつ

記事を読む

no image

縁は異なもの味なもの

  ここ最近 余裕がなくていつも拝読させてもらってる人の ブログや日記を見れてなかった 自

記事を読む

no image

なんとしても成功したい

 熊本 八代にある 有佐スーパーさま 九州初の島珈琲取扱店です 農産物直売所プラス ほんと

記事を読む

no image

いいお酒 いい時間 いい出会い

 実は春に開設される高槻の福祉施設のレストランの一角で cafeをしないかと言う話が 島珈

記事を読む

勝手に都市伝説 合格コーヒーなるもの計画中

プロローグ 昨日は長崎から京都に行く途中にわざわざ高槻で下車して、高槻店に寄ってくださいました、先

記事を読む

中止になったけども

 3月26日に 今城塚古墳で歴史博物館の竣工式典があり そのイベントでドリップコーヒーの出

記事を読む

no image

ぐんぐんぐんま

 群馬の皆様 お待たせしました! 群馬で 島珈琲オリジナルコーヒーシロップを飲んでいただけ

記事を読む

no image

すすむ

  すすむ といえば なんでかフラメンコの堺すすむ氏 最近みてないなぁ すすむのは すすん

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

コーヒーに入れるミルク どれが美味しい?

今までは仕事に関する時間の問題は、自分が納得いくまでやる、でした。

→もっと見る

PAGE TOP ↑