*

書く意味

公開日: : 日々他愛のないこと

このブログを続けて 1256回目の投稿になりました
以前は違うところでやっていたので記事はそれ以上になります
書くことが好きで はじめたこのブログ
動機は僕のコーヒーを買ってもらう前に
どんな人がどんな思いでコーヒーをつくり 向き合っているのか
それを伝えることができたなら  島珈琲の入り口になれば
そういうところから始まりました
時はネタがなくて困ったり いい表現が見つからなかったり
最初のころはアクセス数も ちょっびっとでしたが
ここ最近はほんとにたくさんの方々に読んでもらえるようになりました
うれしいです
お店に来ていただいた時にブログの感想や ブログの記事に同感を
いただいたときは 書いててよかったなぁ と思ったり
昨日は 社会貢献部の活動に参加したいというお声もいただきました
ありがたいです
11年前に起業して 一番僕に力がついた といえる箇所は
継続力がついた こと
人に馬鹿にされるようなことでも 毎日少しずつ積み上げれば
それはほんとに大きな力になります
屋根からたれる一滴の雨水が 何年かかけて軒下の石に穴をあけていくように
小さな力は 継続によって 大きな力に変わること を身をもってしりました
これからも思いのたけを書き続かせていただきます!
思いが伝わっていくことは楽しいです
では 明日は岡町本店でお会いしましょう!
島珈琲 フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/shimacoffee2002
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

イベント効果

 イベントとは 大きな宣伝みたいなもので 宣伝のために より認知度をアップするために行うも

記事を読む

さぁ今週は忙しいぞ 笑顔でいこう

 今週は日曜日からけっこうハードです日曜日はコーヒーシロップの仕込みの仕込みで48キロのコ

記事を読む

あなたはあなたのままでいい

 経営はスピード と僕は思っています僕みたいな個人事業で資金もない場合お金をかけずに効果的

記事を読む

no image

すなお

 落ち込んでいる人と話していると励ましたくなる 自然にカウンセリングもどきになってることが

記事を読む

反省

口はひとつで耳がふたつあるのはなぜか? 喋るよりも2倍 多くの人たちの話を聞きなさい と神様の配慮だ

記事を読む

もっこす

  「頑固一徹で正義感が強く反骨精神が強い」人を熊本では 「もっこす」というらしい 先日 

記事を読む

人生はチャンスだ!

 最近 スタッフの皆をよい方向に導くためにはどうしたらよいか 試行錯誤の毎日です その人に

記事を読む

きんとんうん と どこでもドア どっちがほしい?

僕にはテレビのチャンネル権がない 家に帰るのはだいたい夜8時半から9時くらいなのですが テレビがつい

記事を読む

まちまち

  忙しいせいにして 日記の更新が少しおろそかになっております 仕事やら 飲み会やら 仕事

記事を読む

たて!たつんだ!

 日曜日の晩から腹痛に襲われ いまもお腹が洪水中 インフルエンザか!なんとかウイルスか?

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
進化するネルドリップ

聞き耳を立てていたわけではないのですが、大学生もしくは社会人になってあ

ほんとですか?環境によって味わいも変わります

実は僕、毎食後に新ビオフェルミンS 乳酸菌のくすりを飲んでいます。

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑