*

おおきに ありがとう

公開日: : 感謝!!

 先日 お客様に 
「島さんのご出身は京都ですか?」と聞かれた
はて?と思い 「バリバリの大阪です!」と答え 
「なんでですか?」と問い返すと
「おおきにの発音が京都っぽいんです」と
そう言われればそうかもしれない
幼い時から千林商店街の商売人さんの「おおきに」を
聞いて育ってきているので
あきらかに大阪的 おおきに のイントネーションではない
ではなぜなのか?
それは 自分でもわからない オーマイゴット!
ただ ひとつ 僕の感謝のおもいとして
お帰りの際 お客様の背中に向かい
「おおきに ありがとうございます」と言いおじきをしている
言葉は違うが 両方とも感謝の言葉で
お客様に1回で2回分の感謝を言い表すことができる
この一連の言葉のイントネーションがたぶん
京都っぽい おおきに の発音が自分にとって言いやすかった
からだと思う
今日も おおきに ありがとうございます!
今日はとなりの花屋の花LIVEさんにお花を頂きました
島珈琲 大人気商品
コーヒーシロップ&カフェラテ小町の発送 承ります!
くわしくはこちら!
http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1031
  

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

あるからこそ

 今日はつくづく たくさんの人からの応援があるからこそ カフェBeは成り立っているだなぁ~

記事を読む

島珈琲のやぼー

  野暮ではなく 野望である 今回 アイデムさんに募集広告をのせ  ほんとにたくさんのご応

記事を読む

no image

さぁさぁ

 明日はコンサートです お客様も 演奏する方も  ゲスト出来てくださる美味しいパンやのリシ

記事を読む

no image

水やり

 土曜の疲れを引きずったまま 今週もそれ行けしまこーひーです お野菜が美味しかった~ との

記事を読む

明日はルンルンなのです♪

 ブログのアクセス数は タイトルのインパクトによって全然違う と思うので いつもタイトルで

記事を読む

キーワードは「幸せに」

プロローグ 今日も心の部分を触れて 記事を書いていこうと思います 昔から自分を見つめて 

記事を読む

no image

1杯のコーヒー

 今日 幼なじみの実家へ 朝市で売っているお米をもっていったら 幼なじみのお父さんお母さん

記事を読む

ねんりん

  年末に焙煎機を掃除して コーヒーの味がよくなった 自分が納得いかない味になるとき  な

記事を読む

ランナー

 昨日の結婚式の2次会 結局間に合わず 3次会から出席となりましたが 小中学校の同級生が集

記事を読む

復活なるか?

  来年 時間をつくって マラソンを復活させたいなぁ と思っている 島さん 走ってるの?

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑