*

おおきに ありがとう

公開日: : 感謝!!

 先日 お客様に 
「島さんのご出身は京都ですか?」と聞かれた
はて?と思い 「バリバリの大阪です!」と答え 
「なんでですか?」と問い返すと
「おおきにの発音が京都っぽいんです」と
そう言われればそうかもしれない
幼い時から千林商店街の商売人さんの「おおきに」を
聞いて育ってきているので
あきらかに大阪的 おおきに のイントネーションではない
ではなぜなのか?
それは 自分でもわからない オーマイゴット!
ただ ひとつ 僕の感謝のおもいとして
お帰りの際 お客様の背中に向かい
「おおきに ありがとうございます」と言いおじきをしている
言葉は違うが 両方とも感謝の言葉で
お客様に1回で2回分の感謝を言い表すことができる
この一連の言葉のイントネーションがたぶん
京都っぽい おおきに の発音が自分にとって言いやすかった
からだと思う
今日も おおきに ありがとうございます!
今日はとなりの花屋の花LIVEさんにお花を頂きました
島珈琲 大人気商品
コーヒーシロップ&カフェラテ小町の発送 承ります!
くわしくはこちら!
http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1031
  

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

思い入れ

 たいしたことじゃないかもしれない 今度立ち上げる福祉施設のカフェ お店の配置は 障害を持

記事を読む

おどろいた

 今日 お店でお昼ご飯に 日清焼そばUFOをこそこそと食べていたら 来た いらっしゃい 大

記事を読む

お代金を頂いているお客様からの「ありがとう」は励みです

今朝は半袖ですと少し肌寒く感じながら 自転車のペダルをこいでいました 大阪は久しぶりのお天気です い

記事を読む

いいお店ができあがりました

  まだ完全には出来上がっていませんが ほぼ完成に近いところにきました あといくつか大工仕

記事を読む

no image

おかげさまです

 昨日のありがとう祭り 雨天にもかかわらず たくさんのお客様が来店くださりました! ほんと

記事を読む

僕は何のためにコーヒー屋をやっているのか?

プロローグ 8月5日は藤村正宏先生のエクスマセミナーに行ってきました。臨時休業を頂きましてありがと

記事を読む

島珈琲 木材部

 おーーーっす! 自分は島珈琲 木材部 部長 島であります! おーーーっす!!レジ周り作業

記事を読む

ご存じですか! 豊中岡町 美味しいお店 森のおはぎ さん

今日はコーヒー豆販売のみ そして営業日は日曜だけのお店 島珈琲 岡町本店で せっせとコーヒー豆販売を

記事を読む

母親の様な気持ち

 母親の様な気持ちで嬉しくてたまりません。 お互い優しい心を忘れずに助け合って長く長く暮ら

記事を読む

聞くちから

 昨日 なぜかふとアルベルトのことを想い出した12年前 僕がハワイ島にコーヒー栽培のお仕事

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑