*

素の建築

公開日: : 未分類

 昨日の日記に書いた 僕の目指す人の中の一人 建築家の竹原さん
島珈琲を立ち上げた当初からのお客様です
実は 高槻のカフェBeがある施設「ぷれいすBe」は
二井さんという方が設計したのですが その二井さんとお話ししていて
竹原さんとは旧知の友人だということを知り 世間はせまいなぁ~
なんて驚いていました
一度 竹原さんのご自宅を拝見させて頂いたのですが
一番に思ったのは「楽しそうな家だなぁ」でした
建築のことをうまく表現できなくて申し訳御座いません あはは
ここに書くことによって少しでも多くの人に知ってもらえたらと思います 
竹原さんのギャラリー
竹原義二展 素の建築 が東京のTOTOのギャラリー間 で
開催されています
興味のある方 お近くの方 是非ご覧ください
http://www.toto.co.jp/gallerma/ex100414/index.htm
すべては無に始まり有に還る。
建築は何も無い場所から立ち上がる。場の脈略を読み解き、場の力として再現する。時代と共に希薄になる場の力・平面・空間・寸法・素材・構造・技術・家族・都市・そして人、これらを再考し、練り上げ、構築する。
思いを一本の線に託し、図面に刻み込み、職人たちの手元へと届ける。幾度も描き直され、いい塩梅に黒ずみ、消し跡までが彷彿とする図面には、私たちの迷いが正直に記される。職人たちは敏感にそれを感じ取り、そして手の込んだところから対話が始まる。逆に図面に描かれないところには、逃げが仕掛けられている。そこにはひとりひとりの職人の技が引き出され、そして無言のうちに手の痕跡だけを残し、空間の中へ潜んでいく。描かれるものと描かれないもの。両者の狭間に未知の領域があり、大きな手、小さな手、力強い手、優しい手、細やかな手、ごつごつとした手、たくさんの手がせめぎ合い、自然、空間、骨格、素材が渾然一体となって、無限の多様性が拡がる。
その時代、そこにある素材、そこにある技術を継ぎ接ぎながら肉薄してつくられてきた古建築は、不揃いであることや粗さを許容し、剥き出しの姿の中に建築の生き様を今に見せる。均質にする技術、綺麗に磨く技術を追い求めるあまり見失われていく構造美や素材美を、現代の手仕事によって見出し、素の生き様を見せるとき、二次元の紙の上には完結することのない、場の力が再現される。
竹原 義二

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コバンザメ取材

  取材が続きます 来週火曜日には 朝日新聞さんの週刊まちかどにカフェBeが掲載されます

記事を読む

no image

だいたい1年くらい・・・

 mixiと楽天から始まったブログ ブログをつけだして1年くらいがたったと思う 毎日書くこ

記事を読む

no image

小学5年生の常連さま K君へ

昨日はお店を出るときに 照れくさそうにしゃべっていたのが とても印象的でした いつも5年生には見えな

記事を読む

カメラ わすれちゃった

 今日はcafe Beに物販用の家具と作業カウンターをいれてルンルンなのですが その写真を

記事を読む

no image

天気はいかに

 明日は神戸のマツモトコーヒーさんで カッピング会に出席したあと 茨木にあるファーマーズマ

記事を読む

FIVE STARS

 今日 FM cocoloのリスナーのお客様に五つ星シールを頂きました レジのところに置い

記事を読む

no image

トルストルイ

 本を読んでいると トルストルイの名言に 「天才は強烈な忍耐者である」 と書いてあった 僕

記事を読む

むきになるやんけ

お店の冷蔵庫を開けると ふと 目についた 冷蔵庫のしも 忙しいなぁというときに限って こういうものが

記事を読む

no image

もうすこしです!

第2回 スタッフ中村によるとっても入門編 コーヒー教室 のこり2枠 つまり後2名さまになりました 迷

記事を読む

no image

いこかもどろか考えちゅう

 経営者たるものリスクと責任を追い続けるもの と セミナーの分科学会で「今 農業が熱い フ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
なぜドリップする時、端にお湯をかけてはならないのか

昨晩、余震がありました。 ドーンという音を立てた後、わりと大きな揺れ

4年ぶり 6月25日(月)はカフェBeで島が接客します!

昨日、自宅のガスが復旧しました。   お風呂を入

普通のコーヒーがレベルアップしている現状に思うこと

18日の朝に高槻で地震がありました。   その日

島珈琲は元気です!

高槻で地震がありました。   朝、歯磨きをしてい

6/19(火) 6/20(水) 高槻店は臨時休業します!

いつもありがとうございます。 表題の通り、6月19日火曜日と6月20

→もっと見る

PAGE TOP ↑