*

危所遊

公開日: : 日々他愛のないこと

 僕の好きな言葉のひとつである
「危所遊」
芭蕉の「名人 危所に遊ぶ」という言葉から取ったもので
「名人達人といわれる人は定跡から外れ
未知の分野にも冒険心を持って飛び込み そこで楽しむ」
という意味だそうだ
そして もうひとつ僕なりに意味を解釈したのが
背水の陣でも余裕を持ち その危険な状況をも
まるで遊んでいるような そんな心をもて
という意味合いももっていると思っている
なかなかどうして 人は追い込まれると余裕などなくなり
焦燥感に制圧されるのが常である
しかし 思うにそういう状況を乗り越えてこそ人は大きくなるんだし
実際自分もそうだった
去年の秋のありがとう祭りでは 交渉に苦しみもうだめだ
イベントに間に合わない そんな思いをなんどもしたけども
今回は自分でも怖いくらいに交渉もスムーズに
準備もスムーズに進んでいる
人を大きくさせるのは もうダメだ と思う状況からだと思う
そのストレスに免疫がついてしまうんでしょうね きっと
だからさらに一回り大きいことにチャレンジできる
なぜあなたは山に登るのか?そこに山があるからや!
アディオスアミーゴ!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

お店の看板だって繋がりの時代になった

プロ野球が好きな方は、投手が分業制になっているのはご存じのことですね。 先発・中継ぎ・セットアッパ

記事を読む

自分らしく生きるって何?

プロローグ 昨晩、お風呂の中でまた考えてしまった。 「自分らしく生きるってなんだろ?」これは禅問

記事を読む

きんとんうん と どこでもドア どっちがほしい?

僕にはテレビのチャンネル権がない 家に帰るのはだいたい夜8時半から9時くらいなのですが テレビがつい

記事を読む

三菱ミニキャブ!

 今日もクレーム処理の仕事でどやされた~♪ どうしてなんだいハニー?おいらが何をしたってん

記事を読む

あと少しじゃあないか

そうです あと少しです 幾多の忘年会を乗り越え 幾多の新年会の最中なので 血中アルコール度は高いか

記事を読む

ドライ

 蒸し暑くなってきましたね いかがお過ごしですか? 僕はいきなりクーラーにやられています

記事を読む

バカにしないで やってごらん

 経営とは 思うに プールの水をおちょこでくみ出していく そんな とてつもなく途方のないこ

記事を読む

昨日はカフェBe店でした

火曜から土曜日は高槻店 日曜日は岡町本店月曜日はカフェBe店の現場はいるフル回転の僕ですが 最近では

記事を読む

no image

ブックオフ と 図書館

 今まではブックオフで100円の中古本を買っていたんです よくニュースのインタビューなんか

記事を読む

忙しいときほどよく見えて よく気づく

こんにちは 焙煎アーティストです 早朝から焙煎を沢山させて頂きました 発送の注文が多くなりあ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

コーヒーに入れるミルク どれが美味しい?

今までは仕事に関する時間の問題は、自分が納得いくまでやる、でした。

→もっと見る

PAGE TOP ↑