*

危所遊

公開日: : 日々他愛のないこと

 僕の好きな言葉のひとつである
「危所遊」
芭蕉の「名人 危所に遊ぶ」という言葉から取ったもので
「名人達人といわれる人は定跡から外れ
未知の分野にも冒険心を持って飛び込み そこで楽しむ」
という意味だそうだ
そして もうひとつ僕なりに意味を解釈したのが
背水の陣でも余裕を持ち その危険な状況をも
まるで遊んでいるような そんな心をもて
という意味合いももっていると思っている
なかなかどうして 人は追い込まれると余裕などなくなり
焦燥感に制圧されるのが常である
しかし 思うにそういう状況を乗り越えてこそ人は大きくなるんだし
実際自分もそうだった
去年の秋のありがとう祭りでは 交渉に苦しみもうだめだ
イベントに間に合わない そんな思いをなんどもしたけども
今回は自分でも怖いくらいに交渉もスムーズに
準備もスムーズに進んでいる
人を大きくさせるのは もうダメだ と思う状況からだと思う
そのストレスに免疫がついてしまうんでしょうね きっと
だからさらに一回り大きいことにチャレンジできる
なぜあなたは山に登るのか?そこに山があるからや!
アディオスアミーゴ!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

悩みの闇から心理はうまれる・・・

  ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。 淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え

記事を読む

no image

はなたれ

娘が風邪をひいたらしいはなをたれて ちょっと苦しそうです深夜 娘が起きたと思ったら 思い切り泣き叫び

記事を読む

うまの しまさん

昨日はお休みを頂戴しまして 王子動物園に行ってまいりましたいやぁ~ よかったっすしかしながら娘はわか

記事を読む

no image

今日は検査でした

  書きたいことがないわけでなく だけど今日はなんだか筆が進まず じゃあ書かなければよいの

記事を読む

カーネギー

 本棚に置いてあった 「カーネギー名言集」が目にとまり 読み返している チャーチルの言葉と

記事を読む

社会貢献部の妄想

島珈琲 社会貢献部 静かに妄想をはじめております 高槻店が立ち上がったばかりなので ほんとは高槻店に

記事を読む

今日こそは!

 日記を書くぞ!と意気込みました 書けないのではなく パソコンが身近にない状態で 日記を毎

記事を読む

ふたたび しまノート

 人の一生とは問題とぶつかることの連続である しかし問題と直面し格闘することによって 人は

記事を読む

no image

さてさてさーて

  今日はカフェBeの床を業者さんがワックス掛するということで いつもより30分早く終業し

記事を読む

no image

どんどん読書

高槻店がオープンして半年以上になるコーヒー屋にとって毎度おなじみの厳しい夏がやってきた知名度のない1

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑