*

最高のプレーを

公開日: : 感謝!!

 最高のプレーをしてもらう
今まで人を雇うことはなく 今後もないだろうと思っていたけども
僕の人生はそうではなかった
僕が人を雇うことによって思ったことは 経営者って監督業なんだな と
選手(スタッフ)にフィールド(お店)で最高のプレーをしてもらうために
また観客(お客様)にどうしたら 喜んでもらうことを考え
ゲーム(仕事)を組み立てていく
個々の性格を考え 適材適所を見抜き ポジションを考える
選手(スタッフ)が最高のプレーをできるように
誰かが 
「どんな仕事にも楽しみがある その楽しみが見つかれば仕事はゲームになる」
と言っていた
とふとそれを書いていたノートを見てそんな事を考えた
今日も一日いろんな人にお世話になりました
ありがとうございます!今日も感謝でいっぱいな一日でした
ありがとう祭りの詳細はこちらから(↓19日の夜中に完成するそうで 今はたぶん1月のイベント内容になっています すみません) 
 http://www.shima-coffee.com/arigatou/

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ほめない

 僕が熊本に出張に行った日 カフェBeは大変忙しかったそうです スタッフのみんなが協力して

記事を読む

フィバーなコーヒー コーフィバー!

 皆様 あけましておめでとうございます本年もどうぞよろしくお願い致します昨日の深夜営業今日

記事を読む

もうすぐ1000件・・・

 ということで ブログの記事がもうすぐ1000件になるジュゲムのブログにうつって たぶん3

記事を読む

好きと決めた明日があればいい

今朝は自転車をこいでいると 半袖を着てきた自分は 間違えではないだろうか? と思うくらい涼しく 一気

記事を読む

飯綱町より贈り物

 カフェBeでお出ししているリンゴジュースは 長野県飯綱町の渋沢農園から直送のものを使って

記事を読む

ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開業してから15周年を迎えること

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

no image

しまさん おはよう!

 高槻 カフェBeは施設のレストランを利用し 空き時間はカフェを ランチタイムは併用して施

記事を読む

上がるのはコツコツ 下がるのは一瞬

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真はコーヒーの実 コーヒーチェリーを摘んで

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚

怪しいな、と思う電話があれば電話番号ごと検索してみるのがいい、と言うお話

電話の向こうで、あたかも関西電力を装ったように話だしたので、???と思

カフェインレスコーヒーとニンニクレス餃子

昨日は、午後まで幼稚園だった娘を迎えに行き、その後家族で実家へ行きまし

突如 スランプに見舞われたらどう対応するのか

僕の場合はブログを毎日更新しているわけではなく、月曜日、自身のお休みの

コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせで

→もっと見る

PAGE TOP ↑