*

考えたら でた

公開日: : 日々他愛のないこと

昨日の日記では 考えたことを書いた
そして時間があるとまた考える
自分の特技はなんだ 長所はなんだ
自分らしいことで もっとお客様が喜んでもらえることは何だ
手前みそで恐縮ですが ブログを読んで頂いている方から
よく文章をほめて頂けるので まぁまぁ文才はあるんだろうなぁ
と思ってます
書くことは嫌いじゃない
昨日 嫁さんに今作っているチラシの原案を見せた
嫁さんは僕の書いたキャッチコピーを読んでクスクス笑っていた
それをさっきふと思い出した
それや これなんや!
自分が好きなことで 
今しているコーヒー屋という大好きな仕事に
生かせるものがわかったのです
嫁さんありがとう!
そう 僕は人を笑わせるのが好きなんです
僕の身体には 大阪お笑いの血がながれている
そしてモノを書くのが好き その中でも
キャッチコピーを作るのが好き 笑わせるのがすき
そうキャッチコピーを作るのが好きなのだ
だからこれをうまく利用すればいいのだ!
船井総研の船井幸雄さんは本でよく書いていた
長所は伸ばせば伸ばした分だけ いくらでも伸びていくと
だから短所を矯正するよりも 長所をのばしなさいと
しかしその長所は誰がのばしてくれるのか?
親か 友達か 上司か ライバルか そんな他力本願かい
待ってれば勝手に伸びるのか
いや きっとそれをやるのは自分自身のはずだ 
自分で気づき 自分で伸ばす
いや~ やっとわかりましたよ
自分の強みを自店の強みにチェンジできるものが
さぁ 今度はそれを生かす手段を考えよう!
のどに刺さっていた小骨がとれた そんな感じです
でもそれはまだ序説 これからだぜぃ  
では 明日は郡家本町カフェBe店お会いしましょう!
焙煎はアートだ
日本で唯一人 焙煎アーティスト  島 規之
2007年 ブラジル ミナスジェライス州にコーヒー農園の視察にいった時に
買ってきた ブラジルの地図 
日本との往復の移動で まる3日を費やしました かなり疲れるけど また行きたくなる国です

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

毎週月曜日はブログの定休日

 月曜日はカフェBe店で現場の仕事をしているかお休みを頂いているか どちらかなのでブログの

記事を読む

自分って弱いなぁ

  自分って弱い人間だなぁ~ とふと時々思う 壁や困難にぶち当たったときに でも それがあ

記事を読む

カフェですか?

 と 新規出店の話になると聞かれますが ブーー  新しいお店でのメインはご家庭で飲まれるコ

記事を読む

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

日焼け 水着のあとのような

クリスマスが過ぎると一気にお正月準備モードですねと書いてからお店がばたばたーと忙しくなって書こうと思

記事を読む

夜も眠れぬ毎日からの脱皮

高槻店は2年目に入りまして 少しずつですが お客様が増えてきました おかげ様です 感謝です コーヒー

記事を読む

学生時代の勉強は役に立たないか否かは、社会人にならないとわからない

寝る前に時間の余裕がある時は、本を読んで。 睡魔が襲うため、長くは読めないので、小説の一節だけ。

記事を読む

なーんでか?

 ありがとう祭りが終ってからの方が なにやらバタバタしていて 落ち着く間がない しかし こ

記事を読む

ブログが書けないときは・・・

プロローグ 時々、ブログが一向に進まないことがある。今回なんかはネタもちゃんと用意して、書きながら

記事を読む

かねださん

 さっきにニュースを読んだだけど 神奈川県が振り込め詐欺の防止のポスターをつくったそうで

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑