*

カフェとコーヒー豆屋さん 今日はどっち?

公開日: : スタッフ中村の日記

こんにちは、スタッフの中村です。
一週間のごぶさたでございました。
雨が降りそうで降らない蒸し暑い気候が続いていますね。
我が家はとうとう昨日エアコンを解禁してしまいました。
こんなときには、涼しげなドリンクの映像をお楽しみ下さい。

カフェBeの”コーヒーゼリーラテ”です。
島珈琲で使わせていただいている生クリームはアイスクリーム同様
しつこさは全くなくミルクの味がふわっとやさしい口当たりで
重さは感じられませんので、暑い時期でもおススメです。
コーヒー豆をご購入いただいて、袋に詰めている時に
「ザー」っという音がちょっと雨音に似ているなぁ、と思いながら
豆を見ていると
「ここからお客様のところに行くんだね。さようなら~。
いってらっしゃい。」
と親心のような気持ちに浸ってしまいました。
カフェBeは”カフェ”らしくご来店の時間をくつろいでいただく感じ、
島珈琲 高槻店は ”コーヒー豆屋さん”で普段の生活の中のコーヒー時間を
happyにしていただく感じ、
その時の気分や用途でそれぞれに楽しんでいただきたい店達です。
スタッフ中村のコーヒー教室 とっても入門編
次回は6月29日開催です 詳しくはこちら
http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1321
島珈琲 フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/shimacoffee2002

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

グローバルに

最近、「グローバルな人材の採用が加速している」という内容の情報を よく目にするようになりました。 こ

記事を読む

ヘルシードリンク

こんにちは、スタッフの中村です。ものすご~く暑い日が続いていますが、きちんと水分摂っておられますか?

記事を読む

ご覧ください!!

こんにちは、スタッフの中村です。 もう、ご覧いただけたでしょうか? 3月5日(火)に発売された京阪神

記事を読む

開かずの引き出し

こんにちは、スタッフの中村です。 今日、立派なお庭の横を通りすがった際に バラの香りが鼻から脳に入り

記事を読む

夏もち~かづくっ

こんにちは、スタッフの中村です。 今日は「八十八夜」です。 縁起かつぎに日本茶は飲まれましたか? 今

記事を読む

ひきたてやく

こんにちは、スタッフの中村です。まだ7月だというのに夏真っ盛りのような暑さが続き、冷たいものがほんと

記事を読む

バレンタイン

こんにちは、スタッフの中村です。 もうすぐバレンタインデーですね。 贈り物の準備はもう済まされました

記事を読む

にょきっ

今日は、少し寒さがやわらいでいましたね。 寒くて自然と縮こまっていた姿勢が伸びて、視線があちこちに

記事を読む

講演会

こんにちは、スタッフの中村です。 3月30日(土)に建築家の安藤忠雄さんが高槻現代劇場で講演会を さ

記事を読む

お申し込みお待ちいたしております

こんにちは、スタッフの中村です。 唐突に梅雨になっちゃいましたね。 今年は春を感じる時期が短かったよ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑