*

クレームと慣れ

公開日: : 日々他愛のないこと

 平日のお仕事はクレーム処理をしていると何度か書いた
現場にいてものを見たわけではないが そのクレーム品が
どのような状態でどんな経過を経てそうなったのか
ネタを聞いて整理しある程度勝手に想像してから
電話をかけ先方様に謝る
クレーム処理について 大事なことは
スピード その問題にたいし すぐに電話をかけること 待たせない
相手の話を聞き とにかく素直になり 謝る
あとは誠意 でしょうか?
クレーム処理の仕事が入ってくるとやっぱりため息がでてしまう
またか?と
一人一人があと少しだけ気をつけていればいい話なんだけど
簡単に見えて簡単な話じゃあない
ところが慣れというのは怖いもんで クレームに対して動じなくなってきた
もちろんクレームはあってはならないことだけど 慣れはおそろしいなぁ
と感じたり
自分でも時々何をしゃべってるのか 受話器を持ちながら
わからなくなるときもあるのですが なんとなく話がまとまって
仕事上がりの時間にはたいてい片づくようになってきた
クレームの処理を残して帰るのは しかたないとはいえ
のど元に骨がささったような感じがして すっきりしないからね
こんな体験から自分はクレームのない仕事を心がけようと思っています
日々 確認 にんにん  じゃあねピース

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

のんべんだらり

 毎日のんべんだらりと日記を書いている 書いていることは取るに足らないことばかりだ 日記を

記事を読む

何回やっても・・・

 緊張というのはとれません お店をオープンする経験が今回で3回目ですが その回数のたびにう

記事を読む

no image

ガッツ

 過去に 「島さん誰々に似てますね」 と あまりというか ほとんど言われたことがなかった

記事を読む

no image

ほんまにむずかしい

 cafe Beを運営している施設 「ぷれいすBe」では 毎月 「Beどうし」という冊子を

記事を読む

しまノート

 「忙しい」を理由に 本を読んでいない 本を読みたいなぁ と思いつつ時間がないので 今まで

記事を読む

no image

まいど!

 あいさつで まいど1号! と叫んでも ほとんど反応がないくらい知名度の低い 人工衛星だっ

記事を読む

口酸っぱくして

 最近 懐かしい友人との再会が多く  忙しい毎日に ふと我にかえることが多く感謝です 今日

記事を読む

深呼吸

 深呼吸して 今回 準備がほぼばっちりいきまして 余裕のよっちゃんいか状態です 明日こそ何

記事を読む

no image

アウト!セーフ!

 アウト!セーフ!いこかもどろか ということで 今日は いや今日も飲み会でして 日記を書け

記事を読む

no image

留守番電話

 昨日 ネットでバーツールを頼んだんですが cafeBeで使おうと思っていたものが寸法があ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
アイスコーヒー できるだけ氷を溶かさずに急冷する方法

今週は嬉しいことがあります。   先日の大阪北部

アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

大事なイベントでどう? こんな風呂敷ギフトできるんですYO!

先ほど「喫茶たんぽぽ」さんで働くA君が御来店。 A君は僕のことを師匠

→もっと見る

PAGE TOP ↑