*

淀みは撹拌すれば腐らない

公開日: : 日々他愛のないこと, 日記

「コーヒーブロガー」で検索したら、2ページ目に僕のブログのURLが出てきてびっくりしました。
いつのまにブ、ブロガー?

 

どうしてこんなにブログを書き続けているのか、ちょっと考えてみました。

 

実は僕、コラムを読むのが好きなんですね。
昔、島珈琲を開業して間もない頃、コーヒー屋だけの売り上げではどもならん時期があって、早朝の新聞配達のアルバイトをしながら、お店をしていた時期があったのです。

 

配達途中、エレベーターの中で折りたたまれた新聞から、コラム欄を見つけて、僕が配達していたのは産経新聞だったので、産経抄ですね、これを読むのが新聞配達する中で毎朝の楽しみでした。

 

右だ左だ、というのはあるけどもそれは置いといて、コラムという囲いの中、短い文に季節を彩る言葉や時々刻々の様子をうまく描写し、そして終わらせる。

 

言葉を上手く操るというか、言葉の言い回しにすごいなぁと思いながら、いつも楽しみに読んでいました。
だからブロガーというよりも、憧れているのはコラムニストで、毎日コラムを書いている、そんな気持ちでいる僕です。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

毎日書くのは苦ではないが、数字を見てへこむときもある

 

よくそんなに毎日書けるね、と褒めて頂けますが、本当に書くことは苦痛ではないのですね。
半分以上、趣味です。

 

趣味でも、できればそれが少しでも誰かのお役に立てればなぁ、と思いながらキーボードを打っています。

 

で、新聞のコラムも毎日じゃないですか。
そのような質の高い書き物は僕には出来ませんが、毎日書くというところはマネできるので、なんちゃってコラムニストな気分で書いております

 

それでもたまに、あれ何のために僕はこれを書き続けているのだろう、とふと考えたります。

 

閲覧数が急激に減ったり(また回復しますが)、数字に振り回されているつもりはないですが、でもアクセス解析を見て、閲覧数がずっと低いときはへこんだりしています。

 

僕だって人間ですもの。

もうやめてしまおうか、と思うこともあるのです。

 

淀みは撹拌すれば腐らない

 

淀みとは、水が淀んで流れないでいる場所のことを言います。
水は止まっているとどうなりますか?

 

そうです、腐るのです。
腐らせない為に撹拌するのです。

 

もうやめてしまおうか、と自分の心が腐りかけたとき、何かで撹拌つまり動くことによって腐らせない、ということが大事なんだと思うのですね。

 

誰も撹拌はしてくれません、自分でするのです。
継続って結局、淀みを腐らせないために、いかに自分で撹拌できるかだと思うのですね。

 

諦めることも時に肝心ですが、続けると決めたことをどう続けていくか。
方法は人それぞれですが「腐ったらあかん」というのが、僕が行き詰まった時に自分にかける言葉なんですね。

 

数字や反応がなくても続けていると、ふと忘れた時にとっても良い反応が表れたりするものなんです。

 

もし何かを継続している途中、心が腐りそうになったときこの話を少しでも思い出してもらえたら、と思って書きました。

 

心の淀みが腐りそうになれば、自分で撹拌する。
何か動いてみる、そのことが解決はしなくても、何かが前進するかも知れません。

 

流れを止めないこと。

そんなことを僕は思っています。

 

それでは。
コーヒー飲んでリラックスもいいですね。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

迷えば、その「迷い」はモノに移る

プロローグ 今まで結構迷って生きてきました。笑 特に焙煎のことは何度となく迷っては負のスパイラルに

記事を読む

やまない雨はない

高槻は雨。 断続的な雨は経験したことはあるけども、ずっと降りっぱなしという雨はあまり記憶がないなぁ

記事を読む

no image

なぜ楽しいのか?

 今日は近所の美容師さんがこられ 話の流れで焙煎の話になった 「焙煎をしているときは機械と

記事を読む

耳を傾ける心遣い

ある本を読んでいて 豊な心とは 人生のすべての分野で与えることができること あなたの心遣いを与えてく

記事を読む

あなたに必要なのは甘い恋と島珈琲

 最近 キャッチコピーをつくることを楽しんでおります寒くなりましたね いかがお過ごしでしょ

記事を読む

no image

ガッちゃん

 と 瓶をわってしまった 思わずクピプーと言いたいところだったが(アラレちゃん世代にしかわ

記事を読む

ぞくぞくと

ありがたいことで取材が重なって入りまして まだまだ島珈琲の存在を知らない方に アピールできる機会をい

記事を読む

危所遊

 僕の好きな言葉のひとつである 「危所遊」 芭蕉の「名人 危所に遊ぶ」という言葉から取った

記事を読む

気愛で乗り切ります!

  明日から少し公私ごちゃまぜでハードスケジュールです 明日朝から此花区にコーヒーシロップ

記事を読む

ベルトに風力を与えると・・・

 強い人間に変身!  できるといいなぁ 精神的には弱い人間だ と自覚しています 打たれ弱い

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

今、25年前のコーヒーの本が教えてくれること

日曜日は高槻店は定休日。   高槻店はJR高槻駅

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑