*

島珈琲で男を上げろ!

公開日: : 日々他愛のないこと

 高槻店で使っている焙煎機 ステンレスシリンダーの誠号
ピーキーな奴で ちょっとしたことで味を大きく変化させてくれます

1年と3ヶ月の付き合いなのでそろそろクセがわかってきた

コーヒーの味がこうなってきた時はこうしたらいい
ああすればいい 徐々にひきだしが増えてきました

焙煎って楽しぃなぁ 今日も明日もお客様のために
全力コーヒー!美味しいコーヒー焙煎します!

さて今日は夕方から 人材派遣の大手 パソナ の特例子会社
パソナハートフルのF大阪営業部長様がご来店され
僕にいろいろとお話があるそうなので
こちらも全力です 部長様のお力になれるように
島珈琲 ない頭いっぱい搾って知恵をだしたいと思います
なんのお話かは まだ な・い・し・ょ

ということで ホワイトデー
義理チョコのお返しには 
島珈琲で男を上げろ!大作戦
島珈琲オリジナル ドリップバックをこんな感じに
ラッピングしますので 是非 お使いください
300円 500円 1000円 でご用意いたしまーす

もらった女性はコーヒーの香りにびっくりして
あなたの男前度は必ずアップする・・・はず!

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ぞくぞくと

ありがたいことで取材が重なって入りまして まだまだ島珈琲の存在を知らない方に アピールできる機会をい

記事を読む

炎の達人

僕は高校を卒業した後 すぐに就職しましたが  1つの仕事を永く続けることができず転々としていました

記事を読む

ひとり歩き

 中学の時 社会の先生がとってもくだらないことをよく言っていたひとつに 朝鮮の歴史の中で高

記事を読む

no image

いらち

昨日 帰宅し娘がテーブルの下をはいはいしているところを見ながらご飯をしていたのですがふとテレビをつけ

記事を読む

ダレでも超カンタンコーヒーデザートレシピ あなたにおしえちゃう♪

プロローグ 先日、たまたま余った食材を凍らしたら、どないなるんやろ? と思い、帰る前に冷凍庫に入

記事を読む

no image

あたし待つわ

 今日は思い切って 早じまいをしまして 病院行ってきました スパーエキスプレスでお店を5時

記事を読む

no image

スランプ

野球選手がスランプに陥って 打てなくなる野球中継を見ていて その苦しそうな姿を見ると手を差し伸べたく

記事を読む

no image

過去の日記

 時間があるときに ふと自分の書いた過去の日記を読みかえしてみると はずかしくなったり ま

記事を読む

考えること

たくさんありすぎて 時々あたまがこんがらってしまうのですが 来週は月曜日 自身のお休みを頂きまして 

記事を読む

新党結成! その名は・・・

 次期 高槻市長選をにらんで 新党を結成することにしましたキャッチフレーズは コーヒーと愛

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑