*

このブログだけは・・・がんばります!

公開日: : 日々他愛のないこと

最近 スタッフの中村はカフェBeに勤務してもらっています
木曜日は高槻店にはいってもらうので ブログを書いてもらっています
つい先日まではブログを書くのをかわりばんこでやっていたので
空いた時間に フェイスブックページの更新やホームページのブログ
「ぼちぼちいこか」の更新もできていましたが
今はいっぱいいっぱいで このブログを書くのが精一杯になっております
すみません しかしこのブログだけは続けていきます!
さて 今日も島珈琲 営業企画部の打ち合わせが午前におこなわれました
かなり活発に動いています
今は節約コースで どうやったらお客様の目を引くことができるか
を考え実行できるアイディアを形にしていっています
そして同時に ある程度の中期プランまで構築されてきました
まだ目に見えてわかるようなことをしているわけではありませんが
珈琲焙煎を究めるため産地の農園で働いた男の店 自家焙煎 島珈琲
走るから渇くのか 渇くから走るのか 今日も人生のゴールを目指して
猪突猛進です!
スタッフ中村のコーヒー教室 とっても入門編
次回は6月29日開催です 詳しくはこちら
http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1321
島珈琲 フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/shimacoffee2002

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

「今」 を伝える

 ブログを書いて思う事は 自分の「今」を伝える ということなんだぁ と 「今」の気持ちをで

記事を読む

そっか台風か

  へんなところで無神経なところがある僕 台風の話は聞いていたが 大阪はいつもだいじょっぶ

記事を読む

楽しんで続けていこう

永く続けていくコツは 楽しむことかなぁ と最近 この歳になってつくづく思うようになりました 26歳の

記事を読む

貪欲に

 10月のイベントならびに 様々な事がおおよそ片づいてしまい ほっとしているのだけども 急

記事を読む

ぞくぞくと

ありがたいことで取材が重なって入りまして まだまだ島珈琲の存在を知らない方に アピールできる機会をい

記事を読む

お墓参り

  今日は早朝出発し丹波篠山まで お墓参りにいってきました ほんとに行って お墓をあらって

記事を読む

朝からカップスター

 知ってましたか?人は空腹だとイライラしやすいってこと大切なお話の時は先方様に 茶菓子をだ

記事を読む

おそうじ

  古くからお付き合いしていただいている 小学校の先生をされている 原田先生 原田先生のブ

記事を読む

no image

見えてきた

 ゴールが見えてくると トタンに疲れがでてくること そんなことありませんか? ということで

記事を読む

ポジティブ ポジティブ

 接客業においていつも機嫌がよい は最低限のマナーだ僕もそう思いますできる限りいつも自分を

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの正しいやり方  美味しく淹れる方法は?

日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業している僕です。

値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

→もっと見る

PAGE TOP ↑