*

つかのま

公開日: : 日々他愛のないこと

 今週は比較的ゆるやかにすごさせてもらってます
新店のある程度のだんどりがすみましたので
完成を待つのみ 完成すればこれまた忙しくなりますが
今週は つかのまのお休みといったところでしょうか
トラブルがなければ 新店は今月いっぱいに出来上がる予定で
そこからいろんなものを搬入となりそうです
カフェBeの人員もそろい 今週はお店をでて表周りの仕事も
できるので時間を有効に使い できるだけ仕事を早く終らせ
家族との時間をとるようにしています
娘も少しづつ言葉ではないですが 何かしら発音して
一生懸命しゃべろうとしています
家族のためにも そしてお客様のためにも
これからますますよりいっそう頑張らないといけませんね
今日は保健所に行き 営業許可証をもらうため
立ち入り検査の申し込みをしてきました
オープンの日まで 刻一刻とせまってきています
今もこれからもそうですが 一日一日を大事にしていこうと
思っています
島珈琲 フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/shimacoffee2002
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

岡町本店を改装したい!

 先日 高槻店を設計 施工して頂いた カーブアーキテクツの明木さんに 表の看板の修理に来て

記事を読む

自分には逃げ道をつくらない でも相手には逃げ道をつくる

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 今朝はとっても寒くてびっくりしました 秋が深まりなが

記事を読む

昨日はカフェBe店でした

火曜から土曜日は高槻店 日曜日は岡町本店月曜日はカフェBe店の現場はいるフル回転の僕ですが 最近では

記事を読む

no image

人生行路

人生行路には勝者もなく敗者もない 楽しめるか否かであるだけだ 今日 お店の営業時間に読んでた本にそう

記事を読む

楽しい気持ちは伝播して、良い結果を生み出す

プロローグ 僕はおかげ様でコーヒーのことという、好きなことを仕事にさせて頂き、趣味なのか仕事なのか

記事を読む

コーヒーのプロは缶コーヒーを飲まないのか?

プロローグ コンビニコーヒーが世間にあっという間に広がった。 こんな早く定着するなんて僕は予想し

記事を読む

職人だからこそ、「のほほん」と心穏やかに

プロローグ 僕は火を扱える職人になりたい、という願望と、お客さまと直接お話して販売やサービスをする

記事を読む

炎の達人

僕は高校を卒業した後 すぐに就職しましたが  1つの仕事を永く続けることができず転々としていました

記事を読む

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をしていて面白いなと思うことは、自分

記事を読む

思い入れの1曲 影響を受けたアーティストは誰ですか?

今回はコーヒーのことや経営ことなどからは、たまには全く関係ないことを。   家

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

今、25年前のコーヒーの本が教えてくれること

日曜日は高槻店は定休日。   高槻店はJR高槻駅

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。 &nb

島、ショックを受ける

強烈なカウンターパンチをもらったような、そんな気分です。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑